1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~ドラゴン対決~ 正義の裁き02

正義の裁きその2。最強ドラゴンを決める戦い。

 

www.youtube.com

 

 
新4弾「誕ジョーマスタードラゴン!!正義の裁き」にてついに姿を現した《煌龍 サッヴァーク》。《サッヴァークDG》が真の力を得た姿であり、「プランDG」最終段階。

 

さらに新章デュエル・マスターズに突入してついに姿を現したドラゴンでもある《煌龍 サッヴァーク》の力は、歴代ドラゴンをも凌駕するという。

 

そんな声を受けて、カミ神王子はイマムー軍曹からの指令を受けて現環境最強のドラゴンデッキを用意してきたようだ。

 

今となっては各地の大会で猛威を振るっている《超戦龍覇 モルトNEXT》のデッキで《煌龍 サッヴァーク》に挑む。

 

果たして勝利するのはどちらのドラゴンか。先攻カミ神王子でデュエマスタート。

 

これまでとは大きく異なるドラゴンデッキによる戦い。最初に動いたのはカミ神王子が先攻3ターン目に唱えた《フェアリーの火の粉祭り》。手札を温存しつつマナ加速し、下準備を整えていく。

 

さらにカミ神王子は《無双竜鬼ミツルギブースト》でマナ加速を行うが、本格的なアクションが起きたのはデッドマンの後攻4ターン目。

 

デッドマンは《戦慄のプレリュード》から《サッヴァークDG》を召喚。登場時に手札補充を行いつつターン終了時に《隻眼ノ裁キ》を唱えつつシールドに裁きの紋章を刻み付ける。

 

しかしカミ神王子も黙ってはいられない。既に準備を終えているカミ神王子は先攻5ターン目に《超戦龍覇モルトNEXT》を召喚。コスト5以上の火のコマンドが登場したことで《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の封印が1枚剥がされる。

 

カミ神王子は《超戦龍覇モルトNEXT》登場時効果で《闘将銀河城ハートバーン》を超次元ゾーンから呼び出しつつ《超戦龍覇モルトNEXT》にスピードアタッカーを付与。ここから《超戦龍覇モルトNEXT》による怒涛の猛攻が始まるかと思われたが…… ?

 

しかし、《超戦龍覇モルトNEXT》のW・ブレイク時にS・トリガー《ドラゴンズ・サイン》が発動。そこから登場したのは…… 《煌龍 サッヴァーク》!!

 

まずは《煌龍 サッヴァーク》が登場したとき、相手のカード1枚をシールドに張り付けることができる。これによって《闘将銀河城ハートバーン》がバトルゾーンから引きはがされてしまい、《超戦龍覇モルトNEXT》はアンタップしたもののスピードアタッカーを失ってしまう。

 

怒涛の攻撃を出先から挫かれてしまったカミ神王子。しかし、《煌龍 サッヴァーク》の真の実力はここから発揮されるのだ。

 

デッドマンの後攻5ターン目。デッドマンは《DG ~裁キノ刻~》を召喚しつつ《煌龍 サッヴァーク》の持つ2つ目の能力…… 「ドラゴン・W・ブレイカー」を発動させる。

 

ドラゴン・W・ブレイカーとは、ブレイクするシールド1枚につき自身の山札の上から1枚目をシールドゾーンに追加できる。このシールドを追加する効果は「裏向きのまま新しいシールドを追加する」か「表向きにして裏向きのシールドの上に置く」かを選ぶことができるのだ。

 

そのままデッドマンは表裏1枚となったシールドを追加しつつカミ神王子のシールドを2枚ブレイク。ここでカミ神王子のS・トリガー《熱血龍 バトクロス・バトル》が発動。《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の封印を剥がしつつ《サッヴァークDG》にバトルを仕掛けるも、ここで《煌龍 サッヴァーク》が持つ3つ目の能力が発動する。

 

なんと《煌龍サッヴァーク》は味方のクリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、自分相手問わず表向きのシールド1枚を墓地に置くことで守ることができるのだ。

 

これによってデッドマンのクリーチャーをやすやすと除去できなくなったカミ神王子。追い打ちをかけるようにターン終了時、デッドマンは《サッヴァークDG》の効果で呪文《断罪スル雷面ノ裁キ》を発動させる。《断罪スル雷面ノ裁キ》によって《超戦龍覇モルトNEXT》と《熱血龍 バトクロス・バトル》を表向きのままシールド送りに。

 

盤面はデッドマンの圧倒的優位。しかしカミ神王子は諦めることなく《次元龍覇 グレンモルト「覇」》を召喚。攻撃時に《爆熱天守 バトライ閣》を呼び出しつつ《蒼き団長 ドギラゴン剣》へ革命チェンジ。ファイナル革命効果で《リュウセイ・ジ・アース》を呼び出す。

 

バトルゾーンが空の状態から怒涛の展開力を発揮したカミ神王子だが、これもS・トリガー《ドラゴンズ・サイン》からの《煌龍 サッヴァーク》に阻まれてしまう。

 

完全に追い詰められてしまったカミ神王子だが、《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》に残された封印は残り1枚。そしてカミ神王子には表向きにされた状態でシールドゾーンに送られた《熱血龍 バトクロス・バトル》がある。

 

つまり、デッドマンは攻撃して勝つには《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の禁断爆発を乗り越えなければならないのだ。

 

案の定、デッドマンの後攻6ターン目。《煌龍 サッヴァーク》のドラゴン・W・ブレイカーによってカミ神王子のS・トリガー《熱血龍 バトクロス・バトル》が発動。最後の封印が外され、これによって最後の封印が外され、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》による禁断爆発が発動する。

 

しかし、ここにきて阻むのはやはり「DG」。《DG ~裁キノ刻~》の能力が発動し、山札のカードがバトルゾーンに移動する行為を規制したことで、クリーチャーを封印する効果が不発に終わってしまう。

 

結局、《超戦龍覇モルトNEXT》の猛攻を尽くあしらってしまったDG。最後は《サッヴァークDG》がダイレクトアタックを決め、復活したドラゴンの力を存分に見せつけたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:14分23秒 + 39分20秒 + α

 

登場と同時に相手のクリーチャーを除去し、除去に対する態勢を確立しつつ、攻撃時に守りを固める《煌龍 サッヴァーク》。強力な効果がてんこ盛りな強力切り札である。コストが7なのでバッチリ《ドラゴンズ・サイン》に対応しているのも評価が高い。

 

ドラゴンとしてみてももちろん、DGとしてもメタリカとしても非常に高いポテンシャルを秘めた《煌龍 サッヴァーク》。今後追加される裁きの紋章と共に、今後の活躍に期待したいところである。