1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~合体ロボ出陣~ 正義の裁き01

正義の裁きその1。マスターカードと合体ロボが激突。

 

www.youtube.com

 

 

いよいよ発売が迫る新4段「誕ジョーマスタードラゴン !! 正義ノ裁キ」。今週からはその最新カードを用いたデュエマをお届けする

 

その記念すべき初戦でダイキが使用するのは《王盟合体 サンダイオー》を用いたジョーカーズデッキ。その衝撃的な能力でデッドマンに挑む。

 

対してコーナーを混合しつつあるデッドマンは前回、カミ神王子が使用した《オヴ・シディアDG》に対抗して、最新カードの筆頭である《サッヴァークDG》を使用。メタリカに依存しない呪文主体デッキでダイキに対抗する。

 

果たして勝利するのはジョーカーズの馬力か、《サッヴァークDG》の陰戦術か。先攻デッドマンでデュエマスタート。

 

開始早々デッドマンが手札の悪さに嘆く、ダイキは後攻1ターン目に《ジョジョジョ・ジョーカーズ》から《王盟合体 サンダイオー》を手札に、そして後攻2ターン目に《ヤッタレマン》を召喚する理想的なプレイングを見せる。

 

このままダイキのペースが続くかと思われたが、デッドマンが先攻3ターン目に唱えた《ゴースト・タッチ》がダイキの計算を狂わせる。

 

さらにデッドマンは先攻4ターン目に《命翼ノ裁キ》を唱え、シールドを増やすことで守りを固めていく。

 

裁きの紋章は唱えたのち、表向きの状態でシールドにセットされる。一度唱えたのちもブレイクされた後なら再び唱えることができるのだ。

 

しかし、ダイキは2体の《ヘルコプ太》でカードを大量ドロー。先ほどの《ゴースト・タッチ》を帳消しするどころか一気に手札を充実させていく。一方のデッドマンは先攻5ターン目に超次元呪文を唱えることすらできない。

 

デッドマンは先攻6ターン目にどうにか《超次元ガロウズ・ホール》から《勝利のガイアール・カイザー》を呼び出し、ダイキのクリーチャーを対処。

 

2体の《ヘルコプ太》を残してやってきたダイキの後攻6ターン目。ダイキは切札《メラビート・ザ・ジョニー》を召喚。ここで登場したのは《王盟合体 サンダイオー》!…… の1体のみ。合計4体なので《メラビート・ザ・ジョニー》の全体破壊効果は発動せず。

 

しかし、ここから《王盟合体 サンダイオー》の進撃が始まる。

 

《王盟合体 サンダイオー》はJ・O・E3に加えて、超攻撃的な能力を2つもっている。1つ目は条件付きで相手シールドを墓地に送る能力。あの《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》と同じく、相手に逆転の目を与えない能力を持っている。

 

残る1つの能力は「攻撃先を変更できない」という能力。ブロッカーだろうとメタリカの攻撃曲げだろうと、そしてデッドマンの手札に潜んでいた《光牙忍 ハヤブサマル》だろうと《王盟合体 サンダイオー》の進撃を止めることは出来ない。

 

そうして《王盟合体 サンダイオー》が《命翼ノ裁キ》がセットされたシールド合計3枚を踏み潰す! シールドを墓地送りにする能力は、S・トリガーに加え、裁きの紋章に対しても絶大な効果を発揮するのだ。

 

そして《メラビート・ザ・ジョニー》は冷静に《勝利のガイアール・カイザー》を対処、ターン終了時に《王盟合体 サンダイオー》は山札の下に戻ってダイキはカードを1枚ドロー。

 

《王盟合体 サンダイオー》によってシールドに潜んでいた《サッヴァークDG》が墓地に送られたデッドマン。この事態を受けてデッドマンは《デモンズ・ライト》を唱えて手札を補充、そこから逆転の目を必死に探していく。

 

しかし、ダイキは後攻7ターン目に《ジョジョジョ・ジョーカーズ》から《メラビート・ザ・ジョニー》をサーチ。さらに3体目の《ヘルコプ太》によってカードを大量ドローしたことで、両者の差はどんどん大きくなっていくばかり。

 

デッドマンにできることといえば、先攻8ターン目に《断罪スル雷面ノ裁キ》でダイキのクリーチャー2体をシールドゾーンに追いやる程度のことである。

 

ダイキはここで畳みかけるべく、後攻8ターン目に2体目の《メラビート・ザ・ジョニー》を召喚。《王盟合体 サンダイオー》と《バーバーパパ》をマスター・W・メラビートで呼び出して勝負に出る。

 

《王盟合体 サンダイオー》が相手のS・トリガーを墓地に送り込んだことでデッドマンのシールドは残り2枚。ダイキは《バーバーパパ》のW・ブレイクから一気にダイレクトアタックを狙うが……?

 

ここでS・トリガー《Dの博才 サイバー・ダイス・ベガス》が展開される。《Dの博才 サイバー・ダイス・ベガス》のDスイッチから《テック団の破壊Go!》を唱えることで小型ジョーカーズを、《メラビート・ザ・ジョニー》のダイレクトアタックを《光牙忍 ハヤブサマル》が防ぐことで、デッドマンはギリギリの攻防を制する。

 

デッドマンはここから巻き返しを図るべく、先攻9ターン目に《サッヴァークDG》を召喚。登場時効果で手札を補充しつつターン終了時に《断罪スル雷面ノ裁キ》をタダで唱えることでダイキのバトルゾーンを一掃する。

 

満を持して登場した《サッヴァークDG》だが…… 降臨するには少しばかり遅すぎた。ダイキが後攻9ターン目にJ・O・E3で召喚したのは《王盟合体 サンダイオー》。攻撃先を変更できない《王盟合体 サンダイオー》が堂々とダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:ダイキ

所要時間:16分40秒 + 32分31秒 + α

 

《王盟合体 サンダイオー》は既存の火文明ジョーカーズデッキを大幅に強化する1枚。《超Z級 ゲキシンオー》のような爆発力こそないが、いざ攻撃した際の確実性はこちらが勝っている。今弾から本格的に登場する「裁きの紋章」に対しても絶大な効果を発揮するであろう。

 

一方の《サッヴァークDG》は裁きの紋章(紋章)・メタリカ・ドラゴン。3種類のデッキを大幅に強化する期待の新星である。しかも、《サッヴァークDG》にはまだ隠された秘密があるというが…… ? 満を持して登場した「ドラゴンをサポートするカード」という点でも見逃せない。

 

新4段「誕ジョーマスタードラゴン!! ~正義ノ裁キ~」は2017年12月16日発売。新たなドラゴンが誕生するその瞬間を、ぜひともその目で確かめてほしい。