1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~衝撃のドラゴンシュート~ ゴールデン・ベスト03

 ゴールデン・ベストその3。言葉ではなく、デュエマで語る。

 

www.youtube.com

 

 

ますます盛り上がりを見せるゴールデン・ベスト対決。今回はダイキと仲の良いラーメン仙人と、おなじみカミ神仙人の対決となる。

 

今回ラーメン仙人が披露するレシピは、修行の末に会得した名古屋仕込みの台湾混ぜソバ…… という名の《暗黒邪眼皇ロマノフ・シーザー》を仕込んだ闇・火混合デッキ。こちらのデッキによるデュエマでラーメン仙人と語り合う所存のようだ。

 

対するカミ神王子は《ドラグシュート・チャージャー》によるド派手なドラゴンデッキを使用。従来のドラゴンデッキとは一味違う火力を持ってラーメン仙人を迎え撃つ。

 

果たして勝利するのはどちらなのか。ラーメン仙人のバトルゾーンに《禁断 ~封印されしX~》がセットされ、先攻カミ神王子でデュエマスタート。

 

まずはカミ神王子の先攻2ターン目。小手調べと言わんばかりに《メンデルスゾーン》を唱え、見事2マナ加速に成功する。その勢いで先攻3ターン目に《メンデルスゾーン》を再び唱え、今度は1マナを加速。怒涛のマナ加速で早くもラーメン仙人を突き放していく。

 

対するラーメン仙人も後攻3ターン目に《リロード・チャージャー》を唱え、下ごしらえを進めていく。しかし、カミ神王子が繰り出した《メンデルスゾーン》によるマナ加速を前にしては、悠長に下ごしらえをしている時間があるのかは微妙なところである。

 

カミ神王子のデッキレシピは早さ命。それを示すかのように、カミ神王子は先攻4ターン目に《ドラグシュート・チャージャー》を唱える。

 

《ドラグシュート・チャージャー》とは、かつての《幻想妖精カチュア》を思わせる効果を持った呪文。デッキから見るカードは「上から5枚」になっているが、呪文であるがゆえに即座に効果を発動可能。タダでドラゴンを出しつつ、そのドラゴンにスピードアタッカーを付与することができる。

 

カミ神王子が《ドラグシュート・チャージャー》によってデッキから撃ちだされたドラゴンは…… なんと《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》!

 

クリーチャーの登場時効果を封じ、ワールド・ブレイカーを持つクリーチャーがまさかの4ターン目に登場である。

 

こうしてスピードアタッカーを付与しつつ登場した《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》が勢いに任せてラーメン仙人のシールドをすべて叩き割る!

 

そこで発動したS・トリガーは《凶殺皇 デス・ハンズ》と《友愛の天秤》、そして《魔狼月下城の咆哮》2枚の計4枚。しかし、《凶殺皇 デスハンズ》の登場時効果は《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》に阻まれ、マナ武装が達成されていない《魔狼月下城の咆哮》では《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》を破壊できない。

 

瞬く間に窮地に追い込まれたラーメン仙人だが、《ドラグシュート・チャージャー》によって撃ちだされたモンスターが行動できるのは1ターンのみ。ターン終了後には破壊されてしまうのが定めである。

 

《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》がいなくなったとはいえとはいえ、窮地なのは間違いないラーメン仙人の後攻4ターン目。ラーメン仙人は《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》を召喚し、その登場時効果で《虹彩奪取 ブラッドギア》を回収。そのまま攻撃する際に《蒼き団長 ドギラゴン剣》へ革命チェンジを決める。

 

《蒼き団長 ドギラゴン剣》のファイナル革命効果で《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》を再びバトルゾーンに送り込み、怒涛の反撃を試みる。

 

しかし、その反撃もカミ神王子のS・トリガー《ドンドン吸い込むナウ》2枚に阻まれて不発。さらに《凶殺皇 デス・ハンズ》による攻撃でもS・トリガー《フェアリー・シャワー》が発動し、そのままカミ神王子にターンを返すこととなる。

 

カミ神王子の先攻5ターン目。ここまでくれば、あとはスピードアタッカーを持ったクリーチャーでダイレクトアタックを決めるだけである。カミ神王子は容赦なく《勝利宣言 鬼丸「覇」》を召喚し、そのままダイレクトアタックを叩き込んだのであった。

 

勝者:カミ神王子

所要時間:11分27秒 + 26分10秒 + α

 

《ドラグシュート・チャージャー》は1ターン限りではあるが、あらゆる非進化ドラゴンをタダだしすることができる強力なカード。デッキ内に強力なドラゴンを大量に入れておけばその恩恵を十分に発揮することができるだろう。《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》とは、チャージャー呪文である点やコストに制限がない点で棲み分けができている。

 

一方で、残念ながら出番なしで終わってしまった《暗黒邪眼皇 ロマノフ・シーザー》は、《暗黒皇グレイテスト・シーザー》のリメイクカード。攻撃時に進化元が必要となった代わりに唱えられるコスト上限が7まで増加している。この増加した1コスト分を積極的に活用していきたいところである。

 

ちなみに、敗北ペナルティによる「恥ずかしい話」はラーメン仙人に決定。気になる内容は動画を見てのお楽しみである。