1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~ブンブンユニバース~ ゴールデン・ベスト02

チャンネル引っ越し第2回。先輩への下剋上を虎視眈々と狙う。

 

www.youtube.com

 

 

ジョーデキチャンネルがコロコロチャンネルにお引越ししてから早くも第2回。今回はバイク仙人・コバが参戦。デッドマンをぶっ倒すべく、自慢のバイクデッキ……ではなく、《無限銀河 ジ・エンド・オブ・ユニバース》を使用した「ブンブンユニバース」を用意してきたようだ。

 

一方で、先輩としてホームグラウンドを守りたいデッドマン。こちらも負けじと《カラフル・ナスオ》を採用した墓地肥やしデッキで勝負に挑む。なんとこのデッキ、墓地を活用するにもかかわらず、デッキに闇文明のカードが入っていないという。異端の墓地肥やしデッキで、バイク仙人の無限銀河に立ち向かう。

 

なお、今回もイマムー軍曹考案の敗北者ペナルティが付与されており、敗北者は恥ずかしい話を赤裸々に告白しなければならない。

 

果たして敗北と恥ずかしい話、2つの屈辱を受けるのはどちらなのか。先攻デッドマンでデュエマスタート。

 

序盤、コバは後攻2ターン目に《フェアリー・ライフ》、デッドマンは先攻3ターン目に《爆砕面ジョニー・ウォーカー》を使用してマナ加速。お互いにマナ加速から入ったと思いきや、ここから各デッキの特徴が色濃く表れることとなる。

 

デッドマンが先攻4ターン目に召還したのは《一なる部隊 イワシン》。どこからでも墓地に置かれたときに手札交換を行うことができる少し変わったクリーチャーだ。

 

対するコバは後攻4ターン目にD2フィールド《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》を展開。デッドマンは墓地、コバはマナ。お互いに充実させたいゾーンが明確になった形となる。

 

しかし、デッドマンはこれ以降、《桜風要請ステップル》や2体目の《一なる部隊 イワシン》を召喚するという墓地肥やし戦術とは言い難いプレイングを見せる。やや本意ではないのは見て取れるが、コバのシールドを積極的にブレイクすることでプレッシャーをかけていく。

 

デッドマンの攻撃に対し、コバは、リニューアルした「バイク教科書」……ならぬ「バイク川柳」でS・トリガー発動を狙う。

 

肝心のバイク川柳の効果はというと……いつも通り不発に終わる。しかし、直後の後攻5ターン目に《ドンドン吸い込むナウ》を唱えてキーカード《激次元!グレンジュウ》を回収。デッドマンとは対照的に準備を順調に進めていく。

 

デッドマンの本来の動きとは異なるビートダウンが行われる中、バイク仙人のユニバースエンジンがついに火を噴くこととなる。

 

まず、コバは《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》のDスイッチを発動。マナゾーンから《激次元!グレンジュウ》をバトルゾーンに送り込む。

 

《激次元!グレンジュウ》は多色のSC(スペース・チャージ)を持っており、多色のカードがマナゾーンに置かれるたび、超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを呼び出すことができる。

 

《激次元!グレンジュウ》と組み合わせるのは、直後に召喚された《薫風妖精コートニー》。《薫風妖精コートニー》の召喚と同時に、ブンブンユニバースのエンジンがかかりはじめる。

 

《薫風妖精コートニー》の力で5色化したマナと、《激次元! グレンジュウ》のサイキック・クリーチャー呼び出す能力、そしてクリーチャーが出るたびにマナが増える《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》。3つのカードの効果が連鎖的に起動することで、コバは超次元ゾーンにある8体のクリーチャー全てを一瞬のうちに展開したのだ。

 

これでコバのバトルゾーンには、《薫風妖精コートニー》と《激次元! グレンジュウ》、そして8体のサイキック・クリーチャーの計10体のクリーチャーが並んでいることとなる。

 

そして《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》によるブンブンユニバース、その全容が明らかとなる。

 

《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》はバトルゾーンにいるクリーチャー1体「以上」から進化することが可能であり、さらに攻撃時に進化元となったクリーチャー10体を墓地に送ることでエクストラウィンを得るメテオバーン能力を持っているのだ。

 

今、コバのバトルゾーンにいる10体のクリーチャー、そのすべてが《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》に取り込まれ、《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》のメガメテオバーン10が発動する。

 

もはやデッドマンにはバイク川柳を読ませる猶予すら与えない。そのまま《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》の特殊勝利条件が成立し、コバのエクストラ・ウィンが決定したのだった

 

勝者:コバ

所要時間:28分38秒

 

《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》は、デュエマ史上初のエクストラウィン能力を持った《究極銀河ユニバース》のリメイクカード。《究極銀河ユニバース》同様、メテオバーン効果によってエクストラウィンをもたらすクリーチャーであり、条件が多少変わったことで、これまでにない活躍が期待できる。

 

一方で、惜しくも出番がなかった《カラフル・ナスオ》だが、こちらは殿堂入りカード《ダンディ・ナスオ》と《カラフル・ダンス》が合体したクリーチャーであり、墓地利用デッキで大活躍すること間違いなしである。

 

「ゴールデン・ベスト」に登場するリメイクカードはどれも一世を風靡したカードばかり。現代流にリメイクされたそのカードを、是非とも手に入れてみてほしい。