1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~電流ビリビリデスマッチ~ デュエマ八仙伝18

デュエマ八仙伝その18。デュエマでデスマッチと言えばあの人。そしてデスマッチと言えば…… そう、電流である。

 

www.youtube.com

 

 

1勝2敗と、追いつめられつつも佳境を迎えた5番勝負の4戦目。4戦目にダイキの相手を務めるのは…… あの「デスマッチ仙人」ことK.BLUEだ。

 

バカンスの中で地元の人たちと絆を育んだことにより、新能力「キズナプラス」を用いたデッキを完成させたK.BLUE。それに加えて新たに新デスマッチ「シールド電流ビリビリデスマッチ」を引っ提げて、今回はダイキとの絆を育みにやってきた模様。

 

「絆」という言葉の意味を改めて考えさせられるが、とにかくダイキはこのデスマッチ仙人を下し、K.BLUEに渾身の電撃を浴びせなければならない。さもなくば、電流の餌食になるのは他ならぬ自分自身なのだから。

 

「シールド電流ビリビリデスマッチ」の恐ろしさをK.BLUE自らが実演した後、先行K.BLUEでデュエマスタート。

 

今回、K.BLUEが使用するのは水・自然のデッキ。そして「キズナプラス」とは、進化元のカードを墓地に送ることで、自身と他1体の「キズナプラス」能力を発動させる新たな能力。今回は水と自然のキズナを見せつけるデッキのようだ。

 

それに加えて、光文明のD2フィールド《Dの牢閣 メメント守神宮》を付け加えたデッキとなっている。先攻3ターン目に展開された《Dの牢閣 メメント守神宮》が今後の戦況にどう影響を及ぼすのだろうか。

 

対するダイキは後攻1ターン目から《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を唱え、《ヤッタレマン》を手札に。さらに後攻2ターン目には《ヤッタレマン》、後攻3ターン目には《パーリ騎士》を召喚。ジョーカーズデッキとしてのスタートダッシュで早くもK.BLUEに差をつけ始める。

 

さらにダイキは《ヤッタレマン》でK.BLUEのシールドを1枚ブレイク。これにより、シールドをブレイクされたK.BLUEの体に電流が駆け巡る!

 

…… それと同時に、K.BLUEのS・トリガー《終末の時計 ザ・クロック》は発動。そのままダイキのターンが終了し、K.BLUEの反撃が始まる。

 

K.BLUEの先攻4ターン目。K.BLUEはバトルゾーンに現れた《終末の時計 ザ・クロック》を進化元に《甲殻鬼動隊 セビーチェン》へNEO進化。

 

そのまま《甲殻鬼動隊 セビーチェン》が《ヤッタレマン》に攻撃する時に「キズナプラス」が発動。《甲殻鬼動隊 セビーチェン》が持つキズナプラス能力は「カードを2枚ドロー」か「相手クリーチャーを1体、手札に戻す」という2つの能力を1つ選択して発動するというもの。

 

今回は「カードを2枚ドロー」を選択しつつ、《ヤッタレマン》を破壊、そのままダイキを追い詰めるべく先攻2ターン目に召喚した《桜風妖精ステップル》でシールドブレイクを行うも、S・トリガー《友愛の天秤》で《桜風妖精ステップル》が破壊されてしまう。

 

進化元を破壊されたことで、動きが鈍ったK.BLUE。《甲殻鬼動隊 セビーチェン》もダイキが後攻5ターン目に召喚した《カメライフ》で対処されたが、直後の先攻6ターン目に再始動する。

 

会社内のチャイムと同時に始まったK.BLUEの先攻6ターン目。まずは《Dの牢閣 メメント守神宮》のDスイッチを発動させてダイキのクリーチャーをタップ状態に。K.BLUEはあらかじめ召喚しておいた《怒流牙 佐助の超人》を《マイト・アンティリティ》にNEO進化。さらに《電脳鎧虫アナリス》を召喚してバトルゾーンに残す。

 

《マイト・アンティリティ》は墓地からクリーチャー2体を選び、それをマナゾーンに置く能力に加えて、「マナからコスト4以下のクリーチャーをバトルゾーンに出す」というキズナプラス能力を持っている。これにより《マイト・アンティリティ》が《甲殻鬼動隊 セビーチェン》を呼び寄せつつ、《電脳鎧虫アナリス》からNEO進化。

 

さらに出たばかりの《甲殻鬼動隊 セビーチェン》が攻撃する時に《マイト・アンティリティ》と《甲殻鬼動隊 セビーチェン》のキズナプラス能力が発動。カードを2枚ドローしつつマナから《ルツパーフェ・パンツァ―》を呼び寄せ、ダイキのバトルゾーンを一掃してしまう。

 

追い詰められたダイキだったが、後攻6ターン目に召喚した切り札《メラビート・ザ・ジョニー》、そしてマスター・W・メラビートによって登場した《カメライフ》と《仏斬! 富士山ッスル》がこれを押し返す。

 

そこから呪文《ジバボン3兄弟》の力もあってなんとか膠着状態に持ち込んだダイキだったが、そこからのあと一押しがどうしても足りない。

 

そして膠着状態が続くと有利になるのは、マナと手札のリソースが充実しており、《Dの牢閣 メメント守神宮》によって自身のクリーチャーがブロッカーとなっているK.BLUEの方である。

 

《ジバボン3兄弟》による破壊を諸共せず、《マイト・アンティリティ》が何度でもクリーチャーを展開し続けるK.BLUE。最終的にダイキは《マイト・アンティリティ》の展開力に対処しきれず、最後はK.BLUEの《マイト・アンティリティ》がダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:K.BLUE

所要時間:22分34秒 + 35分4秒 + α

 

キズナプラス」は単体だと1度しか発動が望めず、それだけだとコストに見合った能力とは言い難い。

 

しかし、他のキズナプラス能力と組み合わせることで、従来では考えられなかったような強力な効果を乱れうちすることができる。基本的には従来のNEO進化以上に進化元の確保が重要になってくるので、進化元を上手く確保していきたい。

 

特に《マイト・アンティリティ》は墓地から踏み倒し元を確保しつつ、キズナプラスでそのまま踏み倒すことができる。《甲殻鬼動隊 セビーチェン》は《マイト・アンティリティ》によるコスト踏み倒し圏内にあり、ドロー能力でリソースを確保可能…… といった具合に、《マイト・アンティリティ》とは見事に噛み合っているのだ。

 

かくして、1勝3敗と負け越しが確定してしまったダイキ。第5戦目では、満を持してラップ仙人のデッドマンが登場する。果たしてダイキは第5戦目を勝利し、デッドマンから提案された大逆転チャンスをモノにすることが出来るだろうか。