1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

8月の『デュエル・マスターズ』

2017年度の感想はこちら

4月(01)4月(02)5月6月

7月・8月(この記事)

 

記事にするのが大分遅くなってしまったが、8月は夏休みシーズン真っ盛り。というわけで昨年同様、アニメ『デュエル・マスターズ』は全力ではっちゃけていた。

 ラーメンアニメ・豪華3本立て・コロコロコミックとのコラボレーションとバラエティ豊かな1か月の末に、8月末には新たな展開が…… ?

 

引用元:アニメページ|デュエル・マスターズ

 

 

  • 第19話「ラーメンのジョー識を超えろ! 熱闘! ラーメンサマーフェス!」

 全国から一流の腕を持った奴らが集まる大会がある・・・。キラと一緒に参加するジョーだったが、そこはなんとラーメンサマーフェスだった!
ラーメン屋の親父と参加する二人だったが、ウサギ団やシャチョー達が立ちはだかる・・・!?

度々作中で行われるラーメンプッシュから、勘のいい人は気づいているかもしれない。そう、実はアニメ『デュエル・マスターズ』はラーメンアニメだったのだ。

…… というのはもちろん冗談(?)で、今回はいきつけのラーメン屋店主、そしてキラと共にラーメンサマーフェスに急遽参戦。ジョーお気に入りのラーメン屋店主のラーメンを優勝させるべく、ジョーとキラが奮闘する!

ところで、レンゲ山ソーメンって存命の人物だったのね……

 

はじめは順調だったものの、大人気の親父のラーメンを目の当たりにして「自分だけが知っているラーメン屋じゃなくなる」というジェラシーを感じてしまうジョー。普段から明るさの絶えないジョーなのだが、大好きなラーメンだからこそ見せる珍しい感情である。

しかしここで、肝心の親父が大量の客を前にしてダウンするというアクシデントに見舞われる。

そんなわけで、ここは某ラーメンクリーチャーの出番。…… なのだが、どうやら某ラーメンクリーチャー、ジョーには内緒でラーメンサマーフェスに参加していた様子。その結果、新たなクリーチャー《The チャー漢》が誕生することに。《The チャー漢》の見た目をかなり強引に誤魔化したジョーは、そのまま《The チャー漢》主導のもと、親父のラーメンを守るべく奮闘するのだった。

 

そしてハゲしくアツかりしラーメンサマーフェスで最後に生き残ったのは……なんとジョー、シャチョー、ウサギ団のラーメン屋。ここで満を持して、デュエマのアニメらしくデュエマのバトルロワイヤルで決着をつけることに。

激しい攻防の末に生き残ったのはジョーと…… なんとカバまろ。今回は新カード《気高き魂 不動》と、派手な能力で今なおジョーの記憶に焼き付いてる《パンプ・パンプ・パンツァー》のコンボでド派手な戦いを見せるカバまろ。カバまろ自身《気高き魂 不動》の能力をよく知らなかったのは内緒だ。

 

最後はお馴染み《ジョリー・ザ・ジョニー》で〆たのだが、馬の方は《バレット・ザ・シルバー》として独立してしまったため今回は騎乗せず。これにはゲラッチョ男爵も「馬は?」と突っ込まずにはいられない。

結局《ジョリー・ザ・ジョニー》は再び馬に乗るのか? この疑問は後々解決することになる。

 

  • 第20話「夏の三本立て劇ジョー! 夏だ! ウサギだ! デッキーの災難!」

今回のデュエマはなんと夏休み超豪華三本立て!『表と裏の仁義なきスイーツ対決』『ウサギ団の夏休み!』『お尻がジョーデッキー』一体どんな話なのか・・・!?

久しぶりにアニメスタッフがフルスロットル。世間は夏休みということで、今回は豪華3本立てでお送りする。もちろんデュエマシーンはナシ!

久しぶりに本気を出したるるちゃん、謎が謎を呼ぶカバまろ、そしてお尻が「ぢ・エンド」になってしまったデッキー。彼(彼女)たちに焦点を当てたお話はどれも爆笑間違いなしである。特に『表と裏の仁義なきスイーツ対決』を見ていると、某裏番組を思い起こしてしまうが、多分気のせいだろう。

そして『お尻がジョーデッキー』ではデッキーが壊れてしまったことをなかったことにすべく、ジョーが新たにクリーチャーを生み出す!

…… そんなこんなで現れたのはなんと「ケシカスくん」。登場早々「ノーン!」をかました彼がどのような活躍を見せるのか。次週を待て。

 

  • 第21話「ブリンと登ジョー! オレ様がデュケシ・カスターズだ!」

ケシカスくんがデュエマに登場!!デュケシ・カスターズとは一体…?デュエマの世界をかけて、ジョーとデッキーがケシカスくんと勝負することに!?

昨年度に続いてデュエマアニメとコロコロマンガが奇跡のコラボレーション。今回はあの『ケシカスくん』がデッキ―にパクリ疑惑を吹っ掛けつつの登場である。

作中、割とアッサリとしたノリで生み出された《チョモランマッチョ》、ペタンコ(色々)プレス、摩擦による火消し。両者一歩も引かない勝負の果てに、「チンのデュエル」で決着をつけることに。

 

 

デュエマ内でもケシカスくんが大暴れ。前回おシリが馬鹿になったことで生み出されたクリーチャーや『ケシカスくん』に登場するアイツらがクリーチャーとなって好き勝手し放題。なんと、最後の最後でジョーを追い詰めたのだが…… ?

衝撃的な「マッチョがえ」で幕を下ろしたコラボ回。とりあえず、第22話のOPに《チョモランマッチョ》は登場していたので、《チョモランマッチョ》が誕生したという事実だけは消されなかったようだ。

 

  • 第22話「怒りのボルツ! クリーチャーワールドで火のジョニー誕ジョー!?」

 シャチョーたちにカブト虫を自慢されたジョーは、火のクリーチャーワールドに虫を捕りにいくことに!?一方ボルツたちは、ダチッコの友達を倒したのはジョーであると思い込み、騙されていると怒りに燃える…。

前回のジョーとのデュエマ以降、ジョーこそが《ダチッコ・チュリス》の仲間を殺したネズミ殺しではないかと疑っているボルツと《ダチッコ・チュリス》。

一方でそんなことはつゆ知らず、ジョーは火のクリーチャーワールドへ再び訪れたのだった。それも「虫取り」という理由で。

さらにさらに、火文明が騒がしくなっていることに感づいたキラは《オヴ・シディア》に直接様子を見に行くよう言い渡す。

 

火文明の世界に虫取り……? とか仮にもマスターカードのクリーチャーがパシリ…… というツッコミは置いといて、そんな三者三様の事情が重なり合った結果、火文明の世界に謎のイカズチが降り注ぐ!!

結果、咄嗟にボルツをかばった《“罰怒”ブランド》が瀕死の重傷を負う事態に。イカズチを見て駆けつけたジョーはボルツと共にフライパン・マウンテンにあるという「どんな傷や病も治すバッドドッグ」を探すことに。

 

ジョーとボルツは道中の様々な障害を乗り越えて、無事「どんな傷や病も直すバッドドック」を探し当てたジョーたちだったがのだが、バッドドッグを食してもなお《“罰怒”ブランド》の傷は癒えない。

 

もはや一刻の猶予もない状態でジョーが取った驚きの行動はなんとペタンコプレス。強制的にカード化して、カードに絆創膏を書くというなんともBADな治療法で《“罰怒”ブランド》の命を救って見せたのだ。

そしてデッキ―が《“罰怒”ブランド》をカード化した際の影響でメラメラ燃え上がり……

 

「新しいおもちゃ、手に入れちまったぜ!」

 

果たしてジョニーが得た新しい力とは!? それは次回のお楽しみである。

 

 

以上が、2017年8月の『デュエル・マスターズ』である。残念ながら今月も「プランDG」に進展はなかった。

 

しかし、9月には新3弾が発売され、そこには「プランDG」の新たな段階《DG ~ヒトノ造リシモノ~》の姿が。「プランDG」はいよいよ来月から新局面を迎えるのは間違いないだろう。

 

更なる展開を見せる『デュエル・マスターズ』。9月は新ジョニーの新必殺技お披露目と「プランDG」の本格始動…… とにかく話題に事欠かない1ヶ月になるのは間違いないだろう。新3弾「気分J・O・E×2 メラ冒険!!」は2017年9月17日発売。次々と明らかになる新情報も要チェックである。