1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~集大成~ デュエマ八仙伝15

デュエマ八仙伝その15。いきなりの新弾頂上決戦。

 

www.youtube.com

 

 

これまでジョーカーズと、火文明であるビートジョッキーの修行をこなしてきたダイキ。それぞれの特徴を理解したことで、ダイキのデュエマの腕も大分上達してきたようだ。

 

そんな形で進められてきたデュエマ修行も、ここにきて新しい局面を迎えることに。まずはダイキに新3段「気分J・O・E×2 メラ冒険!!」の注目マスターカード《メラビート・ザ・ジョニー》をはじめとした火文明ジョーカーズのデッキをダイキにプレゼント。ジョーカーズと火文明をそれぞれ極めたダイキにふさわしい、まさしく集大成に相応しいデッキである。

 

今回からダイキは、この火文明のジョーカーズデッキによる修行がスタートする。その記念すべき初戦の相手はカミカミ王子。

 

ダイキの操る新生ジョーカーズデッキに対し、カミ神王子が使用するのは新3弾「気分J・O・E×2 メラ冒険!!」で登場する謎のクリーチャー《DG ~ヒトノ造リシモノ~》を導入した最新のメタリカデッキ。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》と《DG ~ヒトノ造リシモノ~》、新弾の最上級レアリティカード同士によるデュエマが早くも実現。果たして勝利するのはどちらなのか。先攻ダイキでデュエマスタート。

 

先攻を取ったダイキの1ターン目。ダイキは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》から《絶対音カーン》をサーチしてターン終了。火文明が追加されたとはいえ、既存のジョーカーズサポートと組み合わせることが可能なのが火文明ジョーカーズの利点だ。

 

そのままダイキは先攻2ターン目に《ヤッタレマン》を召喚。火文明が入ってもなお、これまでのジョーカーズ王道パターンは健在である。

 

一方のカミ神王子の展開はやや緩やか。後攻2ターン目に《紅の猛り 天鎖》を召喚するも、現状では《紅の猛り 天鎖》を有効に活用することができない。後攻3ターン目には《一番隊 クリスタ》を召喚するが、その間にもダイキは《パーリ騎士》や《ヘルコプ太》を次々とバトルゾーンに投入していく。

 

バトルゾーンはもちろん、《パーリ騎士》と《ヘルコプ太》によってマナと手札は十分。準備を整えたダイキは先攻5ターン目に切札《メラビート・ザ・ジョニー》を召喚。そのままジョニーの新必殺技「マスター・W・メラビート」が発動する!!

 

「マスター・W・メラビート」。それは手札から「J・O・E」という能力を持ったクリーチャーを2体までタダでバトルゾーンに出せる衝撃的な能力。「マスター・W・メラビート」によってタダ出ししたクリーチャーも、「J・O・E」でコスト軽減して召喚したクリーチャーも、ターン終了時に山札に戻ってしまうが その際にカードをドローできる能力を持っている。

 

早だしと手札補充という贅沢な能力を詰め合わせた新能力に加えて、《メラビート・ザ・ジョニー》は登場時、バトルゾーンにジョーカーズが合計5体いれば相手クリーチャーを全て破壊できるという能力まで持っているのだ。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》の「マスター・W・メラビート」でバトルゾーンに撃ちだされたのは《カメライフ》と《バーバーパパ》。そして《メラビート・ザ・ジョニー》の登場時能力は6体いるので条件成立。《メラビート・ザ・ジョニー》がカミ神王子のバトルゾーンを一掃する。

 

このターンは《ノヴァルティ・アメイズ》により、《バーバーパパ》によるW・ブレイクで済んだカミ神王子。しかし状況は悪いのは変わらない。カミ神王子の後攻5ターン目。ここでカミ神王子は満を持して召喚した《DG ~ヒトノ造リシモノ~》に後を託すことにしたのだ。

 

《DG ~ヒトノ造リシモノ~》は登場時とタップ時に両者のシールドをブレイクするという変則的な能力と、シールドにあるメタリカと「裁きの紋章」にS・トリガーを与える能力を持っている。

 

登場時のブレイク効果でお互いのシールドがブレイクされ、カミ神王子はS・トリガーとなった《青守銀 ルヴォワ》が、ダイキのシールドからはS・トリガー《友愛の天秤》が発動。ひとまずは守りを固めたカミ神王子だったが……

 

ダイキが《友愛の天秤》から引き当てたカードはまさかの《メラビート・ザ・ジョニー》(2枚目)。ダイキの先攻6ターン目、再び《メラビート・ザ・ジョニー》による「マスター・W・メラビート」が放たれ、《バーバーパパ》と《カメライフ》が登場。《青守銀 ルヴォワ》も破壊されて万事休すのカミ神王子。

 

カミ神王子に残された最後のシールドがブレイクされ、後は《メラビート・ザ・ジョニー》によるダイレクトアタックが炸裂!

 

 

 

 

…… かと思われたその時、奇跡は起こった。

 

カミ神王子の最後のシールドからスーパー・S・トリガー《ノヴァルティ・アメイズ》が発動。これによってダイキの全クリーチャーがタップされ、まずは一命をとりとめるカミ神王子。ついでにカードを1枚ドロー。

 

さらにここから《ノヴァルティ・アメイズ》のスーパーボーナスが発動。カミ神王子はコスト8以下の光のクリーチャーを手札からタダで出すことができる。

 

これによってバトルゾーンに降臨したのは…… 光のマスターカード《オヴ・シディア》。その登場時能力によってダイキのバトルゾーンに並べられたクリーチャーの数だけ山札の上を表向きにし、そこからコスト6以下のメタリカをバトルゾーンに呼び寄せることができる。

 

ダイキのバトルゾーンに並べられたクリーチャーは7体。今回ばかりは《メラビート・ザ・ジョニー》の展開力が仇となったようだ。カミ神王子は山札の上から7枚を表向きにし、その中から

 

《DG ~ヒトノ造リシモノ~》2体

《龍装者 バーナイン》2体

《緑知銀 フェイウォン》1体

《星の導き 翔天》1体

 

これらが全てがタップ状態でバトルゾーンに。そして大量展開されたメタリカの登場時能力が発動する。まずは《DG ~ヒトノ造リシモノ~》のブレイク能力によってダイキのシールド2枚がブレイクされ、次に《龍装者 バーナイン》で大量ドロー。

 

《DG ~ヒトノ造リシモノ~》のブレイク効果でS・トリガー《バイナラドア》と《友愛の天秤》が発動し、カミ神王子の《オヴ・シディア》と《緑知銀 フェイウォン》を対処したダイキだが、大量展開されたメタリカを崩すには至らない。

 

そうして巡ってきたカミ神王子の後攻6ターン目。カミ神王子は《一番隊 クリスタ》を召喚し、そのまま《星の導き 翔天》にNEO進化。ダイキに一斉攻撃を仕掛ける。

 

この一斉攻撃を防ぐ手段はダイキのシールドゾーンにはなく、そのままカミ神王子の《DG ~ヒトノ造リシモノ~》が大逆転のダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:カミ神王子

所要時間:15分16秒 + 41分40秒 + α

 

《メラビート・ザ・ジョニー》は火文明の力を手に入れた《ジョリー・ザ・ジョニー》の新たな姿。仲間と共に渾身の一撃を放つ「マスター・W・メラビート」によって突破口を切り開く、新生ジョーカーズの切り札に相応しいクリーチャーと言えるだろう。

 

対する《DG ~ヒトノ造リシモノ~》はまだまだ謎の多いクリーチャー。謎に包まれた「裁きの紋章」も含めて、今後注目すべきカードなのは間違いないのだが…… これからの「プランDG」の動向に目が離せない。

 

そんな《メラビート・ザ・ジョニー》や《DG ~ヒトノ造リシモノ~》が収録された新3段「気分J・O・E×2 メラ冒険!!」は2017年9月16日発売。早速ゲットして、その力を使いこなしてほしい。

 

惜しくも負けてしまったダイキだが、早くも《メラビート・ザ・ジョニー》を使いこなす姿を見たカミ神王子は新たな「J・O・E」を持ったクリーチャーをダイキにプレゼント。どうやらスーパーレアのカードらしいが、詳しい中身は不明である。カミ神王子はダイキに何のカードをプレゼントしたのか、それは次週のお楽しみである。