1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編32~

コロコロチャンネルその32。新弾注目のマスターカードを早くもお披露目。

 

www.youtube.com

 

 

前回のデュエマを通して、晴れてデュエマコーナーの仲間入りを果たしたイマムー軍曹。今回はコロコロカーくんに代わって、デッドマンとのデュエマを行うことに。

 

今回デュエマをしないということで気を抜いてるコロコロカーくんはさておき、今回デッドマンが持ってきたカードは新弾注目のマスターカード《メラビート・ザ・ジョニー》。あの《ジョリー・ザ・ジョニー》をはじめとしたジョーカーズが火文明となって登場である。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》をはじめとした火文明のジョーカーズは驚きの新能力を引っ提げているという。そんな新生ジョーカーズの力を、コロコロ愛溢れるイマムー軍曹のジョーカーズデッキが迎え撃つ。

 

果たして火のジョーカーズに秘められた新能力とは、一体どんな能力なのだろうか。先攻デッドマンでデュエマスタート。

 

序盤、お互い静かな立ち上がりを見せるなか、イマムー軍曹は後攻2ターン目に《ヤッタレマン》を召喚。イマムー軍曹がいち早くクリーチャーを召喚したかと思いきや…… ?

 

デッドマンの先攻3ターン目。ここで早くも火のジョーカーズが秘める新能力「J・O・E(ジョーカーズ・オーバー・エクスプロード)」が発動。「J・O・E1」によってコストが1軽くなった《ポチポチ旦那》が召喚。スピードアタッカー能力で颯爽とイマムー軍曹のシールドをブレイクする。

 

「J・O・E」はビートジョッキーが持つ「B・A・D」が更なる発展を遂げた姿。「J・O・E」の場合はターン終了時に山札の下に戻るのだが、その際に1ドローすることができる。

 

自主的にコスト軽減を行いつつ、後続のための手札を用意する「J・O・E」はジョーカーズによる速攻戦術を大幅に強化するカードと言えるだろう。

 

早くも「J・O・E」による猛攻に晒されるイマムー軍曹。その後もデッドマンは「J・O・E」を駆使してパワー4000以下のクリーチャーを破壊する《カメライフ》やW・ブレイカーと強制バトル能力を持った《バーバーパパ》を立て続けに召喚。火のジョーカーズによる怒涛の攻めを見せていく。

 

しかし、《バーバーパパ》のW・ブレイクによってS・トリガー《バイナラドア》が発動。さらに後攻5ターン目に召喚した《チョートッQ》を皮切りにイマムー軍曹も反撃にでたのだが、《チョートッQ》のW・ブレイクによってデッドマンのS・トリガー《ゲラッチョ男爵》と《バイナラドア》が発動してしまう。当然のことながら、火のジョーカーズは無色のジョーカーズとも相性抜群なのだ。

 

イマムー軍曹の攻撃を受け止めたデッドマンの先攻6ターン目。デッドマンは「J・O・E2」によって《絶対音カーン》を召喚。《絶対音カーン》は攻撃時、各プレイヤーに手札交換の効果を与える少し変わったジョーカーズ。相手にも手札交換のチャンスを与える欠点はあるものの、自身はほぼ確実に手札交換を成功させることができる確実性がウリのジョーカーズである。

 

度重なる「J・O・E」による召喚とマナチャージで消費していた手札を回復させたデッドマン。しかしイマムー軍曹もただただやられているわけではない。

 

イマムー軍曹の後攻6ターン目。事前に《パーリ騎士》でマナ加速を行っていた恩恵もあってか、《ジョリー・ザ・ジョニー》の召喚に成功。そのままマスター・W・ブレイクでデッドマンのシールド2枚とクリーチャー2体を撃ち抜き、一気にデッドマンを追い詰める。あらかじめデッドマンが並べていたクリーチャーの数は3体なので、エクストラウィンは不成立。しかし次のターンにはトドメがさせそうだ。

 

運命の分かれ目となるデッドマンの先攻7ターン目。ここでデッドマンは「J・O・E」や《絶対音カーン》によって行われていた手札交換から、ついに切り札の召喚に踏み切る。

 

デッドマンが満を持して召喚したのは火のジョーカーズのマスターカード《メラビート・ザ・ジョニー》。《メラビート・ザ・ジョニー》が持つ「マスター・W・メラビート」はなんと手札から「J・O・E」を持ったクリーチャーを2体ただ出しするという、マスター・W・ブレイクにも匹敵するシンプルかつ強力な能力である。

 

タダ出ししたクリーチャーは「J・O・E」によって召喚した場合と同じ処理を行い(つまり、ターン終了時に山札送り + 1ドロー)、《メラビート・ザ・ジョニー》やマスター・W・メラビートで出した分を含めて合計5体以上のジョーカーズがいれば、なんと相手のクリーチャーを一掃してしまう。

 

今回は全破壊能力が発動しなかったが、たった7コストでクリーチャー3体を一気に出せる《メラビート・ザ・ジョニー》の恐ろしさは、少なくともイマムー軍曹には恐ろしい程に伝わっただろう。

 

そのままデッドマンはジョーカーズの軍勢で一斉攻撃を開始。イマムー軍曹はこれを防ぎきることができず、《メラビート・ザ・ジョニー》がダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:9分53秒 + 34分56秒 + α

 

火文明の力によって更なるパワーアップを遂げた《メラビート・ザ・ジョニー》とジョーカーズ。そんな彼らの雄姿は2017年9月16日発売の新3弾「気分J・O・E × 2 メラ冒険」で見ることができるようだ。これ以上の新情報は是非コロコロコミック9月号をチェックである。