1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編30~

コロコロチャンネルその30。デュエマ史上初の「応募者全員サービス」が登場。

 

www.youtube.com

 

 

デュエル・マスターズ史上初の「応募者全員サービス」がついに登場。「ゴールデン・マスター・パック」と銘打たれた本パックには完全オリジナルイラストの《ジョリー・ザ・ジョニー》《バイナラドア》《チョートッキュー》の3枚が収録されている。豪華イラストで収録された本パックはデュエマ好きなら全員が入手したいところである。

 

今回、デッドマンはそんな豪華カードを使用した真のジョーカーズデッキを使用する。果たしてデッドマンは「ゴールデン・マスター・パック」の豪華カードたちをデュエマ内で披露できるのか。

 

そんな応募者全員サービスのカードに対抗するのはコロコロカーくん。「ステキ!! カンペキ!! ジョーデッキーBOX」で強化したジョーカーズデッキでデッドマンを迎え撃つ。

 

お互いジョーカーズデッキによる戦いとなった今回の勝負。果たして勝利するのはどちらになるのか。先攻コロコロカーくんでデュエマスタート。

 

序盤、コロコロカーくんは先攻2ターン目に《チョコっとハウス》を召喚。攻撃するたびに手札からマナ加速を行うジョーカーズデッキの新たな切り込み隊長である。

 

マナ加速効果は強制なので手札が減ってしまうが、2マナでパワー3000のクリーチャーというのは中々いない。序盤の殴り合いでは今後重宝するクリーチャーとなるだろう。

 

対するデッドマンは後攻2ターン目に《ジョジョジョ・ジョーカーズ》で《ヤッタレマン》をサーチ。続く後攻3ターン目には《ヤッタレマン》を2体召喚。こちらも負けじとジョーカーズクリーチャーを並べていく。

 

状況が変わり始めたのはコロコロカーくんの先攻3ターン目。《チョコっとハウス》によるシールドブレイクによってS・トリガー《バイナラドア》が発動。《チョコっとハウス》が山札の下に送られてしまう。

 

これ以降はデッドマンがクリーチャーの数で優位に立つ状況が続く。お互いが相手の攻撃からシールドを守る《バッテン親父》を召喚したことで沈着状態が続くものの、試合の流れはゆっくりと、確実にデッドマンに傾きつつあった。

 

そんな最中、デッドマンは「ゴールデン・マスター・パック」仕様の《バイナラドア》を召喚。普通の《バイナラドア》とは明らかに異なる豪華さを見せつけつつ、《バイナラドア》はコロコロカーくんの《バッテン親父》を山札送りにする。

 

本当ならここで更なる切札を投入したいデッドマンだが、どうやら手札に切り札はない様子。デッドマンの後攻6ターン目、バトルゾーンに並べたクリーチャーによってとどめを刺すべく動き出す。

 

この攻撃はコロコロカーくんのS・トリガー《タイム・ストップン》で阻まれてしまう。さらに返しのターンとなるコロコロカーくんの先攻7ターン目、コロコロカーくんの《ヤッタレマン》が攻撃するときに《破界秘伝ナッシング・ゼロ》が発動。これによってシールドのブレイク数が大幅に上昇した《ヤッタレマン》がデッドマンの残りシールド全てを吹き飛ばす。

 

優位な状況から一変して一気にトドメの一歩手前まで追い詰められたデッドマンだが、その表情はどこか余裕気である。その理由はもちろん……

 

デッドマンの後攻7ターン目。デッドマンは満を持して「ゴールデン・マスター・パック」仕様の《ジョリー・ザ・ジョニー》を召喚する。

 

まずは《バイナラドア》でコロコロカーくんの《ヤッタレマン》を対処した後、颯爽と現れた《ジョリー・ザ・ジョニー》は残された《ヤッタレマン》2体とシールド2枚をマスター・W・ブレイクで撃ち抜く!

 

《ジョリー・ザ・ジョニー》が放った弾丸はS・トリガーに阻まれることなく、そのままエクストラウィン条件を達成したのであった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:8分13秒 + 24分35秒 + α

 

全3枚のカードが超豪華仕様となって収録された「ゴールデン・マスター・パック」。その輝きもさることながら、このパックで《ジョリー・ザ・ジョニー》を1枚確実に入手できるのも大きな魅力の1つである。

 

みんなも「ゴールデン・マスター・パック」を入手して、マスターカード仕様の豪華カードたちでデュエマを楽しんでほしい。