1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~夢のジョーカーズ全部盛り~ デュエマ八仙伝03

デュエマ八仙伝その3。敵も味方もジョーカーズ尽くし。

 

www.youtube.com

 

 

前回、5パックを購入したダイキだが、なんと5パック25枚の中に入っていたジョーカーズは0枚。これではダイキのジョーカーズデッキを強化することは出来ない。

 

そんなわけで、前回勝利して手に入れた《ジョリー・ザ・ジョニー》を入れた点以外は、ほぼ「NEWヒーローデッキ ジョージョーカーズ」のままで戦うことに。今回も勝利して、狙うは2枚目の《ジョリー・ザ・ジョニー》だ。

 

それを迎え撃つのはデッドマン。今回のデッキは欲張り構成となっており、2017年6月7日時点で新2弾「マジでBADなラビリンス」にて収録が明らかになっているジョーカーズ全てを投入したデッキを使用。さながらジョーカーズ全部盛りデッキと言ったところか。

 

様々なジョーカーズが飛び交う展開になることが予想できるが、果たして勝利するのはどちらのジョーカーズか。先攻デッドマンでデュエマスタート。

 

デッドマンのジョーカーズデッキはとにかく様々な種類のジョーカーズが入っている。そのため、どのカードをマナにしてどのカードを使用するかはよく考える必要がある。ジョーカーズデッキの中でも、一際テクニカルなデッキなのだ。

 

1ターン目はお互いに《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を唱え、デッドマンは《バレット・ザ・シルバー》を、ダイキは《ヤッタレマン》を手札に加える。

 

そのままダイキは後攻2ターン目に《ヤッタレマン》を召喚。さらに後攻3ターン目には《ヤッタレマン》2体と《パーリ騎士》《ツタンカーネン》を召喚。瞬く間にクリーチャー5体をバトルゾーンに並べたのだった。

 

一見するとクリーチャーの大量召喚で優位に立ったダイキ。しかしこの大量召喚こそが、デッドマンにとって反撃の「引き金」であることをダイキは思い知ることとなる。

 

ダイキの後攻3ターン目終了時。ダイキが「クリーチャーを3体以上召喚」したことで条件成立。デッドマンは《バレット・ザ・シルバー》をバトルゾーンに送り込み、反撃の引き金を引く。

 

《バレット・ザ・シルバー》は相手クリーチャーの大量展開した際に、タダでバトルゾーンに出せるクリーチャー。登場時と攻撃時に山札の上から1枚を手札に、それがジョーカーズクリーチャーなら直接バトルゾーンに出す能力を持っているのだ。

 

突如現れた大型クリーチャーに戸惑いを隠せないダイキ。《バレット・ザ・シルバー》の登場時にめくられたカードは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》。続いて《バレット・ザ・シルバー》が《ヤッタレマン》に攻撃する時に山札からめくられたカードは…… なんと《ジョリー・ザ・ジョニー》。

 

《バレット・ザ・シルバー》の後に続く形で、デッドマンは《ジョリー・ザ・ジョニー》によるマスター・W・ブレイクと《パーリ騎士》をNEO進化させた《テック・ザ・デッキー》で一気に畳みかける。

 

《ジョリー・ザ・ジョニー》の弾丸がダイキの《ヤッタレマン》2体とシールド2枚を貫いたところでS・トリガーが発動。《ジェット・セット・バイト》で《テック・ザ・デッキー》を破壊し、ひとまずは攻撃をしのぎ切ったダイキ。

 

しかし、依然としてバトルゾーンには《ジョリー・ザ・ジョニー》と《バレット・ザ・シルバー》が並んでおり、安心するにはまだ早い。

 

ダイキは今後引く切り札に望みを託し、《ボンバー・チャージャー》の空撃ちや残ったクリーチャーによるシールドブレイクで果敢に攻めつつ準備を整えていく。

 

そんな中で訪れたデッドマンの先攻5ターン目。デッドマンが召喚したクリーチャーは《東大センセー》。

 

《東大センセー》は山札の上から3枚をオモテ1枚・ウラ2枚の束にわけて相手に選ばせるという変わった能力を持っている。デッドマンが獲得できるのは相手が選んだ束のみ。

 

デッドマンは《ヤッタレマン》を表向きにしてダイキに2択を迫るも、ダイキは迷うことなく《ヤッタレマン》を選択。デッドマンが裏向きにしたカードの中には《ジョリー・ザ・ジョニー》が隠されており、ダイキは見事2択に勝利したのであった。

 

頭脳戦では勝利したダイキだったが、次にデッドマンが取ってきた手は力に身を任せたパワープレイ。持っている能力が何もかも脳筋ジョーカーズ《チョモランマッチョ》を《東大センセー》を進化元にNEO進化させ、全力パワーでダイキをブン殴る。

 

《チョモランマッチョ》によって得た圧倒的な力の前では全てが無力。ダイキの残りシールド2枚を叩き割り、最後はデッドマンの《ジョリー・ザ・ジョニー》がダイレクトアタックを叩き込んだのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:10分5秒 + 27分27秒 + α

 

新2弾に収録されたジョーカーズは《バレット・ザ・シルバー》のような変則的なものから、頭脳派の《東大センセー》と肉体派の《チョモランマッチョ》まで。今まで以上に個性豊かな面子が揃っているようだ。

 

新1弾から登場した新種族たちも、「マジでBADなラビリンス」によって取れる戦術が大幅に増えていくことだろう。これから勢力を大幅に拡大していく各種族に注目である。