1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*3(2017/06/06)『ARMS』 体験会集計・『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。今日のポケモンダイレクトに関してはまた明日。

 

 

 

www.inside-games.jp

2017年6月3日・4日に開催された「ARMS体験会 のびーるウデだめし」。その1週間前に開催された体験会では、体験会終了後に使用率・または勝率の高いファイターが硬化されていたが、今回もその集計結果が明らかになったようだ。

使用率の人気は先週同様、ニンジャラが1位だった一方で、勝率に関してはリボンガールが1位の座に輝いた模様。

今回の順位変動は、プレイヤーたちが各ファイターの特徴をしっかり把握し、ファイターの個性を活かせるなったことが原因と思われる。ソフト発売日以降は、様々な意味でリボンガールこそが台風の目となるだろう。発売日前に話題を掻っ攫うのは、流石アイドルといったところか。

2週間に渡って開催された「ARMS体験会 のびーるウデだめし」だが、これはまだ序の口。まだまだファイター・ステージが増えていくので、『ARMS』の発売日である2017年6月16日以降はさらなる研究が進んでいることだろう。今から研究・予測しておけば、「ランクマッチ」で一足早い活躍ができる…… かもしれない。

こうまで空中戦に秀でたファイターが活躍するとなると、個人的には空中戦キラーのアーム「バーチカル」が気になるところである。

 

www.inside-games.jp

「宇宙初の奥スクロールアクションゲーム」という肩書きで発売され、初代Play Station及びPlay Station2の時代に活躍したアクションゲームシリーズクラッシュバンディクー

そんな『クラッシュバンディクー』がPlay Station4で復活するというニュースは今まで何度が流れており、海外版の発売日まで決定している状態だったが、日本版の発売に関しては謎に包まれたままだった。

シリーズ初期の3作がリマスターされた『Crash Bandicoot N’Sane Trilogy』、その日本版の発売が2017年6月6日に発表され、タイトルや発売日が明らかになった。

気になる日本語版タイトルはクラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』。これまたシリーズ作品を忠実に踏襲した味のあるタイトルである。発売日は2017年8月3日に決定、既に予約がスタートしている。

クラッシュの名を聞いて懐かしいと感じる人も、初めて聞くという人も、かつて一世を風靡したアクションゲームを体験してみてはいかがだろうか。

 

www.inside-games.jp

クラウドファンディングによる受注生産や販売などのサービスを行っている。「CROSSクラウドファンディング、このサービスは株式会社そらゆめが行っているもの…… だった。

株式会社そらゆめは2017年6月2日に東京地裁による破産手続きを開始、つまるところの倒産である。クラウドファンディングという新規事業によって、販売管理費による負債がフォローできなくなったことが原因とされている。

株式会社そらゆめは倒産したものの「CROSSクラウドファンディング」は今もなお運営が続いているという。当然のことながらサービスも停止しているので、「CROSSクラウドファンディング」で商品を購入することはもう不可能である。うっかり購入してしまわないように気を付けたい。

 

 

本日はここまで。