1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日の「ARMS Direct 2017.5.18」(2017/5/18)

 

~ARMS能力~

 「ウデなどを、バネのように伸ばすことが出来る」ということ以外、多くが謎に包まれている能力だ。

遺伝か、突然変異か、はたまた、惑星街知的生命体による改造か。これまでも、その起源に迫ろうと様々な試みがなされたが、まるで見えないバネに押し返されるように、どれも失敗に終わっていた。

 

そんな「ARMS能力」の起源に迫りつつ始まった「ARMS Direct 2017.5.18」。要するに、小難しいことは置いといてファイターたちによるハンパネェ戦いに身を投じろ、というわけだ。

この記事はNintendo Switch用ソフト『ARMS』の魅力を伝える「ARMS Direct 2017.5.18」の内容をまとめた記事となっている。下のダイレクト映像を見届けた後に、本記事を見て余韻に浸ってくれれば幸いである。

 

www.youtube.com

 

 

まずは始めに~アームの基礎知識とファイターの紹介~

まずはファイターが使用するアームの特徴を解説する「知って得する ARMの基礎知識」のコーナーからスタート。

アームには「重さ」という概念があり、軽ければ早く、重ければ遅いパンチとなる。さらに、パンチ同士がぶつかり合った際には重い方が一方的に打ち勝つ。これらの特徴を把握してパンチの撃ち合いに持ち込むか、相手のパンチの隙を突くかといった駆け引きが生まれるのだ。

さらに、アーム1つ1つには「属性」が宿っており、それぞれ異なる追加効果が発生する。属性が宿った攻撃は非常に強力なので上手く当てて勝負を有利に進めたいところだ。

 

ARMの特徴がわかったところでお次はファイター紹介のコーナーパート1。ファイターにはそれぞれ他のファイターにはない個性的な能力が備わっており、それらを駆使して戦いを有利に進めていく。

最初に紹介された「スプリングマン」の場合は相手のパンチを弾く「ショックウェーブ」とピンチの時に強くなる「不屈の闘士」が備わっている。

さらに、それぞれのファイターが最初から使えるアーム3種類を紹介。先述したアームの特徴を踏まえて見れば、ファイターとアームの魅力がよく分かるだろう。

 

と、ここで特バネ第一弾。新たに参戦するファイターが1人判明した。

新たなファイターの名は「キッドコブラ。人気スポーツ「コマボード」のカリスマにして動画投稿者である彼が動画再生数を稼ぐべく参戦。俗に言うyoutuberである。

チャージすることで連続ダッシュが可能となり、まるでヘビの如く地を這うことでコマボードさながらのスピーディな戦いをこなすファイターとなっている。タテに範囲が広いという特徴を持つアーム「バーチカル」も見逃せない。

 

相手ファイター以外もシバきます~バトルルール~

お次はそんなファイターたちによる戦いを紹介するコーナー。実は、『ARMS』で行えるバトルは殴り合いだけではないのだ。

 

単純な殴り合いである「バトル」をはじめ、2VS2で戦う「チームバトル」。相手の陣地だろうとお構いなしの「バレー」。「バスケしようぜ! お前ボールな!」という言葉そのまんまの「バスケット」。自慢のパンチでマトをぶち抜く「マトアテ」。次々と現れる敵を倒しまくる「100人組手」。色々とお試しできる「ウデだめし」と「トレーニング」。

 

『ARMS』では多彩なバトルルールが用意されており、その対戦ルール全てが『ARMS』の正式種目である。後述するゲームモードの多くではこれらの種目で戦うことになるので、各ルールの特徴を把握しておこう。

 

新たなアームを手に入れろ~アームゲッター + 新しいファイター~

先述したように、ファイターごとに最初から使えるアームは決まっているのだが、ある条件を満たすことで、標準アーム以外のアームも使えるようになっていく。

バトルで獲得したファイトマネーをつぎ込むことで「アームゲッター」に挑戦。そこで新たなアームを入手することができるのだ。

 

ちなみに、アームがダブるとそのアームの攻撃力がアップする。普段は使わないアームも、ダブった際に使ってみると意外な使い心地を味わえるかもしれない。

 

ここでファイター紹介のコーナーパート2。

マスターマミーの標準アームである「ビッグパンチ」とミェンミェンの標準アームである「メガボルト」。パッと見は属性が変化しただけのように見えるが、実は「メガボルト」の方が若干パンチ速度が遅いらしい。このように、アームの見た目が似ていても、宿している属性や細かいところは異なっているので是非色々なアームとファイターの組み合わせを試してみてほしい。

 

そしてここで特バネ第2弾。なんと、さらに2人の新しいファイターが判明。

その気になる1人目は「バイト&バーク」。ゼンマイ仕掛けの警備ロボットとその愛犬がコンビを組んでの参戦である。愛犬バークはたまーに相手を攻撃するほか、バークを踏み台にすることで高くジャンプすることができるのだそうだ。そして必殺ラッシュの際にはまさかの合体…… と、気になるところは多いが気にしたら負けである。

 

そして2人目、通算3人目となる新ファイターはツインテーラ」。なんと、美しき銀髪のツインテールがARMS化した大女優である。

そう、冒頭の「ARMS能力」の説明で言っていた「ウデなどを、バネのように伸ばすことが出来る」はこの伏線だったのだ。

ツインテーラがチャージを行うと、その美貌によって相手のアームの発射速度がスローダウン。華麗に回避してキツイ一撃を浴びせるのが彼女自慢の戦闘スタイルである。大女優ご用達のアーム「パラソル」にも注目してほしい。

 

以上、これまでに参戦を表明していたファイター10名が『ARMS』で登場するファイターとなる。自分だけのファイターとアームの組み合わせを見つけることこそが、最強への第一歩となるだろう。

 

お好みのマッチング形式でどうぞ~マッチモード~

通常のバトル以外にも楽しみ方は色々。まずは計10連戦を突破してアームズグランプリ優勝を目指す「グランプリ」。計10人いるファイターの内から1人選んで残り9人のファイターと対戦…… あれ? 1人少ないような…… ?

10戦目に何が待ち受けているかは自身の目で確かめてほしい。「グランプリ」モードは2人でも遊ぶことが可能だ。

 

オンラインにおける紳士・淑女の社交場「パーティマッチ」では、ロビーに集まったNintendo Switch1台につき2人x10台の最大20人が集まり、コンピュータが決めたマッチングに従って戦うモード。友達がいない人も、これで気軽に同好の士と一緒に遊ぶことができるというわけだ。

 

タイマンの戦いによる真剣勝負「ランクマッチ」も搭載。勝てばランクが上がり、負ければランクが下がる。手に汗握る真剣勝負の舞台で自分の腕を存分に披露しよう。

 

もちろん、ローカル通信による通信にも対応。最大8台、8人でロビーを作り、パーティマッチのように遊ぶことができるようだ。たくさんの友達と持ち寄れば、盛り上がること間違いなしである。

 

色々なお知らせ~インフォメーション~

2017年6月16日に発売される『ARMS』。なんと発売以降も定期的なアップデートが行われていくようだ。新たなステージ新たなアーム、そしてなんと新たなファイターも参戦するとのことなので、発売以降も目が離せない。

さらにさらに、発売日前に『ARMS』をいち早く体験したいという人に朗報である。「ARMS先行体験会 のびーるウデ試し」が5月の27・28日、そして6月の3・4日に開催されることが発表された。

詳しいタイムスケジュールは、以下の記事を参照してほしい。

 

topics.nintendo.co.jp

 

以上が、2017年5月18日に実施された「ARMS Direct 2017.5.18」である。新情報盛りだくさんで、『ARMS』の発売がより楽しみになったという人も多いのではないだろうか。

今回明らかになった通り、『ARMS』はソフト発売以降も定期的にアップデートが行われる。これからの『ARMS』の新情報にも期待してほしい。

 

ところで、本ダイレクトの最後にはあのゲームの映像が流れたようだが…… こちらに関しては翌日、別の記事で紹介したいと思う。