読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習 ~考えるか、感じるか~ ジョーカーズ参上!!編03

 ジョーカーズ参上その3。如何にも相性の悪そうな2種族が激突。

 

www.youtube.com

 

 

とうとう「デュエマジョーデキ!!チャンネル」の舞台となる「デュエマ仙人城」が完成したようだ。今までデュエマ中にも工事をしている音が聞こえていたが、デュエマ中もなりふり構わず工事していたかいがあったようだ。

 

しかし、未だ新たなデュエマ仙人の姿は現れないのでまたまたデッドマンとカミ神王子が「ジョーカーズ参上!!」の新カードを使ったデュエマを披露する。

 

今回はデッドマンが火文明の新種族「ビートジョッキー」、カミ神王子が水文明の新種族「ムートピア」を駆使するデッキを使用。ビートジョッキーが勢いよく殴り勝つのか、それともムートピアが手札を駆使した戦略を披露するのか、先行デッドマンでデュエマスタート。

 

まずは2ターン目。デッドマンは《アッポー・チュリス》を、カミ神王子が《一番隊 ザエッサ》を召喚してターン終了。そのまま小型クリーチャーによる攻防が展開されるかと思いきや…… ?

 

相手の攻勢すら待たずに攻め込むのがビートジョッキーの戦い方。デッドマンの先攻3ターン目に《ダチッコ・チュリス》を召喚。コスト2の《ダチッコ・チュリス》は次に召喚するビートジョッキーのコストを3下げることができる。

 

《ダチッコ・チュリス》の効果によって、僅かコスト1でバトルゾーンに躍り出たのは《ドープ“DBL”ボーダー》。出たターンにすぐ攻撃できる《ドープ“DBL”ボーダー》は《アッポー・チュリス》と共にカミ神王子のシールドを叩き割る。

 

しかし、そうしてブレイクしたシールドからS・トリガー《超魔導書グリモア第I章》と《崇高なる知略 オクトーパ》が発動。《超魔導書グリモア第I章》は手札交換を行える呪文、《崇高なる知略 オクトーパ》は登場時と攻撃時に相手クリーチャーの動きを止めることができるNEOクリーチャーである。

 

《崇高なる知略 オクトーパ》の登場で僅かに巻き返したカミ神王子は遅れを取り戻すべく、ムートピアならではの戦術を披露する。ムートピアは水文明お得意のドロー能力に加えて、その手札をコストにすることで様々な効果を発揮することができるのだ。

 

まずはコストを支払う代わりに手札を2枚捨てて《神出鬼没 ピットデル》を召喚、さらにマナを支払うことで《神出鬼没 ピットデル》がそのまま《貝獣 フジッツ》にNEO進化を遂げる。《貝獣 フジッツ》は攻撃時にカードを2枚ドローできるので、《神出鬼没 ピットデル》で支払ったコストもそのままフォローすることが可能だ。

 

《崇高なる知略 オクトーパ》は攻撃時能力で《ドープ“DBL”ボーダー》を止めつつ《アッポー・チュリス》に攻撃し、《貝獣 フジッツ》はシールドをブレイクする。その後もカミ神王子はクリーチャーを並べつつも、積極的にシールドをブレイクしてデッドマンを追いつめていく。

 

一方で《アッポー・チュリス》の破壊された時にカードを1枚ドローできる能力でこっそり損害を補っていたデッドマン。一気に戦局を変えるべく、先攻5ターン目に切り札《ガンザン戦車 スパイク7K》をバトルゾーンに送り込んだのだ。

 

《ガンザン戦車 スパイク7K》は登場時に、1ターン限定で味方クリーチャー全てを大幅に強化することができる。なんと「パワー+2000して、アンタップしているクリーチャーに攻撃できる」能力と「パワー+5000して、ブレイク数を1枚増やす」能力を選べてしまうのだ。

 

今回デッドマンは自身のクリーチャー全てに「パワー+2000して、アンタップしているクリーチャーに攻撃できる」能力を付与。これによってカミ神王子のクリーチャーはデッドマンのビートジョッキー軍団に各個撃破されてしまうのであった。

 

バトルゾーンを一掃されてしまったことであっという間に逆転されてしまったカミ神王子。特に召喚コストを下げるクリーチャー《一番隊 ザエッサ》を失ったのは大きく、手札に控えていたデッキの切り札《深海の覇王 シャークウガ》が出せなくなったのは痛い。

 

《崇高なる知略 オクトーパ》による足止めも失ってしまったことで、バトルゾーンはデッドマンが並べたビートジョッキーたちを止める術はもう、ない。その後もデッドマンはビートジョッキーを並べつつ、先行6ターン目には《ドープ“DBL”ボーダー》によるダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:8分43秒 + 26分39秒 + α

 

火文明の代表的能力と言える「スピードアタッカー」と「アンタップキラー」、そして最近になって増えたドロー関係の能力。ビートジョッキーが持つ能力の1つ1つはそれらを凝縮した、まさに新時代の火文明にふさわしい能力を持ったクリーチャーたちである。

 

一方のムートピアも水文明の代表的能力であるドロー能力をより活かす方向に進化。「手札があっても出来ることがない…… 」なんていう頭デッカチな展開には陥らない、知識の有効活用術に秀でた種族なのだ。今回はビートジョッキーの暴力的速度に対処できずじまいだったが、手札をコストとする能力には期待したいところである。

 

完成した「デュエマ仙人城」、好評発売中の「ジョーカーズ参上!!」。果たして次週は新たな仙人が登場するのか。期待して待とう。