1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*3(2017/03/22)『ショベルナイト』 無料アップデート・自動改札機 50年…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。

 

 

 

topics.nintendo.co.jp

ショベルを持った主人公が大冒険を繰り広げる『ショベルナイト』は、作り込まれたファミコンテイストと骨太な難易度が特徴2Dアクションゲームである。

発売後も操作できるキャラクターが増えるという大規模なアップデートが行われており、今回はその大規模アップデート第二段の配信日が決定した。

今回の大規模アップデートでは、作中ではボスとして登場したスペクターナイトが操作できるモードが追加される。これまでとは異なる操作感覚で楽しむことができるので、本編を遊びこんだ人にとってはやりごたえのあるモードとなるだろう。

さらに、ショベルナイトの性別が入れ替わる「ボディスワップモード」なるものがあるという話だが、果たしてその真相は…… ?

新モードを搭載した大規模アップデート第二段は2017年4月5日に配信予定。『ショベルナイト』を遊ぶのは今からでも遅くはない、むしろNintendo Switchでの展開も告知されているので待つのも手かもしれない。とにかく興味を持ったタイミングで遊んでみるのをお勧めする。

 

人気インディーACT『ショベルナイト』がニンテンドースイッチ展開を予告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

 

www.itmedia.co.jp

自動改札機、それは駅に設置された運賃料金精算システムである。今となっては都会のみならず、その周辺地域にまで設置が拡大されており、現在も多くの人が利用していることだろう。

そんな自動改札機も、今日2017年3月で導入されてから50周年を迎えることとなった。この記事では今年で50歳を迎えることとなった自動改札機の歴史を垣間見ることができる。

開発された初期は長蛇の列ができて、人為的な原因で怪我が絶えなかったというのはいかにも“らしい”エピソードと言えるだろう。現在はICカードなどでサービスの利便化が進みつつあるが、たまにはこうした歴史に触れることで新たな発見が見つかるかもしれない。

 

www.animatetimes.com

現在もNHKで放送されているおじゃる丸は故・犬丸りんさんが原案者となって製作されたテレビアニメ。千年前のヘイアンチョウ妖精界に住む貴族の子・おじゃる丸が現代の月光町に居候するギャグアニメ。

おじゃる丸』は1998年10月から放送開始。つまり、今年で放送20周年目に突入するのだ。それを記念して本作品の代表的なエンディングテーマ『プリン賛歌』がリニューアルすることになった。

20周年を記念する『プリン賛歌』を歌うのはポップ・グループ・TWEEDEES。TWEEDEESの清浦夏実さんと沖井礼二さんが『プリン賛歌』をポップに、そしてロックな雰囲気で歌い上げているので、機会があれば是非聞いてみてほしい。

アニバーサリー版『プリン賛歌』がエンディングとして歌われるのは2017年4月5日から。是非一度は子供も大人もそろって聞いてみてほしい。

 

 

本日はここまで。