読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*3(2017/03/20)『聖剣伝説3』 Nintendo Switch・『ゼルダBotW』 スピードラン…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。物欲センサー発動。

 

 

 

www.inside-games.jp

もともとは『ファイナルファンタジー』シリーズの派生作品として発売されたアクションRPG聖剣伝説。1991年に派生作品1作目として発売された後、『ファイナルファンタジー』シリーズから独立する形で続編『聖剣伝説2』が発売された。

聖剣伝説』シリーズは昨年2016年の段階でシリーズ25周年となり、それを記念したゲーム音楽のコンサートが2017年3月24日に開催されるようだ。

そんな25周年企画の一環なのか、公式TwitterではNintendo Switch聖剣伝説3を遊ぶ姿が公開されている。くわしい情報はまだ謎に包まれているが、Nintendo Switchで『聖剣伝説』が再び遊べるようになるのは間違いないようだ。

バーチャルコンソールなのか、それともリメイク作品なのか。どういった形で遊べるようになるかは不明だが続報に期待しよう。

 

jp.automaton.am

発売から2週間が過ぎ、現在も激しい記録更新合戦が繰り広げられるゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のスピードラン。あれからamiiboを用いた攻略や言語の選択などで時間の短縮を図るものが多数登場していたが、そんなテクニックも彼らの前では「小細工」に過ぎないということだろうか……

現時点での最高記録はすば氏が打ち立てた47分59秒。他にも4人の上位勢が鎬を削る戦いが続いているという。

上位勢は先ほどあげたamiiboを用いた攻略や言語選択による時間短縮はあまり用いていないようだ。細かいテクニックも重要だが、まだまだ基本的なところでタイムを詰めることができるということだろう。今後も様々な手法でタイムが短縮されていくものと思われる。

以前の記事ではリンクがスタミナを消費せずに走る技術が公開されていたが、さらに馬のスタミナを調整する技も開発された模様。実践できるようになれば、友達にも自慢できるかもしれない。

 

headlines.yahoo.co.jp

子役タレントとしてデビューし、主に2000年代のテレビ番組で活躍したタレントの細山高嶺さん。子役として活躍した彼も成長し、2013年には慶応義塾大学に入学。以降は大学生活を満喫していたようだ。そんな彼も2017年3月で卒業し、これからの進歩を語る機会がやってきた。

結論から述べると、タレント・細山高嶺さんは芸能界を引退する意向を明らかにした。会見の場では芸能界引退にあたっての心境を語り、これまでお世話になった人への感謝の念をあらわにした。

引退以降の動向は不明だが、これからの細山高嶺さんが、どこかの業界で活躍するのを期待しよう。

 

 

本日はここまで。