読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ファイナル・メモリアル・パック DS・Rev・RevF編 05~

デュエマ

 ファイナル・メモリアル・パック DS・Rev・RevF編その5。慢心の権化、再び。

 

www.youtube.com

 

 

いよいよ「ファイナル・メモリアル・パック DS・Rev・RevF編」最終戦。「ファイナル・メモリアル・パック DS・Rev・RevF編」に収録されたカードの豪華さは、カミ神王子は中学生時代のテンションすら忘れてしまうほどの力を秘めているようだ。

 

そんな中でデッドマンは、ついに、満を持して、「あのカード」を使ったデッキを用意してきたようだ。

 

その気になるカードとは《龍覇 ザ=デッドマン》が描かれた《フェアリー・ミラクル》。「ドラゴンサーガ」の黒幕にしてデッドマン当人の名を冠する《龍覇 ザ=デッドマン》によるドラグハートデッキを用意してきたようだ。

 

対するカミ神王子はガチデッキとしても多くのプレイヤーに使用されている《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》のデッキを使用。数の結束でデッドマンが奮う悪意の力に立ち向かう。

 

果たしてデッドマンが《龍覇 ザ=デッドマン》で豪快な勝利を掻っ攫うのか、それともデッドマンの悪意をカミ神王子と《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》が挫くのか。先攻カミ神王子でデュエマスタート。

 

デッドマンのデッキはマナを貯めてからの力強いアクションが売りのデッキ。対するカミ神王子は小型獣による怒涛の攻撃が華と言えるデッキである。そのため、序盤はカミ神王子の猛攻から幕を開けることになる。

 

カミ神王子は先攻2ターン目に《タイム1 ドレミ》で1ドロー。先攻3ターン目にはコスト踏み倒し対策である《制御の翼 オリオティス》を召喚しつつ《タイム1 ドレミ》から《タイム3 シド》へ革命チェンジ。デッドマンのS・トリガー《フェアリー・ライフ》が発動するも、カミ神王子としては順調な滑り出しとなった。

 

対するデッドマンの初アクションは後攻3ターン目の《フェアリー・ライフ》。先ほどのS・トリガーによって《タイム3 シド》の妨害を潜り抜けてマナ加速。そのうえマナゾーンに5文明を揃えることにも成功する。状況はカミ神王子の優勢だが、デッドマンも順調なマナ加速を見せており、油断を許さない状況だ。

 

この状況を受けてカミ神王子の先攻4ターン目。《タイム3 シド》で攻撃しつつ《ミラクル1 ドレミ24》へと革命チェンジ。《ミラクル1 ドレミ24》の登場時効果で《ヘブンズ・フォース》が唱えられ、《タイム1 ドレミ》をバトルゾーンに。横に並べつつ《タイム1 ドレミ》によるドローも欠かさないというプレイングを見せる。

 

しかし、この革命チェンジによって《タイム3 シド》がバトルゾーンを離れてしまう。相手の呪文のコストを重くする《タイム3 シド》が一時的にもバトルゾーンから離れるというのは、マナ加速呪文が多く積まれたデッキ相手だと大きく不安が残る展開と言えるだろう。

 

案の定、というべきかデッドマンの後攻4ターン目。5文明デッキ専用のマナ加速呪文《フェアリー・ミラクル》を唱えつつ超次元呪文《超次元ホワイト・グリーンホール》で《勝利のプリンプリン》を呼び出し守りを固める。呪文によってデッドマンの展開が大きく加速する事態に。

 

慌ててカミ神王子も先攻5ターン目に革命チェンジから《タイム3 シド》を繰り出すが時すでに遅し。デッドマンが後攻5ターン目に使用したのはマナ加速クリーチャーである《トップ・オブ・ロマネスク》。クリーチャーによって《タイム3 シド》の呪文対策を、度重なるマナ加速で《制御の翼 オリオティス》の踏み倒し対策を乗り越えてしまったのだ。

 

こうなるとカミ神王子の展開は苦しくなっていくばかり。一気に勝負を決めたいのだがカミ神王子の手札にはデッキの切り札…… おそらく《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》がまだ来ていないのだろう。ひたすら《セブ・コアクマン》や《タイム1 ドレミ》を革命チェンジで使いまわすし、切り札を呼び込む作戦に出るが切り札は来ない様子。

 

その間もカミ神王子は果敢に攻め立てるもスーパーS・バック《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》が発動。これを契機にデッドマンも本格的に動き出す。デッドマンの後攻6ターン目、いよいよデッキの切り札である《龍覇 ザ=デッドマン》を召喚。超次元ゾーンから登場したドラグハートは…… 《邪帝斧 ボアロアックス》でも《侵攻する神秘 ニガ=アブシューム》でもない《恐龍界樹 ジュダイオウ》。パワー4000以下のクリーチャーの攻撃を封じるという、小型クリーチャーを並べるカミ神王子から見れば突破が極めて困難なジャングルが突如バトルゾーンを覆いつくしたのだ。

 

これで形成が大きく優位に傾いたデッドマンだが、S・トリガー《終末の時計 ザ・クロック》による攻撃阻止が気になるところ。攻撃を阻止されると、シールドブレイクによって増えた手札から逆襲されるというリスクがチラついており、まだ勢い任せに攻撃はしたくはない状況。

 

とはいえ、あまり時間はかけたくないのも事実である。もたもたしている内に《ダイヤモンド・ソード》によって《恐龍界樹 ジュダイオウ》が突破されてはたまったものではない。デッドマンは後攻7ターン目、《恐龍界樹 ジュダイオウ》が《恐・古代王 サウザールピオ》に龍解したのを機に一斉攻撃を開始。マナゾーンにいくつか《終末の時計 ザ・クロック》が見えているので、シールドゾーンには《終末の時計 ザ・クロック》はいないと判断したのだ。

 

その判断は見事的中し、カミ神王子のシールドゾーンにS・トリガーはなく、最後は《龍覇 ザ=デッドマン》でダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:11分4秒 + 29分42秒 + α

 

最近だと《師子王の遺跡》といったライバルが増えつつあるが、多色デッキのマナ加速呪文としては未だ現役の《フェアリー・ミラクル》。最短で2マナ加速できれば《トップ・オブ・ロマネスク》に繋がる点は《師子王の遺跡》にはないメリットと言えるだろう。

 

一方で《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》は味方の小型クリーチャーの数だけコストが軽減され、味方の小型クリーチャーの数だけドローできる。

 

バトルゾーンにクリーチャーを大量展開するデッキならば早期召喚が狙え、召喚に費やした手札をドロー効果でフォローできるという、展開力が命のデッキでは「切り札」とも言えるスペックを持ったクリーチャーなのだが…… どうやら引き当てることはできなかった模様。

 

今回の動画でデドカミチャンネルにおける「革命ファイナル編」は終了することになる。恐らく来週からは新しくなった「デュエル・マスターズ」のカードを使った対戦動画が投稿されると思われる。

 

ルールも少し変わり、より白熱したデュエマが繰り広げられること間違いなしの「デュエル・マスターズ」。来週以降も見逃せないない内容になること間違いナシである。

 

ルール変更のお知らせ|デュエル・マスターズ