1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*4(2017/03/02)Nintendo Switch・劇場版ポケットモンスター…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。もう1つ寝るとNintendo Switch発。

 

 

 

www.famitsu.com

いよいよ明日となったNintendo Switchの発売日。既に予約を済ませた人、店頭に並ぶ当日分の入手を目論んでいる人、まだ欲しいゲームがないので様子を見る人、様々な人がいるが、その誰もがNintendo Switchに大きな期待を寄せている。

この記事はNintendo Switchの開発における中心人物となった高橋伸也小泉歓晃氏を招いてのインタビュー記事である。まだコードネームすらなかった3年前の話から始まり、本体やコントローラ・ソフトなどを通して現在のNintendoSwitchに至った経緯が語られている。

Nintendo Switchに搭載されている機能は、どのような経緯を辿って搭載されることになったのか。そういった開発の裏話を知っていると、NintendoSwitchを触った時に面白い発見ができるかもしれない。

 

news.denfaminicogamer.jp

当初WiiU向けに開発されていたゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド。後にNintendo Switchでも発売されることが明らかになり、WiiU版・Nintendo Switch版ともに2017年3月3日に発売される。

その『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』にてプロデューサーを務めた青沼英二と、『ドラゴンクエストⅦ』から『ドラゴンクエスト』シリーズに関わり、現在は『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』に携わっているスクウェア・エニックス藤澤仁氏による対談が実現した。

偉大な人物から人気シリーズを託され、彼らの背中を見てゲーム作りに関わってきたという経歴を持つ2人、そんな彼らだからこそ共有できる悩みもあるようで…… ?

他にも『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の開発におけるエピソードや青沼氏が初めて関わった「ゼルダ」である『ゼルダの伝説 時のオカリナ』にまつわるエピソード、果ては青沼氏が任天堂に入社したエピソードなど、普段ゲームに関わらない人からゲーム開発者まで楽しめるインタビューとなっている。任天堂の開発環境には日本のモノづくりにおける重要なヒントが隠されているのかもしれない。

 

www.youtube.com

アニメ『ポケットモンスターにおけるサトシとピカチュウのコンビ。今となってはお互いに信頼しあっている関係だが、そのはじまりを知っているという人は少なくなりつつあるのかもしれない。

今年の夏に公開される劇場版ポケットモンスターでは、その出会いの物語が再び描かれることになった。『劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!』では、そんな1人と1匹の出会いが描かれた映画となっている。その予告映像が公開されたので気になる人はチェックしてみよう。

ゲームに続き、アニメも今年で放送20周年を迎えることとなる。知らない人から見れば新しい、知っている人から見れば懐かしくも新しい、『劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!』は2017年夏公開予定である。

 

jp.automaton.am

海外では特定の作品に対するリスペクトが高じて、非公式のファンメイド作品がいくつか作られることがある。昨年の段階では『メトロイド』や『ポケットモンスター』のファンメイド作品が公開されたが、いずれもオリジナルの認可を受けていないが故に公開停止となっている。

そんな事態を省みてか『MOTHER』シリーズの非公式続編として開発されていた『MOTHER 4』が、ファンメイド作品ではなくオリジナル作品として再出発することを明かした。幸い、現時点でもオリジナル作品の素材流用は行っておらず、オリジナルのゲーム作りが行われているようだ。

本作は日本語版の配信も行われることが告知されているので、『MOTHER』シリーズをプレイしたことのある人は頭の片隅に留めておくと良いだろう。

 

 

本日はここまで。