読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*4(2017/02/23)デュエマ 日本一決定戦・「電王戦」 終了…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。寝て起きる、そして寝る。そんな日々。

 

 

 

live.nicovideo.jp

その日、2016年度のデュエマ日本一が決定する。

2017年2月26日8時より、デュエル・マスターズ全国大会2016革命ファイナルカップ 日本一決定戦」ニコニコ生放送にて放送されることになった。既に激戦を勝ち抜いて出場権を獲得した猛者たちが最後の決戦に挑む。

今回の放送でも、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト真木 孝一郎さんとデッドマンこと押目 祥樹さんがに加え、デュエル・マスターズの動画にて出演している江島 知之さんの3人が実況・解説を行ってくれる。試合の様子ももちろん気になるところだが、史上初となる3人体制がどのような化学反応を起こすのかも興味深い。

2016年に実施されたグランプリ-2ndでは「LINE LIVE」、グランプリ-3rdでは「FRESH! by Abema TV」による中継がニコニコ生放送と並行して行われていたのだが、今回はニコニコ生放送に絞って放送されるようだ。時間外に視聴する人はタイムシフト予約を欠かさないようにしよう。

 

www.itmedia.co.jp

プロ将棋士と将棋ソフトによる異色の戦い、その歴史は2011年から始まった。以降何度も戦いが繰り広げられ、2017年に行われる「第2回 電王戦」の日程も決定した。

今回は「叡王戦」を勝ち抜いた佐藤天彦名人と将棋ソフト「PONANZA」が2番勝負を行う。日程は2017年4月1日と2017年5月20日に分けて実施されるようだ。

それと同時に、今回の「第2回 電王戦」をもって「電王戦」そのものが終了することも発表された。今回の終了理由について、ドワンゴ代表の川上量生さんは「人間とコンピュータが同じルールで真剣勝負をするという歴史的役割は終わった」と述べている。

それ以外にも、コンピュータ将棋そのものがプロジェクト終了を宣言したのも、今回の「電王戦」終了に関わっているのだろう。

最後くらいは、何か実のある結果になってほしいものである。

 

www.itmedia.co.jp

日本時間の2017年2月23日3時ごろ、アメリカ航空宇宙局ことNASA地球に似た7つの惑星の存在を発表した。今回発表された惑星の中では、水が液体の状態で残っている星もあるそうで、一般人にとっても宇宙の広さが垣間見れる発表となった。

今回のような地球に似ているという、人類が生きていけるとされる居住可能惑星は7つの内3つが確認されており、このような発表は過去に前例のない発表となった。

ちなみに、この7つの惑星発見を受けて「地球には7つの妹がいる」といった言い方がなされている。なお、詳しい姉妹関係は不明である。

 

www.famitsu.com

ユービーアイソフトとは、フランスに拠点を置くゲーム会社。日本で発売されているソフトだとアサシン クリード』シリーズ『Rabbits』シリーズレイマン』シリーズなどを開発した会社として知られている。

今回はNintendo Switchにて 『Just Dance 2017』、『STEEP』、『Rayman Legends Definitive Edition』の発売を予定しており、今回のインタビュー記事を通してNintendoSwitchの期待度の高さが垣間見れる記事となっている。

ちなみに、上記した3タイトルは日本国内で展開されるかは未定である。幸いNintendo Switchはリージョンフリーに対応しているので、海外から輸入して入手するのも手である。

 

 

本日はここまで。