読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*3(2017/02/17)ドラグーンS 販売開始・『クラッシュ・バンディクー』 海外リリース日…… etc

今日のニュース

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。今回は懐かし系を中心にお届け。

 

 

 

www.youtube.com

1999年に新世代ベーゴマとして登場した「ベイブレード」。その後も形やシステムを変えつつ登場し、現在はベイブレードバーストとしてより白熱したバトルが楽しめる玩具となっている。

かつてのベイブレードにおいて代表的なシリーズとして一時代を引っ張り続けてきたシリーズがある。それが「四聖獣」と称されるドランザー・ドライガー・ドラシエル、そしてドラグーンだ。

そんな彼らがベイブレードバーストを舞台に再登場しはじめたのが2016年のこと。そこから少し遅れる形で「ドラグーンS(ストーム)」の販売が決定したよ。

2016年11月に発売された「コロコロアニキ」にて限定版であるゴールドVer.の受注販売は行われていたが、通常色Ver.の販売がこの度決定した次第である。

新しく生まれ変わった「ドラグーンS」は全国のwbba.ストア限定で、2017年3月4日発売である。現代に復活したベイは全て「ベイブレードバースト」に対応している。思い入れのある人はこれを機に新時代のベイブレードを遊んでみてはいかがだろうか。

 

jp.ign.com

1996年、PlayStation向けに発売されたクラッシュ・バンディクー。今までに前例のない「奥スクロールアクション」という斬新さなどから、「Play Station」における代表的なシリーズ作品にまで成長した作品である。後継機にあたる「Play Station 2」でも続編が出されたがその辺りで音沙汰が途絶え、以後10年以上の沈黙を保っていた。

そんな『クラッシュ・バンディクー』の3作品リマスター版が発表されたのは2016年12月のこと。唐突なクラッシュ復活の知らせは、当時のファンを大いに驚かせた。

そして年を超えて2017年2月17日、ついに海外における発売日および対応ハードが決定した。Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』2017年6月30日Play Station 4向けに発売される。なお、現時点では日本での販売は未定である。

新しく生まれ変わった『クラッシュ・バンディクー』を遊べる日は近い。日本版のリリースにも期待したいところである。

 

www.4gamer.net

1991年にアーケードゲームとして登場し、大ヒットを記録したストリートファイターⅡ』。通称『ストⅡ』とも称される本作は大ヒットを記録し、社会現象まで引き起こしたことで今でも語り継がれる作品である。『ストリートファイター』シリーズは現在もPlay Station 4向けソフトとして『ストリートファイターⅤ』が発売されている。

そんな中であえて『ストⅡ』の最新作がNintendo Switchで発表されたのは、やはりシリーズの中でもダントツの知名度が成せる技、ということだろうか。

NintendoSwitchで発売される『ULTRA STREET FIGHTER Ⅱ THE FINAL CHALLENGER』では、新たにゲーム中に登場するキャラクターリュウ」になりきって戦う新感覚モードが収録される。

「放て!波Do拳」と題されたこの新モードは、Nintendo SwitchJoy-Conのシステムを活用したモードとなっている。1人称視点で波動拳昇龍拳をモーション操作で繰り出し、敵を倒すのが本モードの目的だ。

「放て!波Do拳」では様々なゲームモードに加えて、与えられる「成長ポイント」を攻撃力や防御力など6種類のパラメータに割り振って自分好みのキャラ作りを行うことが可能となっている。

「放て!波Do拳」以外にも、イラスト集カラーエディットなどの機能も備えられた『ULTRA STREET FIGHTER Ⅱ THE FINAL CHALLENGER』、発売を含めた今後の続報に期待しよう。

 

 

本日はここまで。

 

友達と『ストⅡ』にのめり込むのもアリだが、時にはリュウになりきって遊ぶのもいいだろう。