1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*4(2017/02/03)『ポケモンジェネレーションズ』・『ドンキーコング64』 隠しコイン…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。興奮状態は寝て落ち着かせる。

 

 

 

www.inside-games.jp

ゲームの一場面を映像化したポケモンジェネレーションズ』。その新しい日本語版が公開された。

今回公開されたのはエピソード16からエピソード18、ポケットモンスター X・Yの一場面。これまでもそうだったが、『ポケモンジェネレーションズ』では主に物語で敵対する人物および組織に焦点を当てた作品となっている。これは今回公開された映像でも変わらない。

ゲーム中では見ることができない場面が描かれることで、ゲームの世界観に深みが出る映像となっている。今回の分で『ポケモンジェネレーションズ』は一旦打ち止めなので、これを機にエピソード1から映像を見返してみるのも良いだろう。

 

www.inside-games.jp

任天堂の新たな据置型ゲーム機「Nintendo Switch」の発売が迫る中、以前から売り出されている「ニンテンドー3DS」の扱いはどうなるか。少しばかり気になるところである。

そんな中で、任天堂ニンテンドー3DSに関する今後でコメントを行った。どうやら携帯機型ゲーム機としての路線は維持するらしく、ニンテンドー3DSの後継機を考えているようだ。今後は価格や形状などで差別化を行っている模様。

現在のNintendoSwitchだとニンテンドー3DSWiiUでは出来ていた2画面構造は難しそうなので、そういう意味では棲み分けは上手く行きそうである。

 

www.inside-games.jp

ドンキーコング64』にはバナナコインというアイテムがあり、その中でもレインボーコインは特定のポイントでとある技を使用することで入手できるアイテムである。

その「特定の場所」は普通、目視でわかる場所に設置されているのだが、今回目視で判断不可能な場所に設置されていることが発覚した。

発売から17年にして初めて発見された要素だけに、スピードランなどのやり込みを行っていた人にとっては重大な発見である。ソフトや攻略本を持っている人は調査・検証してみるといいだろう。

 

natalie.mu

ハローキティ」などを始めとしたファンシー商品を展開しているサンリオ。何かと様々な企業とコラボレーションしているのを見かけるという点でも有名な企業である。

今回サンリオの新商品展示会で「SANRIO EXPO 2017」にてコラボレーションが発表されたのはコロコロコミック。新旧21作品、全22キャラクターがサンリオによって新たにデザインされたようだ。

対象となった作品はつるピカハゲ丸』『コロッケ!』といった懐かしい作品からデュエル・マスターズベイブレードといった今も受け継がれているホビー作品、そして『でんぢゃらすじ~さん邪』『ケシカスくん』といった現在も高い人気を誇る作品まで、まさにオールスターと言える布陣。小学生から昔小学生だった人までがターゲットと言えるだろう。

今後どのような形で商品化されるのか、続報を期待して待とう。

 

 

本日はここまで。