1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ファイナル・メモリアルパックE1・E2・E3編 03~

ファイナル・メモリアルパックE1・E2・E3編その3。今週はK.BLUE兄ちゃんも参戦。

 

www.youtube.com

 

 

今回はK.BLUEも小学生気分になり、デッドマンとの熱いデュエマを繰り広げる。デッドマンが使用するのは《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》。

一方でK.BLUEは「ファイナル・メモリアルパック E1・E2・E3編」に相応しい切札勝太の切り札大集合なデッキらしい。どんな切り札が飛び出すかは、実際にデュエマをするまでわからない。

 

果たしてどんな切り札が登場するのか、先攻K.BLUEでデュエマスタート。

 

まずはお互いにマナ加速合戦。デッドマンは《メンデルス・ゾーン》《フェアリー・ミラクル》《トップ・オブ・ロマネスク》でマナを伸ばし、K.BLUEも《フェアリー・ライフ》や《師子王の遺跡》で対抗する。古今東西のマナ加速手段が目白押しの、地味ながら派手なやり取りが続く。

 

大きく動いたのはデッドマンの後攻5ターン目。デッドマンはデッキの切り札《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》を召喚する。

 

《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》は登場時に2マナ加速し、自軍のドラゴンに「スレイヤー」と「スピードアタッカー」を与える。それだけに飽き足らずマナゾーンからドラゴンを召喚する能力まで備えているのだ。次のターンからは超強力なドラゴンがドンドン召喚され、K.BLUEの場は目茶苦茶にされてしまうだろう。

 

しかし、それも全て「次のターン」が来ればの話である。

 

K.BLUEの先攻6ターン目。ここが勝負どころと見たK.BLUEはなんと《必勝の頂 カイザー「刃鬼」》を召喚。今なお多くのプレイヤーから畏怖されているハンターデッキの「必殺技」とも言えるゼニスである。どうやらK.BLUEは次のターンを待たずに決着を付けるつもりのようだ。

 

《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》の召喚時効果でデッドマンのシールド枚数分、つまり5回のガチンコ・ジャッジが行われる。そしてガチンコ・ジャッジの気になる結果は…… なんとK.BLUEの全勝。これにはデッドマンも言葉を無くしてしまう。

 

《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》の効果で呼び出されたクリーチャーは《逆転王女プリン》2体と《不敗のダイハード・リュウセイ》、《永遠のリュウセイ・カイザー》、そして《龍素記号Sr スペルサイクリカ》から進化した《決着のリュウセイ・ジ・エンド》。

 

まずは2体の《逆転王女 プリン》によってデッドマンの《トップ・オブ・ロマネスク》と《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》がタップ。そしてタップしたクリーチャー目がけて《決着のリュウセイ・ジ・エンド》がアタックする時に《不敗のダイハード・リュウセイ》の効果が発動。デッドマンのシールド1枚が墓地に送られる。

 

さらに《決着のリュウセイ・ジ・エンド》がバトルするとき、自身をアンタップしつつバトル相手のクリーチャーを手札に戻してしまう。バトルすら発生しないため《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》のスレイヤー付与も関係ない。

 

《決着のリュウセイ・ジ・エンド》でバトルゾーンを一掃され、《不敗のダイハード・リュウセイ》の効果でついでと言わんばかりにシールドを焼かれ、デッドマンのバトルゾーンとシールドゾーンはあっという間にカラっぽに。

 

そんなガラ空きの状態にK.BLUEは、《永遠のリュウセイ・カイザー》の能力でスピードアタッカーとなった《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》による無慈悲な追い討ちを決めたのだった。

 

勝者:K.BLUE

所要時間:6分49秒 + 27分29秒 + α

 

 《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》の効果は極めて強大で、ガチンコジャッジ次第では切り札級の強さを持ったクリーチャーを大量に呼ぶことができる。登場から4年近く経過したものの、今もなおハンター種族のクリーチャー共々恐れられる存在である。

 

「ファイナル・メモリアルパックE1・E2・E3編」では、そんな《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》を切り札としたデッキを作るのに必要なカードが大量に収録されているのである。

 

一方で《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》が持つ効果はドラゴン尽くしのオンパレード。このクリーチャーがいる限り、自軍のあらゆるドラゴンがバトルゾーンに並び、相手を圧倒するだろう。

 

今もなお強大な力を持つカードがやり過ぎなくらい収録された「デュエル・マスターズ」史上最も豪華なパック、それが「ファイナル・メモリアルパックE1・E2・E3編」なのだ。

 

ちなみにデッドマン、デドカミチャンネル「ファイナル・メモリアルパック E1・E2・E3編」にてまさかの全敗である。次の「ファイナル・メモリアルパック DS・Rev・RevF編」での活躍に期待したいところである。