1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編13~

コロコロチャンネルその13。《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》の可能性に迫る。

 

www.youtube.com

 

 

コロコロカーくんお気に入りの種族、それはサバイバ―。動画では様々なカードを使うようになっているが、それでも彼のサバイバ―に対する愛は収まらない。今回は新たなサバイバ―をデッキに投入し、更なる強化を試みたようだ。

 

対するデッドマンが使用するのは、前回辛酸をなめることとなった《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》。今回はコンボデッキを作り上げてコロコロカーくんに一発かましにやってきたようだ。

 

果たしてデッドマンは前回の雪辱を晴らすことができるのか。先攻コロコロカーくんでデュエマスタート。

 

《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》を使用する場合、何にしてもマナ加速が最初の第一歩となる。デッドマンは《フェアリー・ライフ》や《フェアリー・シャワー》で黙々とマナを伸ばす。

 

一方のコロコロカーくんはサバイバ―である《猛毒モクレンβ》を召喚。こちらは攻撃しつつマナ加速も同時に行いデッドマンを追いつめていく。

 

そうこうしている内にコロコロカーくんはサバイバ―デッキの新戦力《俊速のアタカマイトβ》を召喚。《俊速のアタカマイトβ》が存在する限り、コロコロカーくんのシールドにいるサバイバ―は全てS・トリガーとなるのだ。

 

そうこうしている内にバトルゾーンにいるサバイバ―の数が増え、攻めにくくなるデッドマン。しかし、デッドマンも既にキーカードを確保しているのだ。その1つが《Dの機関 オール・フォー・ワン》である。

 

デッドマンの後攻5ターン目、事前に《飛散する斧 プロメテウス》で回収した《Dの機関 オール・フォー・ワン》を展開する。さらに次のターンにデッドマンは呪文《イッツ・ショータイム》を唱える。

 

《イッツ・ショータイム》は相手に手札から好きな数のクリーチャーを出させ、その後に自分は相手が出した最もコストの高いクリーチャーよりも高いコストを持つクリーチャーを「召喚」することができる。

 

《イッツ・ショータイム》の効果でコロコロカーくんは手札からコスト3のクリーチャー《猛毒モクレンβ》をバトルゾーンに。この場合デッドマンは手札からコスト4以上のクリーチャーをタダで召喚できるのだ。

 

デッドマンが召喚したのはコスト10の《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》。その召喚時効果が発動する時、デッドマンが仕組んだ仕掛けが動き出す。

 

デッドマンは《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》召喚時、《Dの機関 オール・フォー・ワン》のDスイッチを発動。これによって《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》の召喚時能力が2回連続で発動する。

 

これが何を意味するかというと、1回目の効果解決で《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》以外のクリーチャーが一掃され、2回目の能力発動によって《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》のエクストラウィン条件が達成されるということだ。

 

ただ出して殴るだけに留まらない《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》の可能性を見せつけたデッドマンであった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:6分11秒 + 20分48秒 + α

 

《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》は出して殴るだけでも高い効果を発揮できるが、その特殊勝利条件の達成を前提としたデッキでも非常に高い効果を発揮する。

 

ただし、《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》の効果は「召喚時」にのみ反応する。「バトルゾーンに出た時」とは微妙に異なるので注意。この点は各種ゼニスや《時の法皇 ミラダンテⅫ》のファイナル革命効果などにも関わってくるので覚えておきたい。

 

いち早い《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》を召喚を実現するカードや1枚の《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》でエクストラウィンを狙えるコンボなど。《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》はマナさえ溜まれば無限の可能性を発揮するカードである。是非一度《ジョリー・ザ・ジョニーJoe》を使ったデッキ作りに挑んでほしい。