1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日の「ファイアーエムブレムダイレクト」*1(2017/01/19)

2017年1月19日に放送された「ファイアーエムブレムダイレクト」をご紹介。この記事は動画を見たあとの振り返りにでもどうぞ。

 

www.youtube.com

 

 

 

みなさん、こんにちは。

ファイアーエムブレムダイレクト」をご覧いただき、ありがとうございます。 

今回ナレーションを務めるのは声優の子安武人さん新世紀エヴァンゲリオン青葉シゲル役やONE PIECEの青雉/クザン役、ジョジョの奇妙な冒険ディオ・ブランドーおよびDIO役で知られる声優である。

今回の『ファイアーエムブレム』シリーズでも様々な役で出演しており、それが縁となってナレーションに抜擢されたようだ。

 

ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』

www.youtube.com

まずはニンテンドー3DSから発売されるシリーズ最新作ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』の紹介から始まる。本作はファミコン版で発売された『ファイアーエムブレム 外伝』を現代流にリメイクした作品であり、『外伝』特有のシステムを継承しつつ、シリーズ初のフルボイス、アニメーションなどの新たな試みが行われている。

 

シリーズの中でも少し変わった雰囲気を放っていた『外伝』だが、実はシリーズの原点とも言える『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』および『ファイアーエムブレム 紋章の謎』の舞台とは地続きで構成されている。これらの作品を遊んでおくと何かニヤリとできる要素があるかもしれない。

 

そんな『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』は2017年4月20日より発売される。特典の付いた限定版や2017年1月23日オープン予定のマイニンテンドーストア特別版なども販売されるようだ。Nintendo Switchの予約販売も含め、マイニンテンドーストアの今後から目が離せない。

限定版などの詳しい情報は公式チャンネルにてチェック。

 

www.nintendo.co.jp

 

 

 

ファイアーエムブレム 0(サイファ

また、トレーディングカードゲームファイアーエムブレム 0(サイファ)』第9弾にも『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』のキャラクターが参戦します。

今回の『外伝』プッシュに伴い、シリーズ作品によるカードゲーム『ファイアーエムブレム 0(サイファ)』の最新弾ではファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』のキャラクターが登場する。他にも『封印の剣』を題材とした漫画作品『覇者の剣』がピックアップされるとのこと。他にもいくつかの作品からキャラクターが登場する第9弾は2017年6月に発売される。

 

 

Nintendo Switch 完全新作

ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』は、過去のシリーズ作を現代に蘇らせたタイトルですが現在……

 過去作品のリメイクを行いつつ、完全新作の制作も行われているようだ。Nintendo Switchで発売されるシリーズ最新作を、期待して待とう。なお据置機としての『ファイアーエムブレム』は2007年に発売された『ファイアーエムブレム 暁の女神』以来となる。2018年発売を目指しているとのことなので、こちらは気長に待とう。

 

 

ファイアーエムブレム 無双』

最近の『ファイアーエムブレム』というと、まもなく配信されると予想されるスマートフォンと、先日の「Nintendo Switch  プレゼンテーション 2017」で発表されたファイアーエムブレム無双』。この2作品が話題になっている。

まずはその中でも『ファイアーエムブレム無双』のPV完全版が公開された。

 

www.youtube.com

ファイアーエムブレム無双』はNintendo Switchだけではなく、Newニンテンドー3DSの発売も行われる予定となっている。『ゼルダ無双』の制作チームがお届けする『ファイアーエムブレム無双』は2017年秋に発売予定である。

 

Newニンテンドー3DSニンテンドー3DSから色々とアップグレードした携帯機型ハード。本作はニンテンドー3DSおよびニンテンドー2DSでは遊べない可能性があるので注意。詳しい違いは下のページを見ると良いだろう。

本体を比較する|ニンテンドー3DSシリーズ|Nintendo

 

 

ファイアーエムブレム ヒーローズ』

それでは、次のタイトルを紹介します。こちらをご覧ください。

 

www.youtube.com

残るはスマートフォン向けに配信される作品。まずはPVが公開されてタイトルも明らかになった。タイトルはファイアーエムブレム ヒーローズ』。ロールプレイングシミュレーションとしての『ファイアーエムブレム』はそのままに、スマートフォンで新たな物語が紡がれる。

 

あらゆる異界の支配を目論むエンブラ帝国と、それに抗うアスク王国。プレイヤーは歴戦の英雄たちの力を借り得る「召喚師」となって、滅亡の危機に瀕しているアスク王国を救う戦いに身を投じる――。というのが大まかなストーリー。

本作オリジナルのキャラクターを軸に、過去作品で登場した英雄たちが敵味方入り乱れて戦うことになる。

 

 

戦略性の高いバトル

スマートフォンの1画面にピッタリ収まる8マス×6マスのマップで、ちょっとした空き時間でも手軽で本格的なシミュレーションゲームを楽しめます。

ゲームの特徴はこれまで登場したシリーズ作品と大きく変わらない。8×6マスに収まったフィールドが舞台なのでお手軽感アップ。マップが小さい分、詰将棋のような感覚で楽しめるだろう。

 

マップは小さいがしっかりと『ファイアーエムブレム』らしさが出ており、様々なマップが登場する。地形を上手く活用して自軍を勝利に導こう。

 

ところで、英雄の上に何か「マーク」が付いていることに、お気づきでしょうか。

「槍は剣に強く、剣は斧に強く、斧は槍に強い」。シリーズお馴染みの「3すくみ」の法則も健在。本作は武器と魔法に3つの属性があり、それらが3色に色分けされている。ちなみに、本作では弓や暗器などは「無属性」として扱われるようだ。杖でぶん殴るのか、杖も無属性として扱われる。

 

英雄召喚

英雄たちは「オーブ」と呼ばれるアイテムを使用して、英雄召喚を行うことで仲間にすることができます。

 「英雄召喚」――。とても端的な表現をすれば「ガチャ」である。英雄召喚に必要なオーブはストーリーを進める、あるいはショップで追加購入することで手に入る。

 

召喚時はランダムで5つの召喚石が現れる。色に応じた英雄を召喚することができるので、お目当ての英雄や必要な属性に応じて選ぶと良いだろう。

連続で召喚すると必要なオーブの数が少なくなっていくので、ちまちま召喚するよりはドカンと一発、派手に召喚する方がお得である。

 

私は“あの剣士”が欲しいので「赤」を選びます。 

どうやらナレーションがお目当てとする英雄は剣士のようだ。その場合は剣使い・炎魔法の英雄を召喚できる赤の召喚石を選ぶことで召喚できる。 

 

これ以降、ナレーションが荒ぶることがあるが、その場合は大抵ナレーションの推しキャラクターとなっている。

 

表示される星の数は英雄の強さによって異なります。

 同じ英雄でも強さが異なることがあるようだ。その強さの違いは星の数(レアリティ)となって表れる。星の数が多いとステータスとしての強さはもちろん、スキルも強力になる。

 

しかし、どんなに強い英雄も、レベルが低い内は活躍させることは難しい。そのため、戦いを通してレベルを上げ、鍛える必要がある。

ちなみに、戦闘中に倒れた場合は戦闘終了後に復帰する。シリーズ作品でお馴染みの「失った仲間は二度と帰ってこない」という要素は初めから無いのでご安心を。

 

英雄強化

本作には、本編のストーリー以外にも多くの経験値が得られる「修練の塔」など、たくさんのモードがあります。

ストーリー以外にも育成の場はたくさん用意されている。経験を積むことで新しい武器を手に入れたり、バトルで大きな効果を発揮する「奥義」を習得することができる。

とくべつな素材を使うことで英雄を覚醒させることが可能。覚醒するとなんと星の数が増える。つまりは英雄の強さを高レアリティ相応に底上げすることができるのだ。

 

ロンクーよ、強くなったな…… 

 

英雄戦

ナバールナバールじゃないか!? 目を覚ますんだナバール! 

よーしわかった、我がロンクーでお前を救ってみせる!!

 英雄戦では、強敵として立ちはだかる英雄と戦うことができる。勝利すればその英雄が仲間に加わるので、お目当ての英雄を手にするチャンスとなるかもしれない。

 

配信日

お気に入りのロンクーやナバールと! ……おっと失礼。 

お気に入りの英雄と共に様々な戦いに挑み、成長していく――。『ファイアーエムブレム ヒーローズ』は近日配信予定です。

 そんな『ファイアーエムブレム ヒーローズ』はAndroid版は2017年2月2日配信。iOS版の配信は決まり次第お知らせ…… とダイレクトでは発表されたが、Android版と同日の2017年2月2日配信されることに決定した。公式サイトもオープンしてるので、そちらを確認しつつ配信日を楽しみにしてほしい。

 

t.co

 

 

今日から始まること

来月から『ファイアーエムブレム ヒーローズ』、春には『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』、夏は『ファイアーエムブレム 0(サイファ)』、秋の夜長のお供に『ファイアーエムブレム無双』。そして2018年には完全新作と、2017年からは『ファイアーエムブレム』尽くしとなっている。

さらに、今日から始まることが2つある。

 

LINEスタンプ

可愛くデフォルメされた英雄たちが、あなたの気持ちをきっと代弁してくれることでしょう。

まずはLINEスタンプ。シリーズ作品の中から『暗黒竜と光の剣』『蒼炎の軌跡』『覚醒』『if』といったシリーズ作品のキャラクターがLINEスタンプとなって登場である。

ファイアーエムブレム 絆スタンプ」は1セット40個で2017年1月19日から配信開始。価格は240円または100コインでお求めできる。

 

 

英雄総選挙

そして、同じく本日から『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の配信直前キャンペーンとして、シリーズ作のキャラクターたちから好きなキャラクターに投票する「ファイアーエムブレム ヒーローズ 英雄総選挙」を開催します。

これまでの作品の登場した全てのキャラクターが対象のファイアーエムブレム ヒーローズ 英雄総選挙」が2017年1月19日より開催された。

男女別に集計を行い、見事1位に輝いたキャラクターが総選挙バージョンとして『ファイアーエムブレム ヒーローズ』に登場するそうだ。

 

投票は誰でもできるが、ニンテンドーアカウントを持っている場合は、マイニンテンドーの特典と交換できるプラチナコインがプレゼントされる。投票は下記のページから行うことができるので、今すぐ投票に向かおう。

 

events.fire-emblem-heroes.com

 

 

まとめ

こうして、約20分に渡る「ファイアーエムブレムダイレクト」は幕を下ろした。事前の情報では「スマートフォン向けの情報を中心に」と言っていたような気がするが、他の分野でも十分豪華な内容だった。特に『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』と2018年に発売する完全新作が待ち遠しファンも多いだろう。

 

来たる新作ラッシュを前に『ファイアーエムブレム』シリーズを遊んでみたい、と思った人は、是非シリーズ最新作ファイアーエムブレムifを一度手に取って遊んでほしい。過去に発売されたソフトもWiiUのバーチャールコンソールで配信されているので、そちらも遊べる環境があれば購入して遊ぶといいだろう。

 

これから始まる『ファイアーエムブレム』に、乗り遅れないようにしたいところである。