1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*5(2016/01/16)『マリオカート64』 AI走行・公認eスポーツ施設…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。無事終了。

 

 

 

jp.automaton.am

とあるエンジニアの気まぐれで、新たな人工知能を用いた試みが行われた。カナダのEコマース会社で働くKevin Hughes氏マリオカート64』をAIに走らせることに挑戦したようだ。

挑戦の中で紆余曲折はあったが、最も基本的なコース「ルイージサーキット」を走破することに成功。続いて「マリオサーキット」の走破にも成功しており、現在ではその気になれば全コース走破することも不可能ではないらしい。

今回作られたAIプログラムは「TensorKart」と名付けられ、ソースコード管理サービスであるGitHubで公開されている。興味があり知識がある人は一度触れてみてはいかがだろうか。

 

www.famitsu.com

まず、 日本eスポーツ協会を知っている人はどれくらいいるだろうか。いざ知ったとしても何をやっているのか分からない人もいるだろう。

福岡・再バック博多駅前店にて開店する「iGS ARENA in サイバック博多駅前店」は日本初となる公認eスポーツ施設である。今後は日本でのeスポーツ発展を目指して様々な催し物を行っていくとのことである。

福岡に出来た公認eスポーツ施設。興味を持った人は足を延ばしてみてはいかがだろうか。2017年1月16日よりオープンイベントを、2017年1月29日よりオープンイベントが実施されるので合わせてチェックして欲しい。

 

www.inside-games.jp

Nintendo of Americaで放送された「Nintendo Treehouse Live with Nintendo Switch」。放送内では宮本茂さんが登場し、スーパーマリオ オデッセイ』に関するコメントを行った。

スーパーマリオ オデッセイ』はゲームキューブで発売された『スーパーマリオ サンシャイン』以来となる箱庭探索型3Dアクションゲームの最新作。

これまで初心者向け路線を徹底してきた『マリオ』シリーズだが、最近では『スーマーマリオメーカー』や『スーパーマリオラン』といったソフトが好評を博しているため、このタイミングで「ガッツリ遊べるマリオ」を作ろうとしたのが出発点になっているそうだ。

2017年冬に発売される『スーパーマリオ オデッセイ』を期待して待とう。

 

dengekionline.com

2017年2月11日・12日にかけて開催されるゲームの祭典「闘会議2017」。今年も様々な催し物が開催されるのだが、今回はNintendo Switchの体験ブースが設置されるそうだ。体験できるのは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』、『ARMS』の3作品。

主に本体同時発売ソフトやその近日に発売されるソフトが体験できるようになっている。発売日を3週間後に備えた段階で一足早くNintendoSwitchを遊べるチャンスである。先日行われた体験会に参加できなかった人はこちらを検討してみると良いだろう。

 

www.itmedia.co.jp

2017年1月13日、Microsoftは今春実施予定の次期大規模アップデート「Creators Update」で行われるゲーム関連の新機能に関する説明を行った。

新たに追加される機能は「実況機能」。ゲーム実況サービス企業であるBeamを買収したことで今回の新機能が実現した。詳しいアップデート時期は未定だが4月に行われる可能性が示唆されている。

PCゲームで気軽に実況出来るようになると思われるので、これを機に実況プレイを考えてみるのも良いかもしれない。

 

 

本日はここまで。