読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~デッキLv.マックスパック04~

デッキLv.マックスパック4週目。多数のクリーチャーによる組織犯対決。

 

www.youtube.com

 

 

今回カミ畑神三郎が容疑者として連れてきたのは光と水の革命チェンジデッキ、つまりドレミ団のデッキである。光文明というと犯人臭がやや薄いが、そういうところにこそ犯人が潜んでいる、ということだろうか。

一方でデド泉君が連れてきたのは昔の友人こと《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》。闇文明といういかにも怪しそうなカードだが、果たして彼が真犯人なのか。

 

はたして真犯人はどちらなのか、先攻デド泉君でデュエマスタート。

 

デド泉君のデッキは「破壊」に特化したデッキ。《地獄の門番 デスモーリー》や《死神の邪剣デスライオス》による除去で、デド泉君はカミ畑神三郎にクリーチャーの展開を許さない。その間にデド泉君は切札を確保して、一気にバトルゾーンを制圧する戦術のようだ。

 

対するカミ畑神三郎は革命チェンジを駆使するデッキ。革命チェンジにはバトルゾーンのクリーチャーが不可欠であり、デド泉君の破壊戦術による妨害が続く限り革命チェンジは難しそうだ。

 

何とか一度は革命チェンジで《音精 ラフルル》を場に出したが、それも《死神の邪剣デスライオス》によって瞬く間に破壊されてしまう。

 

そうこうしている内にデド泉君は当初の企み通り、切札にして今回の容疑者《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》を召喚したのであった。

 

《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》は相手のクリーチャーを破壊するたびに自身の山札をシャッフルして、山札の上から1枚目を表向きにする。それがデーモン・コマンドであればタダでバトルゾーンに出せる能力を持っている。

 

そしてデド泉君のデッキには破壊の効果を持つデーモン・コマンドが大量に投入されている。一度動き出せば破壊とただ出しが延々と続くという、まさに闇文明に相応しい地獄絵図が展開されるというわけだ。

 

しかし、これらの動きは「相手クリーチャーを破壊すること」が大前提となる。そしてこのターン、デド泉君はカミ畑神三郎が召喚した《音精 ラフルル》を破壊できずにターンを終えている。

 

その隙を見逃さず、カミ畑神三郎は破壊されることなく生き残った《音精 ラフルル》から《大音卿 カラフルベル》へと革命チェンジを決めたのだった。

 

なんと《大音卿 カラフルベル》は登場時、次の自分のターンまで自分のクリーチャーを破壊から守る効果を持っているのだ。自身の戦術を根底から覆す容疑者に、デド泉君は驚きを隠せない。

 

その次のターンも《大音卿 カラフルベル》から《大音卿 カラフルベル》への革命チェンジが決まり、デド泉君の破壊戦術は封じられたままである。

 

まさに1ターン遅れの時効だったと言えるだろう。シールドがなくなり、追いつめられたデド泉君は果敢にもシールドブレイクで悪あがき同然の攻勢に出る。しかし、1枚目のシールドから現れた《終末の時計 ザ・クロック》がデド泉君の時を完全に止めたのだった。

 

勝者:カミ畑神三郎

所要時間:7分36秒 + 22分9秒 + α

 

今回の犯人は《大音卿 カラフルベル》をはじめとした組織犯であることが判明した。《大音卿 カラフルベル》は登場時効果で自身のクリーチャーに破壊されない効果を与える。破壊以外の除去には弱いが攻撃と防御を両立した強力なクリーチャーである。

そんな《大音卿 カラフルベル》をはじめとしたドレミ団の革命チェンジ戦術を支えるカードがてんこ盛りで収録されたのが「ルシファーのタイムストップ革命チェンジパック」だ。

 

一方でデド泉君が連れて来た容疑者候補はデーモン・コマンドと自身のクリーチャーを復活させる《復活の審判者 シヴァラーク》による破壊&復活計画を企てていたようだ。破壊することで《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》の能力を発動させ、自身のクリーチャーは《復活の審判者 シヴァラーク》で復活させる。今回は未遂に終わったが一度動き出せば一方的な犯行が可能になるだろう。

そんな破壊をもたらすカードが多数収録されたのがコジローの「悪魔の復活戦略パック」である。なお、今回のパックには《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》は収録されていないので悪しからず。

 

次週はいよいよデッキLv.マックスパック最終週。最後の真犯人、及び容疑者候補も見逃さないようにしたい。