読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*4(2016/12/22)ポケモンジェネレーションズ・Pokemon Prism 公開中止…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。一応仕事納め。

 

 

 

www.inside-games.jp

ゲームの一場面を映像化したポケモンジェネレーションズ』。その新しい日本語版が公開された。

今回公開されたのはエピソード10からエピソード12。ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』で描かれた場面が映像化されている。

今回はストーリー上で描かれていた部分に加えて、「もりのようかん」というゲーム上では謎の建物だったところにも焦点が当てられている。これを機に再び『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』を遊んでみるのも一興だろう。

 

jp.automaton.am

8年の歳月をかけて作られたポケモンのファンメイド作品「Pokemon Prism」の公開が中止された。…… どこかで聞いたような話である。

ポケモンファンが作った非公式作品「Pokemon Uranium」の開発とサポートが終了

もともとはクリスマスの2016年12月25日に公開予定だった「Pokemon Prism」だが、ニンテンドー・オブ・オーストラリアの法務部によってリリースが差し止められる事態となった。

なお、当の制作者であるAdam氏はTwitter上にて今回の公開中止に関するコメントを残している。

ちなみにAdam氏が製作したポケモンのファンメイドゲームには「Pokemon Brown」があったが、そちらも公開が停止された。両ソフトともゲームボーイ版『ポケットモンスター』のデータを用いたROMハッキングソフトであり、それに加えて非公式なファンメイド作品である点が今回の一件を招いたと言える。

慎重に立ちまわろうと今回の結末は避けられなかっただろうが、それにしても似たような例が最近起きただけに、もう少し考え直すことも出来ただろう。

それに加えて、Adam氏はニンテンドー・オブ・オーストラリアから送られてきた差し止めを要請する文書を公開している。ニンテンドーが持つ知的財産に関する考えなどを伺うことができる文面となっているので、気になる人はそちらも見てほしい。

 

wpteq.org

日本で展開されているコンシューマゲーム機の中ではイマイチ影が薄い「Xbox One」。「Playstation VR」や「Nintendo Switch」で沸き立つ傍ら、これといった大きな動きがないのが何とも言えない状況になっている。

そんなXbox Oneを世に送り出しているMicrosoft。そのMicrosoftが発売したゲームソフトの売上ランキングが発表された。

1位に輝いたのは多くのハードでリリースされた名作『Mine craft』WiiUエディション。2位はなんと2006年12月7日に発売されたブルードラゴンがランクインする結果となった。

この場合、『Mine craft』の人気をほめるべきなのか、『Blue Dragon』から何も進歩していない点に頭を抱えるべきなのか、コメントに困るランキングになってしまっている。

 

natalie.mu

藤子・F・不二夫先生の名作ドラえもん。現在もアニメが放送され続けており、多くの人から愛される圧倒的な知名度を誇る漫画作品である。

その『ドラえもん』の漫画が2016年12月22日から2017年1月6日にかけて無料公開されることになった。公開されるのは作中で正月をテーマとしたお話になるようだ。

今年の大みそかにはアニメの大みそかスペシャルが放送され、藤子・F・不二雄ミュージアムにて限定公開されていたドラえもんパーマン危機一髪!?」が放送される模様。「ドラえもんパーマン危機一髪!?」が地上波で放送されるのはこれが初のことになる。

さらに、パーマン」の1巻も2016年12月22日より無料配信が行われている。正月は『ドラえもん』『パーマン』と共に過ごしてみてはいかがだろうか。

 

 

本日はここまで。