読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編11~

コロコロチャンネルその11。禁断がドラゴンに新しい力を授ける?

 

www.youtube.com

 

 

今回、デュエルの夢の国からやっていたデッドマン。そんなデッドマンが少し早いクリスマスプレゼントなのか、夢のあるデッキを片手にコロコロチャンネルにやってきたようだ。

 

その気になる夢のあるデッキとは、《禁断 ー封印されしXー》を使ったドラゴンタダだしデッキ。強力なドラゴンを禁断と掛け合わせることで驚きのタダだしギミックが表れるというが、果たしてそのやり方とは?

 

一方でコロコロカーくんはお馴染み《時の法皇 ミラダンテⅫ》のデッキで迎え撃つ。

 

果たしてデッドマンはその衝撃ギミックを披露することができるのか。先行デッドマンでデュエマスタート。

 

デッドマンのマナゾーンに置かれるカードは《ニコル・ボーラス》や《偽りの王 ヴィルヘルム》といった超強力なドラゴンたち。しかし、デッドマンはあまりマナゾーンに置きたくないようだ。

 

では、「どこに」ドラゴンがあると都合が良いのだろうか。謎が深まるばかりである。

 

一方でコロコロカーくんは《タイム1 ドレミ》から《音精 ラフルル》への革命チェンジを決めて軽快な立ち上がりを見せる。積極的に攻めて手早くデッドマンを倒したいところだ。

 

しかし、デッドマンの先攻4ターン目。戦術の要となる呪文《爆流忍法 不死鳥の術》を唱える。

 

《爆流忍法 不死鳥の術》は自分のバトルゾーンにある「カード」を2枚墓地に送り、その中から火の進化ではない「クリーチャー」をバトルゾーンに出せる。

 

そう、最初に墓地に送るカードはなんでもいいのだ。そしてデッドマンのバトルゾーンには《禁断 ー封印されしXー》とそれを封印する6枚のカードがある。

 

デッドマンは《禁断 ー封印されしXー》を封印するカードを2枚墓地に送り、その中から《ニコル・ボーラス》をバトルゾーンに登場させる。そして《ニコル・ボーラス》の効果でコロコロカーくんの手札を全て捨てさせたのだ。

 

呪文1枚で封印からドラゴンをタダだしする。これがデッドマンが用意した夢のあるギミックである。封印のカードを使うためやや不安定だが、破壊力は抜群である。

 

唐突に現れた大型クリーチャーに動揺を隠せないコロコロカーくん。手札も乏しい状態では大きく動くことができない。

 

《ニコル・ボーラス》の攻撃時能力でバトルゾーンを制圧していく中、デッドマンは《ドンドン吸い込むナウ》で新たなキーカードを引き込もうとするが、中々出てきてくれない様子。対するコロコロカーくんも《エナジー・ライト》や《レインボー・スパーク》といったドロー呪文で態勢を立て直していく。

 

バトルゾーンを制圧する中で、一度はコロコロカーくんのS・トリガー《青寂の精霊龍 カーネル》に肝を冷やしたデッドマンだが警戒していた革命チェンジを発生しないままターン終了。

 

山札に必要なカードがないと判断したデッドマンはプラン変更。《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を召喚して一気に決着をつけることに。

 

頼みの綱であるS・トリガーは《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》によって、ブロッカーである《青寂の精霊龍 カーネル》は《ニコル・ボーラス》によって焼き払われたコロコロカーくんには抵抗する術が残されていなかった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:7分46秒 + 20分55秒 + α

 

このように《爆流忍法 不死鳥の術》は封印と抜群の相性を誇るカードとなっている。運が絡むものの火のクリーチャーを墓地に送ることができれば、そのままバトルゾーンに出すことができるのだ。

 

また、既に出したクリーチャーと組み合わせることで火文明の《フォース・アゲイン》に近い使い方をすることも可能である。これらの動きがコスト5の呪文で実現できるようになったため、今後は警戒する必要があるだろう。

 

ちなみにデッドマンが《ドンドン吸い込むナウ》で引き込みたかったのは2枚目以降の《爆流忍法 不死鳥の術》。しかし残る3枚はシールド及び封印に配置されていたようだ。

 

手札と山札以外に《爆流忍法 不死鳥の術》が置かれる可能性、封印に火のクリーチャーが配置されているか、禁断開放後の立ち回り…… といった具合で不安定な要素は大きいが、コスト5の呪文としては破格の効果を秘めているのがわかるだろう。

 

これまでのドラゴンタダだしデッキとは大きく異なるデッキ攻勢が求められるので、興味がある人は《爆流忍法 不死鳥の術》を使ったデッキ作りに挑戦してほしい。

 

革命ファイナル最終章「ドギラゴールデンVSドルマゲドンX」には《爆流忍法 不死鳥の術》以外にも封印すら有効活用するカードが他にもある模様。そちらも合わせて封印の活用方法を調べてみるもの良いだろう。