1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*3(2016/12/11)3DSバグ調査・悪魔のリドル 完結…… etc

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。週末の憂鬱。

 

 

 

www.inside-games.jp

2016年12月10日、配信間近の『Super Mario Run』を遊ぶにはインターネット環境が必須であることが明らかになった。いくつかのモードがインターネット接続必須であることや著作権保護の観点から鑑みた結果であるという。

このように、任天堂著作権侵害に関して非常に神経質である。それはスマートフォン向けゲームであっても家庭用ゲーム機であっても変わらない。

任天堂ニンテンドー3DSに関する脆弱性の調査に乗り出したようだ。海外にてニンテンドー3DSに関するバグ発見者に対して報奨金を支払う模様。

バグの詳細なレポートを英語で書く必要があるので日本人からすれば機会が限られる話である。興味がある人はバグ調査に乗り出してみるのも悪くないだろう。

 

「スーパーマリオ ラン」はプレイするのにインターネット接続が必要 - SUPER MARIO RUN

Nintendo: Bug Bounty Program - Get Rewards through HackerOne

 

webnewtype.com

悪魔のリドルは作画を南方純氏、原作を高河ゆん氏が担当する学園アクション漫画である。2012年4月にはアニメ化されている。2016年11月号の月刊ニュータイプで無事完結を迎え、コミック最終巻となる第5巻が2016年12月10日に発売された。

その『悪魔のリドル』の完結を記念して、扉絵などで描かれていたカラーイラストポスターとして販売されることになった。サイズはA3かA2、販売は2016年12月10日から2017年3月10日まで行われる。

気になるイラストがあれば購入するのも良し、完結を記念して一気読みするのも良しだろう。

 

www.inside-games.jp

ドラゴンクエスト』シリーズ最新作となる『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が最初に発表されたのは2015年7月のことになる。発表から1年以上経過した現時点で新情報に乏しい状態が続いていたが、2016年12月17日から18日にかけて開催される「ジャパンフェスタ」にて続報が発表されることになった。「ドラクエ30周年」に相応しいイベント内容になるとのことであり、最新作にも期待が寄せられている。

これまでに判明した情報は上記の記事にまとめられているので。まずはこれまでの情報を整理しておくといいだろう。

 

 

本日はここまで。