1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ドギラゴールデンVSドルマゲドンX03~

ドギラゴールデンVSドルマゲドンX3週目。更なるゲストが登場。

 

www.youtube.com

 

 

今回は「革命ファイナル」で登場したカードによる戦いが繰り広げられる。限定構築戦と聞いて血が騒いだのか、今年の夏にゲスト出演したK.BLUEが再びデドカミチャンネルにやってきてくれた。

 

今回は引き続き出演するえじまを交え、えじまとK.BLUEという豪華ゲスト2人によるマッチングが実現したのであった。

それに加えて先週まで猛威を振るっていたゲキカラシュークリームも続投。敗者が1つ選択し、残った1つは隣で応援している人が食べることになる。

 

果たしてシュークリームを食べるのはどちらになるのか、先行えじまでデュエマスタート。

 

両者共にマナチャージに専念する序盤が続く中、K.BLUEは《トップ・オブ・ロマネスク》を召喚し、かたやえじまは《ブレイン・タッチ》を唱える。

 

どうやらK.BLUEはマナ加速を重視したデッキで、えじまは手札破壊+ドローで優位に立つデッキのようだ。両者の対照的な戦術が明らかになっていく。

 

さらにえじまは先行6ターン目、《ブレイン・タッチ》と《裏切りの魔狼月下城》を立て続けに唱えて一気にK.BLUEの手札を詰めていく。

 

しかし、選択肢が少なくても今引きから強力な一手を刺せるのがマナ加速デッキの強み。K.BLUEは後攻6ターン目に《蒼き団長 ドギラゴン剣》を引き当てて、バトルゾーンにいる《トップ・オブ・ロマネスク》からの革命チェンジで勝負に出る。

 

K.BLUEは《蒼き団長 ドギラゴン剣》のファイナル革命能力でマナゾーンから《音精 ラフルル》を呼び出しつつシールドをT・ブレイク。《音精 ラフルル》によって呪文のS・トリガーを封じつつ一斉攻撃を仕掛ける。

 

しかし、S・トリガーは呪文だけではない。S・トリガーを持つクリーチャー《アクア・サーファー》がえじまのシールドから飛び出し、K.BLUEの《蒼き団長 ドギラゴン剣》を追い返してしまう。

 

《蒼き団長 ドギラゴン剣》の攻撃でK.BLUEの猛攻は終了。さらにえじまは間髪入れずに《第三種 ベロリンガー》を召喚、K.BLUEの《蒼き団長 ドギラゴン剣》を容赦なく墓地に送り込む。

 

一度手札を与えた以上は一気に勝負を付けたいK.BLUE。後攻7ターン目にK.BLUEはバトルゾーンにいるクリーチャーで一斉攻撃を仕掛け、えじまのシールドを全てブレイクする。

 

一度はえじまを追いつめたK.BLUEだったが、えじまが展開した《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》によって再び勝利が遠のいてしまう。《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》のDスイッチ効果でえじまは手札からシールドを2枚追加する。

 

めげずに攻撃を続けるK.BLUEだったがS・トリガー《ゴースト・パイレーツ》で返り討ち、そのままバトルゾーンを一掃されてしまう。

 

一気に勢いが削がれたK.BLUEだが、えじまのシールドは残り1枚。ここからは自身の引きの強さだけが頼りだ。

 

K.BLUEの後攻8ターン目、まずは自身の《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》でバトルゾーンにあるD2フィールドを張り替えつつ、《音階の精霊龍 コルティオール》を召喚してチャンスを待つ。

 

そうした中でもえじまの《ブレイン・タッチ》が容赦なく唱えられるが、思った以上に早くK.BLUEにチャンスが訪れる。

 

K.BLUEが引き当てたのは《百族の長 プチョヘンザ》。《音階の精霊龍 コルティオール》からの革命チェンジでえじまがコツコツ並べてきたクリーチャーたちを一掃する。

 

S・トリガー《ゴースト・パイレーツ》で一時をしのぎ、《ブレイン・タッチ》で再びチャンスが来るのを待つえじまだったが、更にK.BLUEが引き当てた《リュウセイ・ジ・アース》がそれを許さずダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:K.BLUE

所要時間:14分33秒 + 28分 + α

 

今回、手札破壊で相手の革命チェンジを許さないコントロールデッキを使用したえじまだった。しかしK.BLUEの《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》で革命チェンジの元となるクリーチャーを守りつつ《百族の長 プチョヘンザ》への革命チェンジを決める戦術が一気に戦況をひっくり返した。

 

注目すべきは両者共に使用していた《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》だろう。自分のクリーチャー全てに「エスケープ」を与えることができるのはやはり強力な能力である。Dスイッチも強力かつ展開したターンに使えるのもポイント。

 

数あるD2フィールドの中でもシンプルかつ強力な力を秘めたフィールドと言えるだろう。

 

そして試合後のお楽しみであるゲキカラシュークリーム。今回は敗北したえじまと応援していたデッドマンが食べることに。果たしてゲキカラシュークリームを引き当てたのはどちらなのか。

 

ゲキカラシュークリームと同じくらい体も心もアツくさせてくれる「RevF限定構築戦」。その戦いを『ドギラゴールデンVSドルマゲドンX』が更にアツくさせてくれるのは間違いないだろう。