読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編09~

デュエマ

コロコロチャンネルその9。今回は最新弾のカードを用いたガチンコ対決

 

www.youtube.com

 

 

今回はお互いに最新弾『ドギラゴールデンVSドルマゲドンX』のカードを用いた対戦。最新カードを用いてコロコロカーくんは《時の法皇 ミラダンテⅫ》のデッキをさらにパワーアップさせたようだ。対するデッドマンは新カード《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を活用したデッキを使用。

 

お互いに最新弾のカードを活かした戦いができるのか。先行デッドマンでデュエマスタート。

 

今回は最新弾のカードを使ったコロコロカーくんとデッドマンの真剣勝負、故に両者ともに全力投球である。

 

コロコロカーくんの後攻4ターン目、前のターンに召喚しておいた《信頼の玉 ララァ》のコスト軽減効果を活用して《信頼の玉 ララァ》を《精霊龍王 ミラクルスター》に進化させる。

 

コロコロカーくんは僅か4ターン目にしてパワー12000のT・ブレイカーという大型クリーチャーをバトルゾーンに出し、デッドマンにプレッシャーをかけていく。

 

そのままコロコロカーくん《精霊龍王 ミラクルスター》でシールドをT・ブレイクするものの、デッドマンはS・トリガーを持ったD2フィールド《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を展開する。初となるS・トリガーを持ったD2フィールドの登場にコロコロカーくんは驚きを隠せない。

 

さらにS・トリガー《禁断V キザム》が登場。しかし、デッドマンはあえて《禁断V キザム》の効果で《禁断V キザム》自身を破壊してしまう。

 

この怪しげな動きの正体はデッドマンのターン始めに明かされる。

 

ターンの始めにデッドマンは《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》のDスイッチを発動させる。Dスイッチの効果は「お互いのバトルゾーンにあるクリーチャーを山札の下に送りつつ、お互いの墓地にあるクリーチャーを全て復活させる」という豪快なもの。

 

その効果でコロコロカーくんの《精霊龍王 ミラクルスター》は山札の下に送られてバトルゾーンに出てきたのはコロコロカーくんの《一撃奪取 アクロアイト》とデッドマンの《禁断V キザム》。《禁断V キザム》の効果で《一撃奪取 アクロアイト》を破壊して、デッドマンはバトルゾーンの主導権を取り返すことに成功する。

 

さらに、ここからデッドマンの恐ろしいD2フィールドコンボを披露する。

 

まずは《リロード・チャージャー》で2枚目の《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を墓地に送りつつ、《禁断V フィーダス》を召喚。《禁断V フィーダス》の効果でバトルゾーンにある《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を墓地にある《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》に塗り替える。これでデッドマンは再びDスイッチが使える体制を整えたのだった。

 

頃合いとなった先行8ターン目にデッドマンは再び《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》のDスイッチ発動。お互いのクリーチャーが山札の下に送られるとき、《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》のもう1つの能力が発動する。

 

その能力は自分のクリーチャーに「ウルトラ・セイバー:多色クリーチャー」を与えるというもの。これによってデッドマンは《単騎単射 マグナム》を身代わりに《禁断V フィーダス》を残す。

 

そしてお互いのクリーチャーを復活させる時に、まずはデッドマンのクリーチャーが全て復活し、次にコロコロカーくんのクリーチャーが復活する。この順序が今回のコンボでは重要な要素となる。

 

デッドマンは破壊したばかりの《単騎単射 マグナム》がバトルゾーンに戻っているので、コロコロカーくんの復活するはずだったクリーチャーは《単騎単射 マグナム》の効果で全て墓地に送られてしまうのだ。

 

さらに、デッドマンの墓地にはもう1体の《禁断V フィーダス》がいたので能力発動、《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を再び張り替える。Dスイッチを何度も繰り返し使用して相手のクリーチャーだけを一掃しつつ、こちらのクリーチャーを大量展開するのがデッドマンの《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を使ったD2フィールド張り替えコンボなのだ。

 

クリーチャーの数と《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》のDスイッチで圧倒的優位に立ったデッドマンは《Mの悪魔龍 リンネビーナス》を召喚して多色マナ武装発動。スピードアタッカーを得たクリーチャーで一斉攻撃を開始。

 

《単騎単射 マグナム》がいるのでコロコロカーくんのシールドにS・トリガー獣《終末の時計 ザ・クロック》がいようとおかまいなし。そのままデッドマンは《Mの悪魔龍 リンネビーナス》でダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:9分13秒 + 28分25秒 + α

 

《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》は豪快なリセット能力を持っており、自分の墓地が増えれば増えるほど得をするカードである。S・トリガーも持っているので奇襲性も持っている一方で、コスト7という重さが気になるところ。

 

今回デッドマンが使用したデッキは《禁断V フィーダス》で《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を何度も踏み倒すデッキ。コンボが決まれば相手のクリーチャーを一方的に除去し続けられる強力なデッキとなっている。

 

一方でコロコロカーくんは最新弾のカードを使うことなく敗北してしまった。動画の説明文によると《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》を活用したデッキだったようだ。

 

レジェンドカード以外も見どころ盛りだくさんな『ドギラゴールデンVSドルマゲドンX』は2016年12月16日発売である。革命ファイナルの超強力カードの力を、是非その手で確かめてほしい。