1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ドギラゴールデンVSドルマゲドンX02~

ドギラゴールデンVSドルマゲドンXその2。暴走する最終禁断の前に極限の力が立ちあがる。

 

www.youtube.com

 

 

前回勝利したにも関わらずゲキカラシュークリームを食べてしまったエジマゲドンX。今回も《終焉の禁断 ドルマゲドンX》のデッキを使用して今度はカミ神王子に挑戦状をたたき付ける。

 

一方でカミ神王子は《蒼き団長ドギラゴン剣》に関わるとあるカードを使用したデッキらしい。カミ神王子が言うには「驚きのギミック」が隠されているらしい。

 

今回も最終禁断が勝利するのか、それともカミ神王子の仕掛けが勝利に導くのか。そしてゲキカラシュークリームがどちらの手に。先行エジマゲドンXでデュエマスタート。

 

最初に動いたのはカミ神王子の後攻2ターン目、《風の1号ハムカツマン剣》を召喚して間髪入れずに《刀の3号 カツえもん剣》へ革命チェンジ。ハムカツ団らしいスタートダッシュで先制パンチをお見舞いする。

 

しかしブレイクしたシールドはS・トリガー《禁断V キザム》。エジマゲドンXは《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の左上の封印を外しつつ《禁断V キザム》の効果で《刀の3号 カツえもん剣》を破壊する。

 

序盤でリードを握るつもりが一気に不利になってしまったカミ神王子。さらにエジマゲドンXは《百発人形マグナム》を召喚してカミ神王子の革命チェンジを封じていく。

 

その後はエジマゲドンXの《S級不死 デッドゾーン》で《風の1号 ハムカツマン剣》を破壊したりカミ神王子の《革命の鉄拳》が《百発人形マグナム》を破壊するという、相手のクリーチャーを破壊する応酬が続く。

 

そんな中でエジマゲドンXが超次元ゾーンから呼び出して龍解した《魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ》の効果により、カミ神王子の《ゴーゴー・ジゴッチ》がエジマゲドンXのシールドをブレイクする。

 

しかし、ブレイクしたシールドはまたしてもS・トリガー《禁断V キザム》。これで《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の封印が3枚外れ、カミ神王子のバトルゾーンは空という絶体絶命の状況に。

 

しかし、カミ神王子はここで切り札を見せつける。まずは《リュウセイ・ジ・アース》を召喚して山札の上から表向きになった《革命の鉄拳》を手札に。

 

そして《リュウセイ・ジ・アース》がアタックする時に《蒼き団長 ドギラゴン剣》…… の裏に隠されていた《龍の極限 ドギラゴールデン》への革命チェンジがさく裂する!!

 

《蒼き団長ドギラゴン剣》の真の姿、それが《龍の極限 ドギラゴールデン》なのだ。まずは《龍の極限 ドギラゴールデン》の能力で《魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ》を超次元ゾーンに返しつつ、《龍の極限 ドギラゴールデン》が持つ「極限ファイナル革命」が発動する。

 

《龍の極限 ドギラゴールデン》の持つ極限ファイナル革命によって、エジマゲドンXは次のターンアタックできない状況に。攻撃自体は《暗黒鎧 ヴェイダー》がブロックしたものの、エジマゲドンXは次のターンにトドメを刺すことは出来なくなってしまった。

 

しかし、《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の封印は残り1枚。エジマゲドンXは《一撃奪取 ブラッドレイン》を《復讐 ブラックサイコ》に進化させることで最後の1枚を外したのであった。

 

《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の禁断爆発によって《終焉の禁断 ドルマゲドンX》が姿を現し、カミ神王子の《龍の極限 ドギラゴールデン》は封印されてしまう。

 

このターンは《終焉の禁断 ドルマゲドンX》自体は攻撃できるものの、他のクリーチャーが攻撃できないためエジマゲドンXはターン終了を宣言。

 

《龍の極限 ドギラゴールデン》によってわずかな時間を稼いだカミ神王子ではあるが、先ほどの《復讐 ブラックサイコ》で手札は空。最後の抵抗も《風の1号 ハムカツマン剣》によるアタックと《終焉の禁断 ドルマゲドンX》のダイレクトアタックに対する《革命の鉄拳》といったささやかな抵抗に終わったのであった。

 

勝者:エジマゲドンX

所要時間:10分37秒 + 28分30秒 + α

 

《龍の極限 ドギラゴールデン》はファイナル革命よりも強力でゲーム中1回しか使用できないというまさに「ファイナル級」の強さを誇る能力。相手のクリーチャーを除去しつつ攻撃を防ぐ攻防一体の切り札となっている。

 

ゲーム中で他の「ファイナル革命」を使用していないという条件があるため、他の「ファイナル革命」を使用する際には工夫が必要である。一方で革命チェンジ以外で登場した場合にも発動できるというメリットも存在する。

 

丁度コスト8なので《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》で呼び出すことも可能。革命チェンジに留まらない使い方を考えてみるのも面白いかもしれない。

 

そんなわけで見事2連勝したエジマゲドンX。ゲキカラシュークリームを無事回避できたのかは動画を見て確認してほしい。