読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*3(2016/11/20)

 その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。本日も記事少なめ。

 

 

 

www.famitsu.com

韓国で行われるゲームショウ「G-STAR」。今年は2016年11月17日より、釜山にある大規模ホールBEXCOにて開催中である。

日本のゲーム会社もいくつか出展しており、『ダンガンロンパ』シリーズなどを開発しているスパイク・チュンソフトも出展している。海外でも人気な『ダンガンロンパ』を通して韓国のゲーム史上やローカライズについて学ぶのも一興だろう。

スパイク・チュンソフトでは2016年1月12日にニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期が発売予定となっている。2017年1月19日に延期した『GRAVITY DAZE 2』も含めて、スパイク・チュンソフトの今後に注目である。

 

 

www.itmedia.co.jp

AIによるテーブルゲームの挑戦は、日本だと将棋が有名だがそれ以前にもチェスなどでも同じような試みが行われていた。他にも日本では囲碁も行われている。

囲碁は将棋よりも難解なルールや駆け引きが存在しており、AIが人間に勝つようになったのはつい最近のことだとも言われている。

そんな中でプロ棋士とコンピュータソフトが争う「第2回囲碁電王戦の第一局が2016年11月19日に行われた。勝負は20日、23日に行われる3番勝負の攻勢となっており、今回戦うのは趙治勲名誉名人と将棋対戦ソフト「DeepZenGO」

先日行われた第一局では趙治勲名誉名人が勝利したようだ。序盤こそ「DeepZenGO」が優勢だったようだが、中盤移行の思わぬ手に対抗しきれなかった模様である。

果たしてAIが囲碁で人間を出し抜くようになるのはいつになるのか。残る2戦の結果も楽しみである。

 

www.itmedia.co.jp

ネット炎上とは、意図するしていないに関わらずネット上で非難が殺到する状況を示す。現代社会では不用意な発言が炎上騒ぎになることもあり、警戒している企業も少なくない。

そんな中で損保ジャパン日本興亜などの3社が「ネット炎上対策サービス」なるものを設置した。Web上のモニタリングを始め、炎上した際には分析リポートなどを上げてくれるサービスとなっている。今までで類を見ない特殊なサービスであり、これまでの保険のように万が一の事態に備えて契約する会社も出てくるかもしれない。

 

 

本日はここまで。