1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ドギラゴールデンVSドルマゲドンX01~

ドギラゴールデンVSドルマゲドンX 1週目。禁断の星によるビッグバンがさく裂する。

 

www.youtube.com

 

 

前回の『輝け!デュエデミー賞パック』の勝負では4戦中2戦2敗という結果になったえじま。思うような戦績が出せず、落ち込んでいた彼に目を付けたのは噂の「最終禁断」。

 

えじまはエジマゲドンXとなり、再度デドカミチャンネルに殴り込み。エジマゲドンXは再びデッドマンとカミ神王子に挑戦状をたたき付けたのであった。対するデッドマンは、こんなこともあろうかと用意していた最新鋭の火・闇ドギラゴン剣のデッキで勝負に挑む。

 

さらに、エジマゲドンXは2個のシュークリームを用意。どちらかがゲキカラシュークリームとなっており、勝者が好きな方を選んで食べることができる。どうやら古来より伝わる伝統的な決闘法らしい。

 

果たして勝負の行方は如何に、そしてゲキカラシュークリームを食べるのはどちらなのか。デッドマンの《禁断 ー封印されしXー》とエジマゲドンXの《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》がバトルゾーンにセットされ、先行デッドマンでデュエマスタート。

 

先行を奪取して好調に見えたデッドマンだったが、どうやら手札の調子は芳しくない模様。もたついている内にエジマゲドンXは《解体人形ジェニー》を召喚。デッドマンの手札からキーカードとなる《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》を抜き取ったのであった。

 

そんな中でもデッドマンは先行5ターン目に《ゴーゴー・ジゴッチ》を召喚し、登場時能力で《蒼き団長 ドギラゴン剣》を手札に。同じく手札にあった《メガ・マナロック・ドラゴン》を次のターンに召喚し、革命チェンジを狙うつもりのようだ。

 

一方でエジマゲドンXは後攻5ターン目に《暗黒鎧 ヴェイダー》を召喚。ドローソースとなるクリーチャーをバトルゾーンに送り込み、徐々にアドバンテージの差を広げていく。

 

さらにエジマゲドンXは2体目の《解体人形ジェニー》を召喚し、デッドマンの切り札である《蒼き団長 ドギラゴン剣》までも捨てさせてしまう。

 

度重なる手札破壊で動きを制限されていくデッドマンだが、ここで《メガ・マナロック。ドラゴン》を召喚。登場時能力でエジマゲドンXのマナ2枚をロックして、マナからエジマゲドンXの動きを止めようとする。

 

しかし、マナから動きを止めるには少しばかり遅すぎたようだ。後攻7ターン目にエジマゲドンXは《解体人形ジェニー》を《復讐 ブラックサイコ》に進化。そのままアタック時に《S級不死 デッドゾーン》へのS級侵略を決めてデッドマンのバトルゾーンを一掃してしまう。これにより、もともと手札がないデッドマンの動きは完全に止まってしまった。

 

また、《復讐 ブラックサイコ》というコスト5以上のコマンドが出たことで最終禁断フィールドの封印が1つ墓地へ。エジマゲドンXは《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の封印を外す段階に突入したのであった。

 

バトルゾーンと手札を掌握したエジマゲドンXは《極・龍覇 ヘルボロフ》を2ターン立て続けに召喚。最終禁断フィールドの封印を2枚外しつつ、超次元ゾーンから現れた《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》が圧倒的なアドバンテージを生み出していく。

 

対するデッドマンは《メガ・マグマ・ドラゴン》や《スクランブル・チェンジ》からの《メガ・マナロック・ドラゴン》で相手クリーチャーの破壊やマナをロックすることで対処しようとするが、エジマゲドンXの盤面はもう崩れない。

 

そうこうしている内にエジマゲドンXはバトルゾーンにいた《S級不死 デッドゾーン》を《復讐 ブラックサイコ》に進化。4つ目であり最後の封印を外したのであった。

 

最終禁断フィールドの最後の封印が外れる時、禁断爆発が超動する。

 

5枚1組で構成される最終禁断フィールドは《終焉の禁断 ドルマゲドンX》へと姿を変え、デッドマンの《メガ・マナロック・ドラゴン》を封印する。《終焉の禁断 ドルマゲドンX》は「相手は自身のクリーチャーに付いている封印を墓地に置けない」という能力を持っており、デッドマンは《メガ・マナロック・ドラゴン》の封印を外す術を失ったのだった。

 

さらに《終焉の禁断 ドルマゲドンX》に封印を付けることは出来ない。例えデッドマンが《禁断 ー封印されしXー》の封印を外して禁断開放しようとも、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の攻撃を防ぐことは出来ない。

 

相手の反撃の目を封じたエジマゲドンXは《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の禁断爆発を機に一斉攻撃を開始。そのまま《終焉の禁断 ドルマゲドンX》のダイレクトアタックが決まり、デッドマンは動画における「最終禁断」最初の犠牲者となった。

 

勝者:エジマゲドンX

所要時間:12分56秒 + 29分35秒 + α

 

ついにその全容が明らかになった《終焉の禁断 ドルマゲドンX》。これまで登場していたカウンター戦術がほぼ通用せず、ある程度の除去耐性すら備えてしまった。まさに「最終禁断」の名にふさわしいカードと言えるだろう。

 

《禁断 ー封印されしXー》とは異なり火または闇によって封印が外せるので、今回のようなほぼ闇単コントロールデッキにも投入することができる。封印を外す条件が難しくなっている分、その能力はお墨付きと言えるだろう。

 

ゲキカラシュークリームの件に関しては実際に動画を確認してみるといいだろう。あくまで勝者が選ぶのであって、どちらがゲキカラシュークリームなのかは食べてみるまで分からないのである。

 

革命ファイナル編は今回の『ドギラゴールデンVSドルマゲドンX』を持って終了する。例年よりも早めの幕引きとなっており、デドカミチャンネルでは最終局面にふさわしいゲストがもう1人登場する模様。

 

そんな革命ファイナル最終章『ドギラゴールデンVSドルマゲドンX』は2016年12月16日発売である。