1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*5(2016/11/17)

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。各地で1年の締めくくるイベントが盛り上がっている。

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

毎年、1年を通して世間を大いににぎわせた用語をピックアップして対象を決める流行語大賞。今年も「くまモン頑張れ絵」や「ポケモンGO」、「PPAP」を初めとした全30語が2016年11月17日にノミネートされた。

どれも2016年を通してテレビ、ネットで話題になった用語ばかり。個人的にはプラスな印象を与える言葉が対象に選ばれて欲しいものである。

 

jp.ign.com

1年を通して最も顕著な功績を上げたビジネスやスポーツチームを選ぶ「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」。2016年度の対象が2016年11月16日に発表された。

その最優秀賞に輝いたのはポケモンGOのチーム。他にも優秀賞では映画君の名は。の他にも、スポーツではリオ五輪日本体操男子団体チームが選ばれた。

記事内では『ポケモンGO』の開発に関わった人たちを中心に、『君の名は。』エグゼクティブプロデューサーの古澤佳寛氏の受賞コメントが掲載されている。

先の「流行語大賞」と合わせて、2016年総決算の時期に突入している。これを機に、2016年を振り返ってみるのも良いだろう。

 

www.itmedia.co.jp

Twitterスマートフォンアプリに新たな機能が実装された。 その機能とは、QRコードを発行する機能QRコードを読み取る機能というもの。アカウント専用のQRコードを発行し、それを読み込むことで自動的にフォローすることができる。

画像として保存しておけば、入力する手間なく手軽にフォローが出来るという寸法である。効果のほどはともかくとして、独自にQRコードを生成できるのはなかなか面白そうな話である。

 

www.hallab.co.jp

これまでの『星のカービィ』シリーズのサウンドトラックは任天堂の会員サービス「クラブニンテンドー」の景品として提供されてきた。その「クラブニンテンドー」は2015年9月30日をもってサービスが終了しており、以降の任天堂ゲームにおけるサウンドトラックの行く末が案じられていた。

このたび星のカービィ ロボボプラネット』オリジナルサウンドトラックが一般向けに販売されることになった。CD2枚組の97トラックの豪華サウンドトラックになっている。発売日は2016年12月15日である。

作品のファンとしては待ちに待ったサウンドトラックの発売。現在Amazon.comとebtenで予約受付中だがAmazon.comの方は現在は品切れ中。予約するならebtenで行おう。

なお、『星のカービィ ロボボプラネット』に関しては下記の記事も参照にしてほしい。 

『星のカービィ ロボボプラネット』 - 1000字中の備忘録

 

 

ascii.jp

フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地域でつくられるお酒ボジョレー・ヌーボー。その年に作られたブドウで生成されるお酒である。その「ボジョレー・ヌーボー」は毎年11月の第3木曜日に解禁されている。つまり、今日解禁されたのだ。

毎年日本のメーカーが付けている「ボジョレー・ヌーボー」のキャッチコピーも何かと印象に残ることで話題になっている。今年のキャッチコピーは果たして消費者にどういった印象を与えるのだろうか。

ところで、普段お酒と飲まない身としては、こうしたお酒は何年も寝かした奴が上手いという雑な認識しかない。即年で作られたお酒もまた違った趣があるのだろうか。

 

 

本日はここまで。