1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編07~

コロコロチャンネルその7。デュエマ史上何度目かの「宇宙初のカード」が登場。

 

www.youtube.com

 

 

何度デッドマンにやられようともくじけないコロコロカーくん。今回も《時の法皇 ミラダンテⅫ》を切り札としたドレミ団デッキでデッドマンに挑む。

 

一方でデッドマンが持ってきたのは《蒼き団長 ドギラゴン剣》。いつもと少し雰囲気が違うように感じるが見た目は間違いなく《蒼き団長 ドギラゴン剣》である。はたして、《蒼き団長 ドギラゴン剣》に隠された秘密とは一体。

 

一体デッドマンは何を見せてくれるのか、先行デッドマンでデュエマスタート。

 

序盤、コロコロカーくんは《予言の玉 クルルト》と《一撃奪取 アクロアイト》。デッドマンは《ゴーゴー・ジゴッチ》と《冒険妖精ポレゴン》といった具合に次々とクリーチャーを召喚していく。

 

いち早くコロコロカーくんが《一撃奪取 アクロアイト》から《タイム3 シドⅫ》への革命チェンジを決めるなか、デッドマンは《刀の3号 カツえもん剣》を召喚。《刀の3号 カツえもん剣》をスピードアタッカーにして革命チェンジの態勢に入る。

 

《刀の3号 カツえもん剣》からの革命チェンジで現れたのはお馴染み《蒼き団長 ドギラゴン剣》。しかし、カードの隅には見慣れないテキストが。

 

「戦場にドギラゴン剣が降り立つ時、シールをはがして真の姿を呼び醒ませ!」

 

なんと《蒼き団長 ドギラゴン剣》の部分はシールだったのだ! テキストに沿って《蒼き団長 ドギラゴン剣》のシールを剥がすと、その真の姿が明かされる。

 

《蒼き団長 ドギラゴン剣》のシールに隠されていたカードの名は《龍の極限 ドギラゴールデン》。《龍の極限 ドギラゴールデン》は極限ファイナル革命という、ゲーム中1度しか使えない超強力な能力を持っている。

 

その気になる極限ファイナル革命の能力は「次の相手ターン、相手のパワー1000000以下のクリーチャーはアタックできない」というもの。これによってコロコロカーくんの攻撃を次のターン、止めてしまうのだ。

 

それに加えて《龍の極限 ドギラゴールデン》は出た時に「相手のクリーチャー1体をマナ送りにする」能力と「相手の禁断クリーチャー1体を破壊する」能力を持っている。相手の攻撃を止めつつ除去するという抜群の制圧力を持ったドギラゴンこそが《龍の極限 ドギラゴールデン》なのだ。

 

マナ送り能力で《予言の玉 クルルト》をマナに送った《龍の極限 ドギラゴールデン》はそのままシールドをT・ブレイク。そのターンの攻撃はS・トリガー《DNA・スパーク》と《青寂の精霊龍 カーネル》によって阻まれてターンエンド。

 

S・トリガーで登場した《青寂の精霊龍 カーネル》はアタック可能なのでアタックして《冒険妖精ポレゴン》を破壊。同じターンにもう1体の《青寂の精霊龍 カーネル》を召喚して《龍の極限 ドギラゴールデン》を足止めしつつターンエンド。

 

その後もデッドマンは《ゴーゴー・ジゴッチ》から新カード《勇者の1号 ハムカツマン蒼》への革命チェンジを決めて《青寂の精霊龍 カーネル》を破壊。そのまま攻勢に出るも、またも《DNA・スパーク》に阻まれてしまう。

 

やや勢いが止まりがちなデッドマンだが、それはコロコロカーくんも変わらない。コロコロカーくんは先ほどの《青寂の精霊龍 カーネル》がアタックする時、革命チェンジを行わなかった。これはコロコロカーくん手札に革命チェンジできるクリーチャー、要するに《時の法皇 ミラダンテⅫ》がまだ手札に来ていないことを示している。

 

それが分かっているデッドマンは相手が切り札を引かない内に勝負を決めるつもりのようだ。革命チェンジで戻した《ゴーゴー・ジゴッチ》でサーチしつつ《風の1号 ハムカツマン剣》を召喚。

 

更に《刀の3号 カツえもん剣》から《蒼き団長 ドギラゴン剣》への革命チェンジがさく裂。ファイナル革命で手札に戻したばかりの《刀の3号 カツえもん剣》を呼び出しつつ一斉攻撃を開始。破壊された《タイム3 シドⅫ》のおかげで一時は凌いだもののコロコロカーくんの抵抗もここまで。

 

終盤に《時の法皇 ミラダンテⅫ》をやっと引いたことを悔やみつつ、コロコロカーくんは《龍の極限 ドギラゴールデン》のダイレクトアタックを受けたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:11分17秒 + 27分40秒 + α

 

ついにその力が明らかになった《龍の極限 ドギラゴールデン》。これまでの「ファイナル革命」とは異なり、ゲーム中に一度しか使えない。その一方で革命チェンジ以外でも登場時に効果が発揮する強力極まりない能力になっている。

 

これまで通り、革命チェンジを通して発動させるのも良し、これまでの常識を覆す極限レベルの使い方を見せつけるのも良しである。

 

そんな《龍の極限 ドギラゴールデン》は2016年12月17日に発売される革命ファイナル第3章にして最終章『ドギラゴールデンVSドルマゲドンX』に収録される。パックには今回の動画通りシールを貼った状態で収録されているので、是非入手してカードゲームでシールを剥がす「宇宙初」の体験をしてほしい。