読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

『モンスターハンタークロス 体験版』

www.capcom.co.jp

2016年10月27日に放送された「Monster Hunter Direct」で明らかになった最新作モンスターハンターダブルクロス。新しいモンスターや新しい狩猟スタイルが登場し、前作以上にバリエーション豊かな作品になっているのは間違いないだろう。

今回の発表を受けて、初めて(もしくは久しぶりに)『モンスターハンター』を遊んでみようと考えている人もいると思われる。

もしくはモンスターハンター ストーリーズ』を遊んでハンティングアクションの『モンスターハンター』に興味が出た、という人もいるだろう。

 

そんな人にまずおススメしたいのがモンスターハンタークロス 体験版』。『モンスターハンター クロス』の魅力が文字通り体験することが出来る作品となっている。

 

www.nintendo.co.jp

 

私はWii版『モンスターハンターG』から始まり『モンスターハンター4』を境に少し疎遠になっていた。しかし『モンスターハンター ストーリーズ』のおかげで『モンスターハンター』を再び遊んでみようと思ったので、まずは体験版を遊んでみることに。

その上で、本作から初めて遊ぶ人や数作ぶりに復帰しようと思っている人向けに注目すべきポイントをピックアップ。

 

まずは体験版をダウンロードして遊んだ後に、なにかわからないことがあれば本記事を参考にしてくれれば幸いである。

 

 

 

本作の特徴

モンスター

今回の体験版は初心者、中級者、上級者向けに用意された3つクエストがあり、3つとも異なるモンスターとフィールドが待ち構えている。

どのモンスターも、やみくもに突っ込むだけではなかなか勝てない相手ばかり。モンスターの行動をよく見て攻撃するチャンスを把握していこう。

攻撃しながらだと、どんな攻撃でダメージを受けたか把握できないままやられることも多い。まずはモンスターの攻撃を回避しながら様子を探るのがおススメ。

 

危なくなったら回復アイテムを使う必要があるのだが、回復アイテムを使った時のモーションは結構長い。回復する時はいったん戦闘から離脱してから(モンスターとは別のエリアに移動してから)回復アイテムを使うといいだろう。

 

多彩なアクションと武器

シリーズを経るにつれて、多彩なアクションを使いこなすようになったハンター。現在ではボタン操作だけでも多彩なアクションを披露してくれる。ただし、チャージアックスのように技の派生や属性攻撃強化など、実際に触りながらだと覚えにくい武器も存在したりする。

 

初心者なら基本を学べる武器として大剣ハンマーをお勧めしたい。どちらも強力なタメ攻撃を持っていて、狙うべき攻撃が分かりやすい武器だ。もちろん、見た目の好みで選ぶのもOK。

 

操作する上でのポイント

狩技とスタイル

今作注目の新要素である狩技。猟技はケージを貯めて下画面をタッチすることで発動する。使用できる狩技は強力な必殺技であったり、武器の使い勝手を向上させる便利なモノであったり、窮地から脱することのできる便利な技であったりと様々である。

狩技を使用するために必要なケージは戦っている内に溜まっていくので、戦う内で自然に使用できる機会が巡ってくるだろう。

 

同時に、今作では微妙に操作感覚が異なる計4つのスタイルが登場する。特にストライカースタイルはこの狩技を使用するのに特化したスタイルとなっている。ガンガン狩技を使いたい人は自然とストライカースタイルを選択することになるだろう。

 

下画面とカメラ操作

『3G』から登場した要素。ニンテンドー3DS下画面に様々な機能を盛り込むことが可能。よく使うアイテムをワンタッチで使用したり、タッチ画面でカメラ操作が出来たりと色々と使うことが出来る。この機能のおかげで、右手でも快適なカメラ操作を可能としているのだ。

他にもLボタンを押すごとに大型モンスターにカメラを向ける「ターゲットカメラ」が実装されている。ターゲットカメラを使えば、大型モンスターとの戦闘中はカメラ操作をほとんど行わずに戦うことも可能。

ただし、今作は下画面のタッチで狩技を使用することになるため、カメラワークを下画面に任せる場合、配置に気を配る必要がある。

 

採取

体験版の時点ではあまり関係ないのだが、本作ではボタンを押しっぱなしにすることで連続で採取や剥ぎ取りをするようになった。これによって、マップ上での採取がより簡単に行えるようになっている。

 

復帰する人向け

ここからは少しマニアックな話。今作から入る人は話だけ覚えておくと良い。逆に数作ぶりに復帰する人は、この辺りの相違点を把握しておこう。

 

ジャンプ攻撃と乗り状態

『4』から登場している要素。フィールドの各所には段差があって、自動的によじ登ったり、飛び降りたりすることが出来る。『3G』までしか知らない人は壁を機敏に昇り降りできて驚いた人もいるのではないだろうか。

さらに、飛び降りた時に攻撃するとジャンプ攻撃を使うことが出来る。モンスターにジャンプ攻撃を何度か当てるとハンターがモンスターの上に乗る。モンスターの上に乗っている時はAボタン連打で攻撃が可能。モンスターが振り落とそうと暴れたらRボタンでしがみつこう。上手く行けばモンスターはダウンして、攻撃のチャンスとなる。

 

色々と踏み台にしてジャンプできるようになるのがエリアルスタイルの特徴であるほか、操虫棍はどこでもジャンプができる。

それ以外のスタイルでも、段差の近くで戦う時はジャンプ攻撃のチャンスを逃さないように。

 

吹っ飛びからの復帰

モンスターの攻撃を受けた時、攻撃によってハンターは4つのアクションを取る。

  • 1つ目は尻もち。軽い攻撃などでコケてしまう状態のことである。この尻もちを無効にしてくれる攻撃モーションが近接武器各種に存在している。把握しておくとある程度モンスターに張り付いて戦うことが出来たり、色々な状況で役立つだろう。
  • 2つ目は吹っ飛び。これは後述する転倒とは異なり、吹っ飛びつつも手足を着いてすぐに態勢を立て直す。
  • 3つ目は転倒。強力な攻撃を受けると地面の転げ回ってダウンする。
  • 4つ目は打ち上げ。(『クロス』には登場しないが)ディアブロスの突き上げなどが代表的。体験版ではこの攻撃を行うモンスターはいない。派手に上方に吹っ飛ばされてそのままダウンする。

ここからが重要な話で、3つ目・4つ目の攻撃を受けた時はダウンしてから起き上がる。そのダウンしたときに『4G』から任意のタイミングで起き上がれるようになった。

逆に言えばダウンした後、ボタンを押さないと起き上がらないので起き上がるタイミングに注意しよう。

 

感想

個人的な感想としては、ドスマッカォは5分(チャージアックス)、ホロロクルルは10分(弓)、ナルガクルガは15分(スラッシュアックス)で狩猟することが出来た。

シリーズ作品で慣れている人ならば、時間制限内に狩るのは十分に可能だろう。新モンスターの動きに翻弄された後にナルガクルガを狩猟すると、これまで通りのナルガクルガに感動すら覚えるかもしれない。

 

逆に今作が『モンハン』初体験ならば最初はかなり苦労すると思われる。私も『モンスターハンター』を始めたばかりの頃は、右も左もわからないまま進めていた。

とりあえずドスマッカォを狩猟できたら購入してみるぐらいの気持ちで良いだろう。今はナルガクルガに勝てなくても、実際にゲームをプレイしていれば自ずと強敵と渡り合うための知恵は身に付いてくるものである。

 

本作はインターネットを介したマルチプレイにも対応している。どうしても行き詰ったら、オンライン部屋に入って出会ったばかりの仲間と狩猟するのも手である。

モンスターハンタークロス』はamazonでは結構なお手軽価格で購入することもできるほか、ダウンロード版はニンテンドーeショップで購入できる。体験版で興味を持った人は是非購入してみてほしい。