読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

《P・P・P・P》チャレンジから見るサソリスデッキ

コロコロチャンネルの「PPAP」ならぬ《P・P・P・P》チャレンジの開幕である。

www.youtube.com

 

 

 今回は普段のテキスト演習とは異なる形式。デッドマンが使用した《P・P・P・P》デッキの特徴を各種カードを通して紹介。

 

動画内で使用したカードの役割

  • 《トレジャー・マップ》
    山札から自然のクリーチャーをサーチして手札に。自然のコンボパーツを確保。1ターン目から行動が可能。唱えたあとは《天真妖精オチャッピィ》のマナ加速に使用可能。
  • 《天真妖精オチャッピィ》
    墓地からカードを1枚マナゾーンに置く。墓地に落ちたカードをマナゾーン、バトルゾーン、手札に戻す起点となる。《S級原始 サンマッド》の進化元も兼ねる。
  • 《龍覇 マリニャン》 + 《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》
    超次元ゾーンから《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》を呼び出す。事実上のコスト軽減係。
  • 《雪精 ジャーベル》
    山札を上から4枚見てクリーチャーをサーチして手札に加えるマナ武装能力を持つ。デッキ内から必要なクリーチャーを持ってくる役割を持つ。《S級原始 サンマッド》の進化元も兼ねる。
  • 《バロン・ゴーヤマ》
    山札から好きなカードを1枚マナに置きつつ、マナゾーンから好きなカードを1枚墓地へ。同時にワイルド・ベジーズ(《アラゴト・ムスビ》か《クリクリ・イガラーズ》)をマナゾーンからバトルゾーンへ送り出す。好きなカードをマナゾーンまたは墓地に送り込むことができる。
  • 《龍覇 サソリス》 + 《邪帝斧 ボアロアックス》
    《邪帝斧 ボアロアックス》を超次元ゾーンから呼び出せるドラグナー。マナゾーンから自然のコスト5以下のクリーチャーをバトルゾーンに。コンボの核となる重要カード。
  • 《飛散する斧 プロメテウス》
    山札の上から2枚をマナゾーンに、その後マナゾーンからカードを1枚回収。キーカードをマナから回収しつつマナ加速が出来る。
  • 《アラゴト・ムスビ》
    マーシャル・タッチ能力で自分のクリーチャーを手札に加えることでマナ加速。マナから召喚が可能。マーシャル・タッチで手札から召喚するクリーチャーをバトルゾーンから回収する。
  • 《霞み妖精ジャスミン
    ほぼクリーチャー版《フェアリー・ライフ》。登場時に破壊することで山札から1枚をマナゾーンに置く。破壊後も《天真妖精オチャッピィ》で利用可能。
  • 《S級原始 サンマッド》
    3マナクリーチャーから進化。4体以上クリーチャーがいれば好きなクリーチャーを1体マナゾーンに送れる。
  • 《クリクリ・イガラーズ》
    墓地のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置くかマナゾーンにあるクリーチャー1体を手札に。低コストで様々なゾーンに干渉できる。

 

重要なカード

  • 《S級原始 サンマッド》
    自分のクリーチャーもマナゾーンに送り込むことが可能。《邪帝遺跡 ボアロパゴス》で再度出したいクリーチャーをマナゾーンに戻すことができる。自身も進化元ごとマナゾーンに送れるので、間接的にマナをアンタップする役割も。
  • 《遺跡目神秘目 レジル=エウル=ブッカ》
    龍解前の《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》を呼び出せる《龍覇 マリニャン》は《邪帝斧 ボアロアックス》圏内である。
    例えば《龍覇 サソリス》を召喚して超次元ゾーンから《邪帝斧 ボアロアックス》を装備。装備時の効果で《龍覇 マリニャン》をマナゾーンからバトルゾーンに出し《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》を超次元ゾーンから呼び出す。これだけで《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》の龍解条件を満たすことができる。
  • 《邪帝遺跡 ボアロパゴス》
    《邪帝斧 ボアロアックス》が龍解した姿。ドラグハート・フォートレスなので破壊するのが難しいカード。自分のクリーチャーを召喚するたびに、自然のコスト5以下のクリーチャーをマナゾーンから出せる。マナゾーンにいるクリーチャーの登場時効果を誘発させる。
    条件さえ満たせばどんなクリーチャーでもバトルゾーンに出せる点と、《邪帝斧 ボアロアックス》の龍解が「自分のターン終了時」なので間髪入れずに龍解できる点も優れている。
  • 《アラゴト・ムスビ》
    自然文明唯一のマーシャル・タッチ持ち。マーシャル・タッチ能力によりデッキに水文明を入れずとも自分のクリーチャーをバトルゾーンから手札に戻すことが可能。《邪帝遺跡 ボアロパゴス》の効果を何度も使う上で欠かせない存在。ついでにマナ加速能力を持っている。

 

基本的には山札から《霞み妖精ジャスミン》などのマナ加速カードと《トレジャー・マップ》《雪精 ジャーベル》による山札からのサーチでいち早くキーカードを確保するデッキ。マナに置いたカードも《邪帝遺跡 ボアロパゴス》で利用できるので、最終的には手札とマナゾーンにあるほぼ全てのカードが扱えるような状況になる。墓地に落ちたカードは《天真妖精オチャッピィ》などで回収する。

墓地からマナゾーンに、マナゾーンからバトルゾーンや手札に、山札からマナゾーンに…… といった具合で、大量にクリーチャーを展開してマナゾーンを起点にあらゆるゾーンに干渉できるのがこのデッキの強みである。

 

大会で使われたデッキだと大量展開したクリーチャーを《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》でスピードアタッカー化しての一斉攻撃や《曲芸メイド・リン・ララバイ》を何度も出して相手の山札切れを狙うデッキが使われた。

 

今回のデッキコンセプトは《P・P・P・P》によるエクストラウィンなので、《P・P・P・P》を各種ゾーンに送りこむために必要なカードが追加投入されている。それが《バロン・ゴーヤマ》と《クリクリ・イガラーズ》である。

 

独自に投入されたカード

  • 《バロン・ゴーヤマ》
    山札からマナゾーンに、マナゾーンから墓地に《P・P・P・P》を送り込む。その後、ワイルド・ベジーズをマナからバトルゾーンに出せるので《アラゴト・ムスビ》や《クリクリ・イガラーズ》をマナゾーンからバトルゾーンに出すことができる。 
  • 《クリクリ・イガラーズ》
    《天真妖精オチャッピィ》と同じ能力に加え、マナゾーンから手札を回収する能力とどちらかを選択して使うことができる。選択肢の広さがウリ。

両方とも、各種ゾーンに余分に置いた《P・P・P・P》を回収することができる。《アラゴト・ムスビ》のおかげで登場時効果を使いまわすのは簡単。

 

他に入っていそうなカード

  • 《逆転のオーロラ》 《成長目 ギョウ》
    これまでの中で自身のシールドゾーンに干渉できるカードがなかったため、そちらにアクセスできる自然のカードが入っていると思われる。《バロン・ゴーヤマ》で山札を確認できるので、シールドゾーンに《P・P・P・P》があるかどうかを見分けるのは簡単。
    色々と恩恵の受けられる《成長目 ギョウ》の方が有力か。
  • ダンディ・ナスオ》
    5枚目の《バロン・ゴーヤマ》…… というより《バロン・ゴーヤマ》が2枚目以降の《ダンディ・ナスオ》と見た方が良いだろう。コスト2だが山札から好きなカードをマナや墓地における点は同じ。

 

デッドマンが今回デッキを回すのに苦心していたように。どのマナをタップしてクリーチャーを召喚するか、今必要なカードをいかにしてマナゾーンや手札に確保するかを常に考えて行動しなければならないため難易度の高いデッキに仕上がっている。

その一方で妨害手段の少なさや、シールドをブレイクせずに勝利できるプランとシールドをブレイクして勝利するプランを両立させやすいという強みを持っている。

 

このデッキタイプの強さは今年の春に開催された「デュエル・マスターズ グランプリ-2nd」でも猛威を振るったことからも証明されている。

 

気になるデッキの中身やデッキの使い方は2016年11月15日に発売されるコロコロアニキ7号に掲載されている。気になった人は是非購入してカードを集めて練習してみてほしい。