読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日の「とびだせ どうぶつの森 Direct」*1(2016/11/02)

2016年11月2日23時に放送された「とびだせ どうぶつの森 Direct」を紹介。この記事は読まず、まずは動画を見てほしい。

 

www.youtube.com

 

 

いきなり実写風景で始まったかと思いきや、どこかのテレビ局のような体で放送が始まった「とびだせ どうぶつの森 Direct」。実写のおじさんがどうぶつ語で喋り出したかと思えば通訳音声のトラブルで一時停止。

 

失礼しました。じゃ、気を取り直して緊急生放送どうぶつの森ダイレクト」

見落としていたが、本放送は確か収録だったはず…… どっちだ?

いきなり登場した謎のおじさんの正体は今回のアップデートで登場するキャラクター「パニエル」のようだ。「パニー」と呼んでほしいとのことなので、みんなは「パニー」と呼んであげよう。

 

アップデートはこのダイレクト終了後に開始し……

……え? もう始まってんの?

今回のアップデートが例外なだけかもしれないが、「ニンテンドーeショップにて発売日すぐに」と言われているサービスは、前日の22時からダウンロードできたりする。あらかじめダウンロードとか。

 

とたけけさん、どうぞ。 

 「けけソング」に合わせて出てきたのは8頭身のとたけけ。少し怖い。まずはとたけけさんと共にニンテンドー3DSにおけるamiiboの使い方」のおさらい。動画を見て使い方を復習しておこう。

 

じゃ、このamiiboを使ってどんなことができるようになったのか。そこんところを、じっくり見ていくよ。

今回のアップデートでは「ゆうたろう」が久しぶりに登場する。ランプから出てきたゆうたろうがamiiboで読み込んだキャラクターに乗り移る。

乗り移ったキャラは新しい施設「オートキャンプ場」にキャンピングカーで遊びに来てくれるのだ。

この「オートキャンプ場」の管理を行っているのがパニエルである。

 

お、私(パニエル)がいるねー。

実物の方が良いって、よく言われるんだけどね。 はっはっはー

…… 話を戻すと「アクリル」のカードを読み込むことでアクリル100%で裁縫を行っている、羊のアクリルが遊びに来てくれたようだ。

キャンピングカーは村では手に入らない家具でコーディネートされており、個別にオーダーすることが出来る。その時に使うお金に代わるものがあるのだが、それに関しては後述する。

また、キャンピングカーで遊びに来てくれたキャラクターを村の住人にすることもできる。こうしてamiiboカード経由で遊びに来てくれる住人は過去作品に登場した懐かしいキャラクターたち。全部で50人いるようだ。

 

今までに発売されたamiiboカードにも対応しており、こちらは読み込んだキャラクターが直接村に引っ越してくる。

 

そうだ、せっかくだから一緒に写真を撮ろうよ。

自分のことが大好きなとたけけさんと、 一緒に写真を撮ろう。

好きな住人と写真を撮れる「amiboカメラ」。パニエルはカットリーヌと一緒に写真が取れてご満悦の様子。

 

CMの後は…

amiiboがなくてもこんなに楽しめる!

ここで一旦CM。

どうぶつの森 amiiboフェスティバル』に収録された「無人島脱出ゲーム」がなんと本作に収録される。新しい家具WiiUを手に入れることで遊べるようになるそうだ。

 

それじゃあここからはamiiboとは関係がない、追加要素について紹介していこう。

新たに始まった「くらしサポート」。買い物や草むしりなどの生活を通してふるさとチケットが貰えるようになった。

ふるさとチケットはオートキャンプ場にて使用することが出来る。村での暮らしを満喫して、オートキャンプ場ならではの買い物をふるさとチケットで楽しもう。

 

たぬきハウジングの増築プランの1つとして、「隠し倉庫」が追加される。外見も中身も変わらないが、家の中で自由に大量のアイテムを出し入れできるようになる。荷物整理しきれなかった人には朗報と言えるだろう。

 

「隠し倉庫」の増築を済ませることで模様替えのセミナーを受けることが出来るようになる。セミナーを受けると『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』のような下画面(タッチパネル)を使った家具のレイアウトが可能になる。

 

更に『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とのセーブデータ連動により、巨大家具のオーダーが可能になる。部屋を覆わんばかりの巨大家具で、お部屋にアクセントを加えてみてはいかがだろうか。

 

南の島で見知らぬ人とのひと時を楽しめる「クラブコトブキ会員サービス」。どうやら悪質な会員がいるようで、みんなと気持ちよく遊ぶための新機能が追加された。

チャットをオフにする機能に加えて、いつでも帰れる「帰るボタン」が追加されておるので、これまで以上に快適な南の島ライフを過ごすことが出来そうだ。

 

そして、今回のアップデートを機に「どうぶつの森の暮らしを久々に再会してみようかな?」

どうせなら、「村を作りなおそうかな?」と思っている人にちょっと気になる情報を。

ある程度時間をかけて作った村を作り直す際に、たぬきハウジングのたぬきちが「土地の有効活用」と称して村の買い取りを行ってくれることがある…… らしい。

 

買い取りの際には査定が行われ、買い取り価格がそのままATMに振り込まれた状態で新しい生活を始めることができる。当然、断ることもできるのでどうするかはあなた次第。

 

CMの後は…

コラボ情報など!

ここで一旦CM。

任天堂の懐かしいパズルゲームパネポンが『とびだせ どうぶつの森』を舞台に帰ってくる……!

パネポン村の村長の座を賭けた戦いを通して行われる「パネポン」。果たしてむらびとの支持率を集め、村長の座を獲得するのは誰なのか。

その結末は新しい家具ニンテンドー3DSを手に入れることで遊べるようになるどうぶつの森 パネポンで確かめてほしい。

 

まわってまーす。

気を取り直して、 『どうぶつの森』以外のamiiboにも一部対応しており、作品に応じたコラボキャラや家具が登場する。

コラボするのは「サンリオキャラクターズ」『Splatoon』『モンスターハンター ストーリーズ』『ゼルダの伝説の4つ。それぞれのコラボ内容は動画で確認してほしい。

 

次は、配信で受け取ることが出来るものを紹介しよう。

ニンテンドー3DSではお馴染みセブンイレブンとのコラボや「でんぷんのり」で有名なフエキとのコラボレーションが実現。配信でやってくるキャンパーは村への引っ越しはしないようだ。

 

ニンテンドーの世界が詰まった「ニンテンドー村」へは、「夢見の館」を通して訪れることが出来る。その「ニンテンドー村」も今回のアップデートを機に「Ninten村」へリニューアル。今回のコラボに関係した家具やマイデザインの配布が行われる。

 

今回のコラボに合わせて、ニンテンドー3DSのダウンロードソフト『バッジとれ~るセンター』でもサンリオとのコラボを実施。ニンテンドー3DSのホーム画面を飾れるバッジにサンリオのキャラクターが飾れるようになる。こちらの配信は2016年11月4日から。

『バッジとれ~るセンター』はゲームセンターのUFOキャッチャー風の施設(ゲーム)であり、実際のお金を使ってプレイする。約2週間で台が入れ替わるので欲しい人はお早めに。金・土・日は無料プレイのサービスが実施されている。

 

更に、2016年11月3日に『どうぶつの森』LINEスタンプどうぶつの森 15年目のもりもりスタンプ」が新たに配信される。

 

 どれも『どうぶつの森』開発チームのデザイナーによる描き下ろしイラストらしいんだけど……

残念ながら、私のスタンプはなさそうだね……

新人だから仕方ないか、はっはっはー……

人気が出れば、パニーのスタンプが配信されるかもしれない。がんばれパニー。

 

最後に復活する50人の住人リストと、任天堂のサウンドコンポーザー・戸高一生さんによる演奏でお別れ。

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

『Miitopia』、この物語の登場人物を決めるのは…… あなた自身。

最後の最後に、先日告知したように『Miitopia』の情報を少しだけお届け。

 

今日は、この『Miitopia』の世界を垣間見ることが出来る「とくべつなソフト」をみなさんの3DSにお届けしたいと思います。

あなたが配役を決める『Miitopia予告編』ニンテンドーeショップにて無料配信中。あらかじめダウンロードもすでにできるんだとか。

 

さらに、11月5日20時より「Miitopia(ミートピア) Direct」が放送されることも告知された。立て続けに発表される「Nintendo Direct」及び『Miitopia』を期待して待とう。

 

www.nintendo.co.jp

 

こうして約22分に渡る「とびだせ どうぶつの森 Direct」は幕を下ろした。これまでにない形式で行われるインパクトの強い、そして新要素が分かりやすくまとめられたダイレクトだった。

こういった映像を「直接」お届けできるようになったのも、任天堂が映像事業に参入した恩恵かも…… たぶん関係ないか。

 

以降の『とびだせ どうぶつの森』に関する情報は「どうぶつの森 観光局」で確認できる。公式Twitterと合わせてチェックしておこう。

 

www.nintendo.co.jp

 

twitter.com