読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ドギラゴン剣05~

デュエマ

ドギラゴン剣最終週。新しいのは革命チェンジやD2フィールドだけではない。

 

www.youtube.com

 

 

飽きてきたのでいい加減戻ってきてほしいデッドマンが今回持ってきたのは《激龍豪撃 ドドフェル》。革命チェンジでもD2フィールドでもないが、『ドギラゴン剣』の特徴の一つである「レインボーカード」の強さが詰め込まれたカードである。

対するカミ神デラックスは光文明ベースの革命チェンジデッキを使用。この5週間の中で、カミ神デラックスもカミ神デラックスなりに最新ギミックの研究を行っているのは間違いない。

 

果たしてデッドマンに『ハムカツ団とドギラゴン剣』の更なる新しい世界を見せつけて、カミ神デラックスを元に戻すことが出来るのか。先行カミ神デラックスでデュエマスタート。

 

 序盤はカミ神デラックスが《一撃奪取 アクロアイト》や《トロワ・チャージャー》からの《信頼の玉 ララァ》でバトルゾーンにクリーチャーを展開していく中、デッドマンは《フェアリー・ライフ》などのマナ加速呪文で堅実なマナブーストを行っていく。

 

革命チェンジを待たずに攻勢に出たカミ神デラックスだったが、倒しきる前にデッドマンの準備が整ってしまった。デッドマンが唱えた《ドギラゴン・エントリー》によって、《激龍剛撃 ドン・ドドフェル》がバトルゾーンへの飛び入り参戦を果たす。

 

そのままターン終了時に、《激龍剛撃 ドン・ドドフェル》の能力が発動。手札のカードを全てマナに置くことで、3枚ドローすることができる。まさに手札とマナがドンドン増えていく《激龍剛撃 ドン・ドドフェル》の驚きの能力でデッドマンは3マナ加速、3枚ドローを行う。

 

これを受けてカミ神デラックスは《大聖堂 ベルファーレ》を直接召喚して足止めを狙うものの、既に潤沢なマナと手札を持っているデッドマンの前では焼け石に水。直後に《龍世界 ドラゴ大王》が召喚されたことで、あっという間にデッドマンがバトルゾーンを制圧してしまった。

 

《激龍剛撃 ドン・ドドフェル》の効果でマナ加速が行えるのはもちろん、手札交換も出来るのでデッドマンは次のターンに召喚する切り札も常に確保し続けることが出来る。

 

カミ神デラックスが何も出来ないままターンを終了すると、デッドマンが次の切り札《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を召喚して3枚のシールドを直接墓地送りに。着実にカミ神デラックスの逆転の目を摘んでいく。

 

完全に後がなくなったカミ神デラックスは《ドラゴンズ・サイン》で《タイム2 ファソラ》をバトルゾーンに出して《タイム2 ファソラ》に「ブロッカー」を与える。まずは《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》のシールド焼却を回避して逆転の機会を伺おうという心算だろう。

 

しかし、そんな小細工は無意味と言わんばかりにデッドマンは《不敗のダイハード・リュウセイ》と《熱血龍 バトクロス・バトル》を召喚。《激龍剛撃 ドン・ドドフェル》によって生み出されたドラゴン軍団のパワーによって、デッドマンはカミ神デラックスのバトルゾーンとシールドを踏み潰していったのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:7分+24分20秒+α

 

新ギミックである革命チェンジやD2フィールドに目が行きがちだが、それ以外のカードも粒ぞろいである『ハムカツ団とドギラゴン剣』。その新カードを使いたいという思い(怒り)からカミ神デラックスは見事カミ神王子に戻ることが出来たのだった。

来週からはカミ神王子も新しいカードを使ってデュエマしてくれるとのことなので、こうご期待。