読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ドギラゴン剣03~

 ドギラゴン剣3週目。あの禁断のカードが新たな戦術を身に付けたらしい。

 

www.youtube.com

 

 

レジェンドカード2枚による新しい世界でも元に戻らないカミ神デラックス。ここへ来てデッドマンは更なるとっておきを繰り出すことに。

デッドマンの手に握られているのはなんと《禁断 ―封印されしX―》――。『ハムカツ団とドギラゴン剣』で再録された豪華仕様のカードを引き連れての登場である。

対するカミ神デラックスは再び革命チェンジを活用したデッキを使用。今度こそ研究の成果を見せつけられるか。

 

デュエル開始前にデッドマンが超次元ゾーンの公開を忘れていたり、そのごたごたの中でカミ神デラックスが先行後行を間違えたりとアクシデントが絶えなかったものの、デッドマン先行でデュエマスタート。

 

序盤は両者共に準備を進めていく段階。カミ神デラックスは《タイム1 ドレミ》でバトルゾーンと手札を、デッドマンは《リロード・チャージャー》で墓地と手札、マナを充実させていく。

 

デッドマンの動きが少ないのを好機と見たカミ神デラックスは続けて召喚した《一撃奪取 マイパッド》と共に積極的にシールドをブレイクしていく。

 

そんな中でデッドマンは新カードであるD2フィールド《Dの禁断 ドキンダムエリア》をバトルゾーンに展開。まだ見ぬD2フィールドと未だに封印が1枚も外されていない《禁断 ―封印されしX―》を前に嫌な予感を感じさせる。

 

案の定、次のターンの始めに《Dの禁断 ドキンダムエリア》のデンジャラスイッチが発動する。《Dの禁断 ドキンダムエリア》のデンジャラスイッチによってもたらされる効果は「自分の封印を6枚墓地に置く」というもの。

 

つまり、《Dの禁断 ドキンダムエリア》1枚でデッドマンは《禁断 ―封印されしX―》の封印を全て外したのだった。《禁断 ―封印されしX―》が禁断開放され《伝説の禁断 ドキンダムX》となり、カミ神デラックスのクリーチャーは全て封印される。

 

新規イラストの《伝説の禁断 ドキンダムX》を見せつけつつ、更にデッドマンは《D2V2 禁断のギガトロン》を召喚して一斉攻撃を仕掛ける。D2フィールドの恩恵を得た《D2V2 禁断のギガトロン》は攻撃時に山札を上から1枚表向きにして、それがソニック・コマンドなら直接バトルゾーンに出すことが出来る。

 

スピード自慢のソニック・コマンドが1体でもバトルゾーンに出れば、カミ神デラックスのシールド5枚を全てブレイクしてダイレクトアタックまで届かせることが出来る。

 

しかし、《D2V2 禁断のギガトロン》の能力は不発。おまけにカミ神デラックスのシールドにはSトリガーを持ち、革命2でブロッカーを得るクリーチャー《龍素記号Sb リトマス》が潜んでいたためトドメを刺しきれずターンエンド。

 

次のターンにはほぼ確実にトドメを刺せるデッドマンだが、これまでのシールドブレイクによりデッドマンの残りシールドは2枚。更にカミ神デラックスのバトルゾーンには《龍素記号Sb リトマス》と種族にコマンドを持つ《龍素記号Sb リトマス》によって封印が外れた《一撃奪取 マイパッド》がいる。

 

カミ神デラックスは《一撃奪取 マイパッド》を《革命龍程式 シリンダ》に進化させて、カードをドローしつつ革命2が発動。追い討ちをかけるようにカミ神デラックスは《革命龍程式 シリンダ》のシールドブレイク時に《大聖堂 ベルファーレ》への革命チェンジが発動。《伝説の禁断 ドキンダムX》と《D2V2 禁断のギガトロン》をフリーズさせつつデッドマンのシールドを全てブレイクする。

 

結果的にデッドマンの1ターン遅れは致命的な遅れとなったようだ。ブレイクされた残り2枚のシールドにSトリガーはなく《龍素記号Sb リトマス》によるダイレクトアタックが決まったのだった。

 

勝者:カミ神デラックス

所要時間:7分55秒+26分10秒+α

 

負けてしまったデッドマンだが、カミ神デラックスに新しい世界を見せることには成功したようだ。

昨年冬に登場し、猛威を振るった《伝説の禁断 ドキンダムX》。バトルゾーンを離れたときに敗北するという致命的なデメリットを《Dの禁断 ドキンダムエリア》がフォローしつつ、従来よりもはるかに禁断開放が狙いやすくなった。

 

背景ストーリー上では『世界は0だ!!ブラックアウト!!』にてドキンダムXは倒されたが、ここから更に「ヤバい」禁断のカードが登場するようだ。その片鱗が今週放送される『デュエル・マスターズVSRF』30話にて明かされるので、今後の禁断カードにも目が離せない。