読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

『ガールズ&パンツァー リボンの武者』

最近読んだ本について色々と語っていくシリーズ。今回紹介するのは『ガールズ&パンツァー リボンの武者』(野上武志×鈴木貴昭 / ガールズ&パンツァー製作委員会)

 

booklive.jp

“本物の戦”を渇望する女子高生・鶴姫しずかは、パートナーの松風鈴とともに九七式軽装甲車“テケ”に乗りこみ、戦車同士の野仕合“強襲戦車競技(タンカスロン)”に挑む! メガヒットアニメ『ガルパン』の新たなるスピンオフ開幕!

以上、Booklive!の作品内容より引用。

ガールズ&パンツァー リボンの武者 1 - 漫画(マンガ)・無料試し読み・電子書籍| BookLive!

 

 

あらすじ

華道や茶道と並ぶ嗜みとして戦車を使った武道「戦車道」大和撫子の嗜みとされている世界を舞台としたアニメ作品『ガールズ&パンツァ―』のスピンオフ作品。本作はアニメ本編で行われた戦車道全国高校生大会にて、大洗女子学園が優勝した直後から始まる。

大洗女子学園の優勝を目の当たりにし、戦車道に憧れを持つようになった松風鈴。しかし彼女が通う盾無高校の戦車道は10年前に廃止されており、とてもじゃないが戦車道ができるような状況ではなかった。

そんな中で松風鈴はクラスメイトの鶴姫しずかに誘われて足を踏み入れたのは、「戦車道で認められた戦車の内、10トン以下の車両を使うこと」のみをレギュレーションとする強襲戦車戦(タンカスロン)

九七式装甲車(通称:テケ車)に乗り込み、彼女たち「ムカデさんチーム」の強襲戦車戦(タンカスロン)が始まる――!

 

作品の魅力

アニメで描かれていた戦車道はスポーツとしての側面を強かったが、本作の舞台となる強襲戦車戦(タンカスロン)ではより実践的かつ何でもありな野試合として扱われている。

そのため、スポーツではありえないシチュエーションや泥臭い一面が押し出されていることも。そうした本編との空気の違いが『リボンの武者』の魅力となる。

 

最初は1両の戦車で果敢に挑む「ムカデさんチーム」だが、彼女たちの戦いっぷりがタンカスロンに参加(あるいは観戦)している人たちの心を掴んでいく。そうして広がった輪から交流が生まれ、時にはチームを組み、「ムカデさんチーム」は様々な戦いに身を投じていくのだ。

 

1両の戦車からでも参戦できる手軽さからか、アニメには登場しなかった高校がいくつも登場する。

竪琴高校といった本作初登場の高校に加えて、アニメの戦車道大会では名前のみ判明していたBC自由学園やボンプル高校の面々も登場。本編では登場しなかった彼女たちによる戦車道およびタンカスロンを垣間見ることが出来る。

 

3巻以降では彼女ら「ムカデさんチーム」のタンカスロンを切っ掛けに、アニメで登場した戦車道の強豪校も各々の事情を抱えてタンカスロンの世界に関わるようになっていく。アニメで登場したキャラクターの人物像を掘り下げつつ、新たな視点で見ることができるのも本作ならでは。戦車道とタンカスロン、似ているようで異なる2つの競技を通してどのような展開が待ち受けているのか非常に楽しみである。

 

ただし、本作のゴール地点はほぼ決まっている。本作はそのゴールへ如何にしてたどり着くかに集約していると言っても過言ではないだろう。ガールズ&パンツァー リボンの武者』は現在5巻まで刊行中。『ガルパン』のアニメおよび劇場版を気に入った人は是非購入してみてほしい。

 

おまけ

本作に限った話ではないが、『ガールズ&パンツァー』のコミカライズ作品は基本的にはパラレルワールドとされている。『ガルパン』のコミカライズ作品は世界観をある程度維持しつつも、作者の味が色濃く出た作品となっている。その点は留意していただきたい。

 

そんな『ガルパン』のスピンオフ作品を少しだけ紹介。可能であればこれらの作品も個別に紹介する予定。 

comic-walker.com

『リボンの武者』第5巻でも大活躍だった黒森峰女学園の逸見エリカ。彼女の中学生時代を描いたガールズ&パンツァー フェイズ エリカ』が2016年9月にコミックウォーカーにて連載開始。ガールズ&パンツァー』の本編コミカライズを担当した才谷屋龍一先生が担当している。

黒森峰時代の西住姉妹ともども、黒森峰女学園の新たな一面が見れるの点が本作の大きな特徴になると予想される。まだ1話の配信が始まったばかりなので、是非とも読んでみてほしい。

 

なお、才谷屋龍一先生はこの作品以前にも小学生時代の逸見エリカを題材とした短編を執筆している。下記のアンソロジーコミックに掲載されているので、併せて読むとより楽しめるかもしれない。

booklive.jp

 

 

booklive.jp

こちらも同じく才谷屋龍一先生が担当した『ガールズ&パンツァ―』のスピンオフ作品。時間軸としては聖グロリアーナとの練習試合の後、何とか大会までにもう1試合練習試合を行いたい大洗女子学園と「とある事情」から練習試合を快諾したマジノ女学院の試合が描かれている。

アニメ本編では1回戦でアンツィオ高校と戦い、敗れたマジノ女学院。マジノ女学院が練習試合を引き受けた理由も含めて読み応えのある作品となっている。

今年6月に電子書籍として配信開始された作品だが、本としては発売されたのは2015年3月。作中のマジノ女学院同様、紆余曲折の末に電子書籍の配信が開始された作品と言えるだろう。