1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~デュエデミー賞01~

デュエデミー賞1週目。デドカミチャンネルに新たなゲストが登場。

 

www.youtube.com

 

 

今週からは『輝け!デュエデミー賞パック』の紹介。以前行われた投票によって選ばれたクリーチャーが装いも新たに新登場。今回は受賞したカードをお招きしてデュエマを行う。

そんな中でデッドマンとカミ神王子だけには任せておけないと登場したのは、新人アルティメイタ―えじま。どうやら彼も『輝け!デュエデミー賞パック』の受賞カードをお招きしたデッキを使用して、デッドマン達に戦いを挑むようだ。

 

最初のマッチアップは《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を使用するカミ神王子と《キング・ボルバルザーク》を使用するえじまの対決。

勝ったほうだけがデッキ紹介が出来るという革命編以来の真剣勝負の舞台が今、幕を上げる。先行カミ神王子デュエマスタート。

 

最初に行動を起こしたのはカミ神王子の3ターン目。マナゾーンに火文明が欠けた状態で《フェアリー・ミラクル》を発動。通常なら1マナ加速で終わるのだが、マナゾーンに置いた1枚目のカードが火文明を持っていたため2マナ加速に成功する。

 

一方でえじまは《ボーンおどり・チャージャー》や《龍素知新》経由で唱えた《サイバー・チューン》でドンドン墓地を充実させていく。最初にマナゾーンに置いた《煉獄と魔弾の印》を見る限り、墓地を経由した爆発力がウリのデッキのようだ。

 

過剰なレベルでマナ加速を行う中でカミ神王子は5ターン目に《水晶邪龍 デスティニア》を召喚。マナ武装によって手札から選ばれた《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》が登場する。この時点でえじまのバトルゾーンには何もなかったため、とりあえずクリーチャー1体をバトルゾーンに出したかたちで終わる。

 

同じく5ターン目、えじまはデッキの導火線に火をつけるべく動き出す。

まずは《インフェルノ・サイン》で《邪眼教皇 ロマノフⅡ世》を墓地からバトルゾーンに呼び戻す。続いて《邪眼教皇 ロマノフⅡ世》の効果で山札上から5枚を墓地に送り、その5枚の中から《煉獄と魔弾の印》を唱える。

 

《煉獄と魔弾の印》によって墓地に眠っていた《邪眼皇 ロマノフⅠ世》が蘇り、登場時効果でもう1枚の《邪眼皇 ロマノフⅠ世》をデッキから墓地に落とす。

 

《煉獄と魔弾の印》によってスピードアタッカーを得ている《邪眼皇 ロマノフⅠ世》はそのまま攻撃と同時に墓地から《煉獄と魔弾の印》を再び唱える。かつて一時代を築き、昨年『マスターズクロニクルデッキ ロマノフ 煉獄からの復活』で蘇った「ロマノフサイン」の流れだ。

 

2回目の《煉獄と魔弾の印》によって登場したのは、あの《無双竜機 ボルバルザーク》の名と追加ターン効果を受け継いだ本日のメインゲストの1人、《キング・ボルバルザーク》!!

 

そのまま《キング・ボルバルザーク》がシールドに攻撃し、攻撃終了後《キング・ボルバルザーク》の効果が発動する。えじまのバトルゾーンにはロマノフという《キング・ボルバルザーク》以外のドラゴンがいたため能力成立。そのままえじまの追加ターンに突入する。

 

追加ターン。えじまは手札から《煉獄と魔弾の印》を唱えることで、事前に墓地に落としておいた《邪眼皇 ロマノフⅠ世》をバトルゾーンに呼び戻す。まずは《邪眼皇 ロマノフⅠ世》の登場時効果で《キング・ボルバルザーク》の効果で山札に戻った《邪眼皇 ロマノフⅠ世》を墓地に。

 

そのまま前のターンと同じ流れで《邪眼皇 ロマノフⅠ世》がアタックする時に《煉獄と魔弾の印》を唱え、墓地から2枚目の《キング・ボルバルザーク》を呼び戻す。ロマノフサインの流れから墓地に落とした《キング・ボルバルザーク》を引き上げつつ、ロマノフというドラゴンをバトルゾーンに確保する。これがえじまの編み出した《キング・ボルバルザーク》による追加ターンコンボだ。

 

そのまま一斉攻撃で追加ターンと勝負を取りに行くが、《邪眼皇 ロマノフⅠ世》のアタック中にカミ神王子のスーパーSバックが発動。《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》によって《キング・ボルバルザーク》がマナゾーンに送られ、カミ神王子は何とか一命を取り留めることが出来た。

 

追加ターンを阻止してターンが帰ってきたカミ神王子だが、シールドゾーンのカードは0枚。何とかして決着を付けたいところ。

 

まずは《ドンドン吸い込むナウ》で《龍素記号Sr スペルサイクリカ》をサーチした後、《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》を唱える。カミ神王子のマナゾーンにあるドラゴンは8枚。よって山札を上から8枚見て、そこからコスト8以下のドラゴンをバトルゾーンに呼び出せる。

 

龍秘陣 ジャックポットエントリー》によって飛び入り参加を果たしたのは、本日のメインゲスト二人目《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》!!

 

後がないカミ神王子は《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》含めて一斉攻撃を開始する。《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》によって2枚のシールドが墓地に置かれるため、えじまのSトリガーにかけるチャンスは3枚分。

 

その3枚にあったSトリガーは《サイバー・チューン》1枚。実は《サイバー・チューン》を経由して《斬隠蒼頭龍 バイケン》を登場させるという隠しワザがあったのだが、えじまは《斬隠蒼頭龍 バイケン》を引くことが出来ずに終わる。

 

最後はカミ神王子の界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》がダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:カミ神王子

所要時間:14分35秒+30分+8分40秒(超過分)+α

 

ロマノフサインの流れでてこずったため完全に時間オーバーとなった。また、えじまさんの防御手段は動画内ではわからなかったので、そちらは公式サイトを参照に追加で記入している。

 

えじまさんのデッキはロマノフサインの流れや《サイバー・チューン》からの《斬隠蒼頭龍 バイケン》のコンボで《キング・ボルバルザーク》の追加ターンコンボを狙うデッキ。コロコロチャンネルでデッドマンが披露したものとは大きく異なる方法で《キング・ボルバルザーク》による追加ターンコンボを編み出している。

同じ強力カードでもデッキによって活かし方は様々ということがよくわかる構図となっている。

 

一方でカミ神王子の使用デッキは5色ジャックポット・エントリーに《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を組み込んだデッキ。試合内で実証したように5色デッキの新たな選択肢になり得る強力なカードである。

 

投票の対象に選ばれたカードは今回のような強力なカードはもちろん、新旧問わず様々なカードがノミネートされていた。人気カードがドレスアップして帰ってくる『輝け!デュエデミー賞パック』は2016年10月22日発売である。