読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~コロコロチャンネル編01~

今回は番外編として、コロコロチャンネル内でのデュエマの様子をお届け。

 

www.youtube.com

 

 

ナガオ仮面からデュエマのコーナーを引き継いだコロコロカーくんだが、デッドマンに対して負け続きとあまりいいところを見せれていない。

何とかしてデッドマンに勝ちたいコロコロカーくんは最新弾『世界は0だ!! ブラックアウト!!』のレジェンドカード《時の法皇 ミラダンテⅫ》を導入したドレミ団のデッキを使用。対するデッドマンは《族長の魂友 ワチャゴナ》を投入した新たなダママ団デッキを使用。

果たしてカーくんはレジェンドカードの力を借りてデッドマンに勝利することが出来るのか。先行コロコロカーくんでデュエマスタート。

 

最初にアクションが起きたのは2ターン目、コロコロカーくんは《一撃奪取 アクロアイト》、デッドマンは《白緑の面 トライオン》を召喚。お互いに軽量クリーチャーからの革命チェンジを狙う戦法のようだ。

 

そのままコロコロカーくんは《一撃奪取 アクロアイト》からの《音精 ラフルル》へ、デッドマンは《白緑の面 トライオン》から《二族 ンババ》に革命チェンジしつつシールドをブレイク。

 

革命チェンジで出てきた《音精 ラフルル》と《二族 ンババ》では《音精 ラフルル》の方が僅かにパワーが高い。状況としてはややコロコロカーくんの優勢と言ったところだろうか。

 

コロコロカーくんは更に《タイム1 ドレミⅫ》を召喚し手札に《ファイナル・ストップ》を持ってくる。同じターンに《音精 ラフルル》で《二族 ンババ》にアタックして破壊。

 

しかしコスト5のドラゴンである《音精 ラフルル》が革命チェンジを行わなかったところを見ると、コロコロカーくんの手札にはまだ勝負を決める程の切り札がいないようだ。一方のデッドマンは切り札である《族長の魂友 ワチャゴナ》を最初に召喚した《白緑の面 トライオン》の効果で手札に持ってきている。

 

まだまだ状況をひっくり返すチャンスが残っていると見たデッドマンはここで《虹色類 アミュレックス》を召喚。手札を継続的に補充しつつ、一気に逆転する算段を立てる。

 

このままだと逆転されてしまうコロコロカーくんは切り札を待たずに勝負を決めることを決意。《タイム1 ドレミⅫ》でサーチしてきた《ファイナル・ストップ》を唱えてデッドマンのSトリガーを封じつつ、《音精 ラフルル》と《タイム1 ドレミⅫ》でシールドをブレイク。

 

ブレイクされたシールドによりで手札が豊富なデッドマンは《二族 ンババ》を召喚。この《二族 ンババ》の召喚一つでデッドマンはマナ加速と《虹色類 アミュレックス》によるドロー、そしてコスト5のドラゴンをバトルゾーンに出すことに成功。次のターンで大きく動く構えを見せる。

 

《虹色類 アミュレックス》のアタックで《タイム1 ドレミⅫ》を破壊されたコロコロカーくんは《一撃奪取 アクロアイト》を召喚しつつ《音精 ラフルル》でシールドブレイク。

 

ここへきて尚切り札への革命チェンジを決められないコロコロカーくんを尻目にデッドマンはまず《百族の長 プチョヘンザ》を普通に召喚。

 

そのまま《二族 ンババ》が《音精 ラフルル》にアタックする時に《族長の魂友 ワチャゴナ》への革命チェンジが発動。マナゾーンに置いた《革命のD ビッグバン・フェスライブ》と共にバトルゾーンへ躍り出た《族長の魂友 ワチャゴナ》は《音精 ラフルル》を破壊。

 

このターンの攻撃は《白緑の面 トライオン》がブレイクしたシールドによるSトリガー《DNA・スパーク》によって止められてしまったが、一気に巻き返すことに成功したデッドマン。

 

そのままターン終了時に《革命のD ビッグバン・フェスライブ》のDスイッチ発動。コロコロカーくんはシールドへのアタックを封じられてしまった。

 

コロコロカーくんは必死に《エナジー・ライト》や《タイム1 ドレミ》で手札を補充するものの、《百族の長 プチョヘンザ》のタップイン能力と《革命のD ビッグバン・フェスライブ》の効果に圧倒されるばかり。

 

デッドマンは《百族の長 プチョヘンザ》の能力でタップインした《タイム1 ドレミ》を破壊しつつ、コロコロカーくんのシールドを全てブレイク。

 

コロコロカーくんは最後に持っていた革命0トリガー《賢者の紋章》にも見放され、《百族の長 プチョヘンザ》のダイレクトアタックが決まったのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:9分30秒+27分45秒+α

 

展開としては決して悪くなかったコロコロカーくんだったが、切り札を引き当てることが出来ずに敗北してしまった。果たして、次は勝つことが出来るだろうか。