1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ブラックアウト04~

ブラックアウト4週目。『世界は0だ!!ブラックアウト!!』はレジェンドカード3枚ということで、再びレジェンド対決。

 

www.youtube.com

 

 

今週のイラストは一見すると巨大な顔……かと思ったが、中央にバイクが描かれた風景画のようだ。クリーチャーではないとすると、今回のイラストは呪文もしくはD2フィールドなのか。

一方で今週はカミ神王子が《禁断機関 VV-8》と侵略を組み合わせたデッキを使用。果たして、カミ神王子の禁断機動が炸裂するのか。もしくはデッドマンのイラストに描かれたカードが猛威を振るうのか。先行デッドマンでデュエマスタート。

 

序盤のマナチャージでデッドマンは《リアルとデスの大逆転》や《S級不死 デッドゾーン》、カミ神王子も《S級宇宙 アダムスキー》といった怪しげなカードを次々と置いていく。

 

その後、カミ神王子は《アクア・スーパーエメラル》でシールドと手札を交換、デッドマンは《サイバー・ブック》でお互いに着々と準備を整えていく。

 

大きなアクションが起きたのはカミ神王子の4ターン目。カミ神王子は《パクリオ》を召喚してデッドマンの手札を暴く。

 

なんとデッドマンの手札には既に《ZEROの侵略 ブラックアウト》を始めとした数々の侵略ZEROカードが握られていたのだ。1枚排除するだけでは効果が薄いと見たのか、カミ神王子は侵略ZEROカードには目もくれず、《父なる大地》をシールドに送り込む。

 

一見するとS・トリガーをシールドゾーンに送り込むという愚策を行ったように見えるが、どちらかというと軽量の除去呪文を嫌ったという形なのだろうか。もしくはカミ神王子は《S級宇宙 アダムスキー》による相手のシールドを無視して勝利するプランで動いているのか。謎が深まるばかりである。

 

続く5ターン目。手札公開によって戦術を丸裸にされたデッドマンはひとまず《黒速 The ZERO》を普通に召喚。一方のカミ神王子は《パクリオ》を《革命龍程式 シリンダ》に進化させて登場時能力でドローする。コスト5のコマンド・ドラゴンをバトルゾーンに出しつつターンを終了。

 

デッドマンも《アクア・スーパーエメラル》でシールド交換を行う最中、カミ神王子は《禁断機関 VV-8》をバトルゾーンに召喚。登場時能力で山札を上から5枚見て2枚を手札に、残りの3枚で《禁断機関 VV-8》を封印。

 

《アクア・スーパーエメラル》による間接的な手札調整、《革命龍程式 シリンダ》によるドロー、《禁断機関 VV-8》による手札補充で準備を整えたカミ神王子はここで《革命龍程式 シリンダ》でシールドブレイク。

 

同時に《奇天烈 ガチダイブ》2枚と《超奇天烈 ガチダイオー》への連続侵略を行う。ガチダイブのドロー能力で手札を補充し、《超奇天烈 ガチダイオー》の効果でデッドマンのバトルゾーンを一掃する。

 

そして、《奇天烈 ガチダイブ》と《超奇天烈 ガチダイオー》は水のコマンド。カミ神王子は《禁断機関 VV-8》を出したターンと同時に水のコマンドを3体バトルゾーンに出し、一気に《禁断機関 VV-8》の封印を全て剥がすことに成功したのだ。

 

禁断機関 VV-8》自体は《超奇天烈 ガチダイオー》のT・ブレイクによるデッドマンのS・トリガー《リアルとデスの大逆転》で破壊されてしまったが、禁断機動によるカミ神王子の追加ターンは止まらない。

 

ターンの終わりに、デッドマンは「侵略ZERO」を宣言。あらかじめ見えていた《リアルとデスの大逆転》や《父なる大地》も侵略ZEROを能動的に発動させるためのカードだったのだ。

 

手札にあった《ZEROの侵略 ブラックアウト》3体と《黒速 The ZERO》、そしてD2フィールド《ZEROの暴走 デッドリー・ハイウェイ》を展開してバトルゾーンにクリーチャーとフィールドを並べる。

 

本来ならここでデッドマンの痛烈なカウンターが決まるところであるが、次のターンはカミ神王子の追加ターンである。

 

追加ターン、カミ神王子は《奇天烈 シャッフ》を召喚して「6」を宣言。これでデッドマンは例え自分のターンが来てもコスト6のクリーチャーである《ZEROの侵略 ブラックアウト》はアタックすることが出来ない。

 

反撃の芽を摘んだカミ神王子はそのまま一斉攻撃を開始。最後は《リアルとデスの大逆転》の効果で《禁断機関 VV-8》の代わりにバトルゾーンに呼び出された《機術士 ゾロ―メ》がダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:カミ神王子

所要時間:8分59秒+27分8秒+α

 

ちなみに、イラストの正体は《ZEROの暴走 デッドリー・ハイウェイ》。イラストの背景にまつわる制作エピソードも知ることが出来るので、是非動画で確認してみてほしい。

……バイクということがわかってもなお《チキチキ・JET・サーキット》にしか見えないのは私だけだろうか。

 

(追記)

  • 《革命龍方程式 シリンダ》の進化元が《パクリオ》だったので修正。
  • 侵略ZEROで出た《ZEROの侵略 ブラックアウト》数が3体だったので修正。