1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~ブラックアウト01~

最新弾1週目。どうやらデッドマンに新しいマイブームの波がやってきたようだ。

 

www.youtube.com

 

 

革命ファイナル第二弾となる最新弾『世界は0だ!!ブラックアウト!!』。新たな革命チェンジも持ったクリーチャーやD2フィールドはもちろん、新たに登場する水文明の禁断や新ギミック・侵略ZEROなど新要素が目白押しである。

今回、デッドマンはクリーチャーを描いたイラストを持ってきたようだ。イラストに描かれたクリーチャーが今回使用するデッキの目玉クリーチャーとのこと。果たしてカミ神王子はデュエマを通して、イラストに描かれたクリーチャーの正体を見破れるのか。

バトルゾーンに《禁断 ―封印されしX―》をセットしたデッドマン先行でデュエマスタート。

 

最初に動いたのはカミ神王子。《予言の玉 クルルト》を召喚して今後の革命チェンジや多色クリーチャーの展開を予想させる立ち上がりとなった。

 

一方でデッドマンも《禁断U サベージ》を召喚するも、能力で墓地に送ったカードは《リロード・チャージャー》、《禁断U サベージ》の墓地からクリーチャーを回収する能力は失敗に終わる。

 

しかし手札にあった《リロード・チャージャー》で《禁断の豪速 レッドゾーンX》を捨て、次の侵略へ向けた準備を整えていく。

 

一刻も早く多色クリーチャーを展開したいカミ神王子はここで《ドラゴンズ・サイン》を唱え《大聖堂 ベルファーレ》をバトルゾーンに呼び出す。《大聖堂 ベルファーレ》の能力でタップした《禁断U サベージ》を《予言の玉 クルルト》がアタックして破壊、少しずつ場を整えていく。

 

次のターン、デッドマンは《Dの禁断 ドキンダムエリア》を展開。これでデッドマンは好きなタイミングで禁断開放が行えるようになり、一気に有利な状況を作り出した。

 

次のターンには禁断解放を許してしまうカミ神王子。《予言の玉 クルルト》をもう1体召喚しつつ、《大聖堂 ベルファーレ》からの《時の法皇 ミラダンテⅫ》への革命チェンジを行う。まずは《時の法皇 ミラダンテⅫ》の登場時効果でカードを1枚ドロー。

 

そのままカミ神王子は《時の法皇 ミラダンテⅫ》でシールドをT・ブレイク。S・トリガーの《友愛の天秤》で《予言の玉 クルルト》を1体破壊されてしまうが、《時の法皇 ミラダンテⅫ》のファイナル革命によってデッドマンは次のターンまでコスト7以下のクリーチャーを召喚できなくなった。

 

例え禁断解放されようとも《伝説の禁断 ドキンダムX》だけならシールドを削られるだけ。デッドマンが追加のクリーチャーをほとんど出せない以上、カミ神王子にもまだ逆転のチャンスがある。

 

しかし、ここで『世界は0だ!!ブラックアウト!!』の目玉要素の一つである、最強にして最悪の「革命チェンジ殺し」が発動する。

 

カミ神王子のターン終了時、デッドマンは「侵略ZERO」の使用を宣言。バトルゾーンに《ZEROの侵略 ブラックアウト》と《黒速 The ZERO》2体の計3体を並べる。

更にデッドマンはターンの初めに《Dの禁断 ドキンダムエリア》のデンジャラスイッチ発動。《禁断 ―封印されしX―》の封印が全て剥がされ、《伝説の禁断 ドキンダムX》を禁断解放させる。

 

禁断解放された《伝説の禁断 ドキンダムX》によってカミ神王子のクリーチャーは全て封印。デッドマンのバトルゾーンには《伝説の禁断 ドキンダムX》を含めて、合計7打点。カミ神王子のシールドを全て叩き割った上でダイレクトアタックを決めるには十分である。

 

S・トリガーがなかったカミ神王子はそのまま《黒速ZERO》のダイレクトアタックを受け入れたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:8分35秒+27分+α

 

ちなみに、デッドマンが今回描いたクリーチャーは《ZEROの侵略 ブラックアウト》。ソニックコマンドのメカメカしい外見や特徴的な腕のロケットの再現度はなかなかのものである。気になるイラストについては是非動画を見て確認してほしい。