1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~スタートデッキ03~

スタートデッキ3週目。これ以降は革命ファイナル第一章以降のバックナンバーと最新弾『世界は0だ!!ブラックアウト!!』 をそれぞれ最低週1回のペースで更新予定。

 

www.youtube.com

 

 

早くも3週目(プロローグを含めると4週目)となったデドカミチャンネル。先週のデュエマで『フィールドスタート・デッキ バサラの禁断』の味を知ったカミ神王子。今回は自身の手で『フィールドスタート・デッキ バサラの禁断』をじっくり味わうことに。それに対抗してデッドマンは再び『革命スタート・デッキ 勝太の疾風速攻』を使用。ここまで負けっぱなしで良いところがないカミ神王子だが、禁断の力で一糸報いることが出来るのか。じゃんけんの末、先行デッドマンでデュエマスタート。

 

最初にアクションを起こしたのはカミ神王子、《襲撃者ディス・ドライブ》を召喚して勢いよくシールドをブレイク。しかし、ここでデッドマンのS・トリガーが発動。《爆獣ダキテー・ドラグーン》が登場し、《爆獣ダキテー・ドラグーン》の登場時能力で《襲撃者ディス・ドライブ》は破壊されてしまう。

 

『フィールドスタート・デッキ バサラの禁断』はスレイヤーやバトル時限定のパワーアップなどにより、クリーチャー同士のバトルにはめっぽう強いが、直接破壊されてしまうとどうしようもない。

 

そのままデッドマンも《爆獣ダキテー・ドラグーン》でシールドをブレイク。S・トリガーがこなかったカミ神王子はD2フィールド《業火の禁断エリア》を展開。今後の激しいバトルを予感させる。

 

デッドマンは更に《無頼勇騎ウインドアックス》を召喚してバトルゾーンにクリーチャーを並べつつ、《爆獣ダキテー・ドラグーン》で引き続きシールドをブレイクしていく。

 

なんとか切り返したいカミ神王子はここで《轟音 ザ・ブラックV》をバトルゾーンへ送り出し、禁断の力を得た《轟音 ザ・ブラックV》が《爆獣ダキテー・ドラグーン》にアタックして破壊。ついでに手札を一枚捨てさせる。

 

デッドマンはうかつにアタックすると、D2フィールドの力を得ているカミ神王子のクリーチャーに破壊されてしまう。D2フィールドの力がうかつな行動を許さない。カミ神王子は相手にプレッシャーをかけていきたい場面だ。

 

しかし、デュエル・マスターズの勝利条件は「相手のシールドを全てブレイクして、ダイレクトアタックを決める」こと。そして先ほどの《爆獣ダキテー・ドラグーン》のように、バトル以外にもバトルゾーンのクリーチャーを場から離れさせることはできる。

 

デッドマンが見せたのはスピードアタッカーを持つドラゴン《メガ・キリキリ・ドラゴン》から《DXブリキング》への革命チェンジ。《DXブリキング》の登場時能力で《轟音 ザ・ブラックV》を破壊し、《無頼勇騎ウインドアックス》と共に残っていたカミ神王子のシールドを全てブレイクする。

 

ここでデッドマンは例えバトルゾーンをカラにされようとも、手札に戻った《メガ・キリキリ・ドラゴン》で直接トドメを指せる状況にまで持ち込んだ。

 

そのため、次のターンにカミ神王子が《D2V禁断のボルトロン》でバトルゾーンを一掃しようがお構いなし。デッドマンは手札にあったもう一枚のスピードアタッカー《風の1号 ハムカツマン》で華麗にダイレクトアタックを決めたのだった。

 

勝者:デッドマン

所要時間:7分1秒(試合終了時間)+24分+α

 

一見すると無敵のように見える《業火の禁断エリア》だったが、バトル以外にもクリーチャーを破壊したり場から離れさせることができるという弱点を見事に突かれる形となった。

闇文明はバトルゾーンと手札の破壊。水文明は手札へ追い返す(バウンス)による時間稼ぎ。光文明は敵を強制的にタップさせる能力。火文明はコストを参照にした火力。自然文明はマナ送り。それぞれ異なる除去・足止め手段を持っている。

 

自分にとって有利な状況を作るのが勝利における基本的な方針であり、その手助けをしてくれるD2フィールドは非常に強力な力を秘めている。

その一方でクリーチャーを入れ替える革命チェンジは様々な局面で文字通り「革命」を起こしてくれる存在である。

 

革命チェンジとD2フィールド。これこそが今年度のデュエル・マスターズ「革命ファイナル」を彩る新要素である。これからも増加していく革命チェンジやD2フィールドを見逃さずにチェックしていきたい。