1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

テキスト演習~スタートデッキ02~

スタートデッキ2本目。今回は更なるスタートデッキが登場。

 

www.youtube.com

 

 

今年発売されたスタートデッキは全部で3つある。そのなかでも『革命スタートデッキ』から遅れて発売されたのが『フィールドスタート・デッキ バサラの禁断』。もう一つの新要素、「D2フィールド」の魅力が詰まった構築済みデッキとなっている。

今回はデッドマンが『フィールドスタート・デッキ バサラの禁断』をお披露目、対するカミ神王子は再び『革命スタート・デッキ ルシファーの時間停止』を使用。じゃんけんに勝ったデッドマンが先行でデュエマスタート。

 

『フィールドスタートデッキ』は火文明と闇文明のデッキ。相手のバトルゾーンと手札を破壊することに長けた闇文明によって高い破壊力を有している。

 

手始めにデッドマンの《騒乱の影ウエスタン・バレル》がカミ神王子の手札を捨てさせる。カミ神王子は《束縛の守護者ユッパール》で《騒乱の影ウエスタン・バレル》の動きを止め、次のターンに《束縛の守護者ユッパール》と《騒乱の影ウエスタン・バレル》で相打ちする計画を立てていく。

 

しかし、ここでデッドマンがD2フィールド《業火の禁断エリア》を展開。これによってデッドマンのクリーチャーにバトル時限定の大幅なパワーアップ効果がもたらされ、クリーチャー同士のバトルで圧倒的優位な状況に持ち込む。

 

光・水文明の『ルシファーの時間停止』ではこの《業火の禁断エリア》およびD2フィールドで強化されたクリーチャーたちを止めるすべはない。カミ神王子が《ガガ・ピカリャン》で手札を充実させている内にもデッドマンは《襲撃者ディス・ドライブ》を召喚して一気に攻め立てる。

 

カミ神王子もS・トリガーで唱えた《反撃のサイレントスパーク》で手札を補充し、状況の打開を試みるも、《青音の聖霊龍 リンガール》を召喚してシールドを仕込むのが精いっぱい。

 

そうこうしている内に、デッドマンはD2フィールドを支配するマスター・イニシャルズ《D2V禁断のボルトロン》を召喚。フィールドの恩恵を受けることでブロッカーの《青音の聖霊リンガール》を蹴散らしシールドをW・ブレイク。着実にカミ神王子を追いつめていく。

 

カミ神王子は《束縛の守護者ユッパール》を立て続けに2体召喚して《D2V禁断のボルトロン》と《襲撃者ディス・ドライブ》を足止めする一方で、バトルゾーンに残っていた《束縛の守護者ユッパール》でシールドをブレイクする。

 

しかし、状況が芳しくない時は不運が続くものである。デッドマンの《萎縮の影チッソクマント》がS・トリガーで登場。《ガガ・ピカリャン》が破壊されてカミ神王子の攻撃が止まってしまう。

 

不用意にシールドをブレイクするとS・トリガーによってかえって不利になるのもデュエル・マスターズの特徴の一つである。盤面を制しつつあるデッドマンは油断することなく手札から唱えた《デーモン・ハンド》とクリーチャーへのアタックでバトルゾーンを掃除しつつシールドをブレイク。

 

結局カミ神王子はこの状況を返すことが出来ずに、最後はデッドマンの《騒乱の影ウエスタン・バレル》がダイレクトアタックを決めたのであった。

 

勝者:デッドマン

時間:10分20秒 + 20分50秒 + α

 

カタカナ入力だと、それはそれで漢字への変換が苦労して書きづらかった。使い慣れたものを使うのが一番、ということなのだろう。