1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*4(2016/09/06)

その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。また台風が接近しているみたいなので出かける人は気を付けて。

 

 

 

www.youtube.com

ポケットモンスター サン・ムーン』の最新情報が映像と共に公開された。今作におけるバージョンごとの違いでは、「時差」が今回初めて導入されている。どうやら『ムーン』では設定した時間から12時間の時差が発生するようだ。

初出となる要素はポケモンの姿を写真に収めることができるポケファインダーや傷ついたポケモンを保護するエーテル財団という組織、スカル団の用心棒であるグラジオなどが判明。グラジオが使用する謎のポケモンタイプ:ヌルアローラ地方を脅かす謎の存在ウルトラビーストなど目が離せない新情報が盛りだくさん。

先日のダイレクト含めて新情報の大盤振る舞いであるが、それだけ発売日が近くなっているということであろう。『ポケットモンスター サン・ムーン』は11月18日発売予定である。

『ポケモン サン・ムーン』各タイトルの違いは“12時間の時差”や“登場ポケモン”にあり!大森滋Dからのコメントも | インサイド

 

gigazine.net

 東京の新宿駅を起点とした、交通費を基準とした変則的な日本地図が話題となっている。使用した賃金はGoogleスプレッドシートで公開されており、より安い賃金などを教導編集することが可能となっている。

時間的な距離とは異なる、金銭的な距離を通して見てみると新たな発見が見つかるかもしれない。こうして見ると各地方の都市部は金銭的な距離が短くなっているように見えてくる。

 

news.denfaminicogamer.jp

WiiUのソフト『Splatoon』に夢中になって遊んでいる子供たちに懐かしのファミコンソフトを遊んでもらい、実際の感想を聴くという趣旨のコーナー。著者のヨッピー氏の趣味全開で選ばれたくにおくんシリーズ』を遊ぶ子供達。最近の子供の遊びと聞いて突如乱入する子供達の父親。ゲームを通して教えてくれたもの。色々と話が広がっているが何だかんだで読んでて楽しい内容なので是非読んでみてほしい。

 

thegg.net

海外のゲーム規制の実態についての記事が日本語版となって掲載されている。

理不尽な表現規制がの勧告が日本製ゲームに対して突きつけられているということ。自らの持つIPは自らの手で守らなければならないこと。「穏当にやり過ごす」というやり方では失敗するということ。欧米のゲーマーの多くはこのような事態を快く思っていないということ。海外での日本製ゲームを守っていくために知っておくべき現状やこれからの指針が記されている。

更に、League for gamers.のMark Kern,氏のインタビューが掲載されている。ゲーマーの言論の自由という観点で設立されたSNSであるLeague For Gamersについての紹介や、ゲーム制作に関わるエピソード、実際に起こった騒動に関するエピソードなど話題に事欠かない内容になっている。

全体的に海外のゲーム事情を把握する上で役に立つ記事になっている。日本製のゲームが海外でも長く遊んでもらえるように、こうした事情を把握しておくのも重要なことだろう。

 

 

本日はここまで。