1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

今日のニュース*4(2016/08/15)

 本日は戦後71年。日本以外の国では「戦後」という言葉をどれくらい意識しているのだろうか。

 

 

www3.nhk.or.jp

リオオリンピック、テニスの男子シングルスの部門で錦織圭選手が銅メダルを獲得。テニスにおける日本勢のメダル獲得は実に96年ぶりとなる。錦織選手はこの大会を含めて3回連続で出場し、今回見事に結果を残した。

これからのテニス四大大会に向けて、この結果が大きな弾みになることは間違いなさそうである。

 

www3.nhk.or.jp

 公職選挙法の改定によって、選挙権を得られる年齢が18歳まで引き下げられた。これにあわせて、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる動きが見られている。早ければ来年の通常国会には案が提出される見込みだ。

私個人としては、高校生がお酒、たばこを購入できることによって起きる問題が大きすぎる点からあまり好ましいこととは言えない。飲酒・喫煙を始めとした諸制度に関しては改めて個別に対象年齢を引き下げることが検討されているが、成人=飲酒・喫煙が認められるという認識を完全に改めないことには難しい問題だろう。

 

www.nikkei.com

 昨年から活動していた学生団体「Sealds」が本日を持って解散することとなった。7月の時点から解散する旨の発言はしていたようだが、あまり大きな話題には最後までなることはなかった。SMAP解散とオリンピックに被ってしまったことが敗因だろうか。

ネットでは何かと評判の悪い彼らだったが、参加者や興味を持った人が政治経済の授業や講義を真面目に受けるきっかけにでもなれば幸いである。

ところで、Seals解散に合わせて最後のメッセージとなる動画が公開されている。興味のある人は探してみてはいかがだろうか。

 

jp.automaton.am

ゲームボーイカラー向けに開発されていたソフト『Infinity』はカルフォルニアに拠点を構えるスタジオaffinixが開発する重厚なRPGである。次世代ハードの登場などによってプロジェクトが白紙化され、次第に忘れ去られていったゲームであったが、当時の開発者が8月13日にWeb上で公開。エミュレーターを通して遊ぶことが可能になっている。

このように、時代の流れから取り残されたソフトに日の目を向ける動きはこのソフトに限った話ではない。ニンテンドーDSの発売によってお蔵入りとなったゲームボーイアドバンス専用ソフト『Broken Circle』が今年5月に配信されたように、海外ではお蔵入りしたソフトを世に送り出す動きを見せている。

過去に遊んだゲームをリスペクトする時代として、今は一つの最盛期を迎えつつあるということだろう。

こうした動き以外にも、WiiU3DS向けに配信されている『ショベルナイト』は当時の雰囲気を再現しつつも、現代の技術を駆使して最適化を行っている。過去に遊んだゲームに対するリスペクトは人それぞれである。

NES解体新書 | Yacht Club Games

 

 

本日はここまで。