読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000字中の備忘録

最近のニュースからお気に入りまで、色々と文字に起こしていくブログ

アニメ放題

今回は普段使用しているアプリの使用感に関する記事。現在のiPhone6に買い替えて以来、利用しているアニメ配信サービスである。

サービス名は「アニメ放題」。月額料金を支払うことで配信されているタイトルを好きなだけ視聴することができる、数ある動画配信サービスの内の一つである。

 
 

 

アニメ放題は他の動画配信サービスとは異なり、ソフトバンク契約者に限定されたサービスである。始まった当初はまだまだタイトル数が少なかったが、現在では他のアニメ見放題サービスと遜色ないレパートリーが取り揃えられている。サービスの方も少しづつ充実しつつあり、現在ではPCでの視聴や Apple TV や Google chrome などにも対応している。

月額使用料金の方は400円、他社サービスであるドコモの「Dアニメストア」やKDDIの「アニメパス」と同額となっている。
 

f:id:STiGeo:20160806235605j:plain

 
過去の人気作から現在放送中のアニメまで、2016年8月時点で1200作品以上のアニメを視聴することができる。現在も毎月様々なタイトルが配信されており、そのレパートリーは今も増え続けている。
配信されているアニメの傾向は他のアニメ配信サービスとは異なっているため、ソフトバンクユーザーなら見たいアニメ作品をあらかじめ調べて利用するアニメ配信サービスを選ぶのもおススメする。

 

f:id:STiGeo:20160806235634j:plain

 
特筆すべき点としてはアプリ内でダウンロードサービスが行われている点だろう。ライセンス取得のために一時的に通信を行う必要があるが、その後は一定時間はオフラインで楽しむことができる。
オンラインでも読み込み速度に関しても特に大きな問題は発生しておらず、快適に視聴することができる。
 

f:id:STiGeo:20160806235653j:plain

 

問題点としては、配信終了時期が曖昧なこと。配信終了と公式にアナウンスしておきながら、しばらくしたら何もなかったかのように視聴できていたり、逆として何の前触れもなく一時的に突如視聴できなくなることもあって視聴者を混乱させることがごくまれに発生している。
確認している限りだと『モーレツ宇宙海賊』や『戦姫絶唱シンフォギアGX』など。
また、先ほども述べた通り、このサービスはソフトバンクユーザーのみ使用できるサービスである。その点も要注意。
 
スマートフォンの買い替え時に強引に付いてきたサービスだが、サービスの中身は良好なので現在でも利用し続けている。今後はソフトバンクユーザー以外の人たちも利用できるようなキャリアフリー化が望まれるサービスである。